カテゴリ:仕事と出張( 564 )

今日は午後から研究所の定例会に出席した。
日頃から、電話だメールだで意思疎通は出来ているとしながらも、実は、顔を見合わせての会議ではアレコレ聞いておくべきこともイロイロある。

発言者の日常が、周囲の者には詳細が分からぬことが多く、若いうちは周りが如何見ているかなど気にしないものなので、傍から見ればどうしても説明不足になる事が否めぬ。ここいらが私のような年寄りの出番と弁えているのだ。

人事異動もあって、しかし若い者は成すべき事を追及しており、頼もしく感じた事である。

終わって、札幌駅前で先輩との飲み会。
退職同期のS氏と三人で、お手軽に飲んで酔っぱらって、楽しく二時間ほど語らう。酒ばかり過ぎて、先輩の「旅人よ」を拝聴する機会を逸してしまったが、次回は酒はホドホドにしてカラオケに行きましょうね。
酔っぱらいつつ、千歳まで来て定宿に泊まっているのである。

9日 有給休暇にして、母の着る春物購入付き合い、耳鼻科で薬を貰い、買い物して実家泊。8日 家の掃除をして、カミサンに作り置く料理素材を作り冷蔵庫へ。夕刻から札幌入りする。

午前中は、会社には移動日扱いで忝い。
母と共にリハビリ施設を見学に行き、その後は私は江別に移動して生産部門の打ち合わせに参加した。

TV会議で済むこともあれど、その場に居てこそのニュアンスもあり、有意義だった。新規包材のダミーを作り、明日の新製品撮影に備えたら、札幌駅前の定宿に戻ってきた。
f0057955_19504529.jpg
ホテルのフロントでは、明日発売の発泡酒の試飲缶の提供あり、連泊の部屋掃除不要を告げればビールのプレゼントありで、有難い。

明日も丁寧に過ごして参ろう。
昼前の羽田発で新千歳空港。快速エアポートで札幌駅にアプローチ。大通りまでの地下歩道では、各所で3.11関連のイベントあり。被災した海岸で採取したハマヒルガオの種子を、石狩の中学生らが増殖して、再び被災地に戻す活動の成果発表を聞いた。
f0057955_08305191.jpg
このコーディネーター氏は、早期退職した私の元同僚である。良い仕事をしているではないの。

去年移動した雪印パーラーを見つけて、ロイヤルスペシャルを食べて、持って行ったウィルスの本を読み耽る。羽田に向かう際にも、没頭してしまい新木場駅を通過してしまったくらい面白い。

夜は、先日世話になった甥っ子らを招いて、焼き肉屋で一杯。
いろいろと近況報告、今度の盆には家族皆ンなで記念写真を撮ろうなどと計画した。
札幌市内は、3月に入ってからの大雪がまだ残っている。

9日に長沼の研究所で打ち合わせを終える頃、大粒の雪が派手に舞い始めた。これはやはり荒れるのかと思いつつ、千歳の定宿まで移動して泊まる。翌日の朝は早めに起きて、恐る恐る部屋のカーテンを開ければ、何のことはない千歳市内は積雪がほとんど無い。
f0057955_21362211.jpg
しかし、大事を取って一般道は避けて自動車道路で江別の研究所にアプローチする。
やはりと言うべきか、札幌を過ぎるあたりから積雪が目立ってきて、江別市内は圧雪状態。車の速度も落とさざるを得ない。

午前中の打ち合わせを終えて、さあ後は帰るだけ。
母の病院で医師と看護師らとのカンファレンスに顔を出し、母の退院日を決めた。その後のケアプランを作り直してもらい、ケアマネさんには大変に申し訳がない。

終わって千歳空港、羽田に舞い戻り帰宅してビールにありついたのは11時前だった。

夕刻に長沼の研究所で新製品の打ち合わせ。
気温が高く、路面の雪は雨で緩んでザラザラ状態。幹線道路などはアスファルトが露出している。車は汚れるものの走りやすい。

雪を心配したが、それほどのことはない。明日も気温は下がらぬようで、なんとか江別の研究所まで行けそうだ。積雪と凍結を恐れながら、千歳の定宿に泊まっている。

明日は朝から打ち合わせをいろいろ、午後には母の病院に取って返してカンファレンス。退院の日取りに目処を付けたら千葉に戻る予定である。

5日は休んだ同僚たちも、今日から始動。さあ今年の仕事も始まった。相変わらずの事故者続出、人手不足の中だが、スケジュール通りにこなして参りたい。ものである。

いつもの通勤時間に、反対方向の電車に乗る。
東京行きは踏切の安全確認とやらで、10数分遅れた。東京駅からは久方振りの東海道新幹線。
佐々木譲の武揚伝、第一巻に取り掛かった。
f0057955_18294850.jpg
雪化粧の富士山を拝みつつ、京都で折り返して大津。レンタカーを借りて栗東の販売店に年末ご挨拶。
f0057955_18312887.jpg
大津に戻り、車を返して、浜大津までテクテク歩いて、京阪電車で京都市内にアプローチ。四条大宮の定宿に泊まっている。

栗東トレセンには酒屋があって、その名も「勝馬」なる酒を売っていた。近所の酒蔵に作らせた縁起物の日本酒である由。しばし悩んだが、一升瓶を下げて新幹線で戻るのもナニだと諦めた。車で来ていれば買い求めたかもしれぬ。
7日 早朝から千歳駅、沼ノ端駅まで移動して車で拾ってもらった。めったに降らぬ雪が苫小牧から日高に降ったばかりとかで、悪路を想定して早めの移動としたのだが、結局は浦川まで路面にはなかったね。
f0057955_1032247.jpg
販売店さんらと昼飯を食い、競馬の関係施設を見学させていただいて、南千歳から札幌。ススキノの定宿に着いたのは午後7時。ビールを飲んで、さっさと就寝した。

8日 病院に母を見舞い、洗濯物を受け取り実家で洗濯。その他、持っていくものをまとめて、不在郵便物を受け取りに南局、年賀はがきを買う。次いでミュンヘン大橋のコーチャンフォーで、母に読ませる本を買い、頼まれていた三年日記、スイスへ送るクリスマスカードとカレンダーなどを買って母のもとに届ける。

お医者様と介護士さんらとのカンファレンス、残す一か月と少しの入院期間とその後について打ち合わせた。

夜は取引先とススキノで打ち合わせと飲み会。札幌市内は夕方まで雪がかなり降った。温度が低いので路面は凍ったまま溶けず、その上にフワフワの新雪が乗る最悪の道路状態。歩行者は滑って転ぶ、車は交差点で一度停まると発進できない。

9日 洗濯物を収穫して、三度 母のもとへ。今日も道路状況は最悪で、バスも車もノロノロ走る。バス移動を諦めて地下鉄とJRで新千歳空港。空港内の郵便局で、カレンダーをEMS:国際スピード郵便で送る。スイスまで2600円也。

Jetstarで成田空港まで、待ち時間と機内ではひたすら今野敏の孤拳伝3に没頭する。相打ちとは、腕を上げたなロバート・ソン。

ポルテ号を受け取って東関道を戻れば、千葉北ICでまさかの大渋滞。ゆったり戻って夕飯を作るはずが、バタバタと拵えて席についてTVをつければブラタモリの時間だった。
5日 朝から再び虎ノ門。午前中の研究会に出席して、終われば展示を撤収して、先生方有難うございました。首都高を飛ばして千葉まで戻り、遅い昼飯を食べてから事務所に帰還。

個人面談があって、雑務をこなしていればアッというまに退社時間に至る。冷蔵庫にがんもがあったナ、大根を買って帰り、炊き合わせなど。冷凍のホタテもバタ焼きとした。
f0057955_18301979.jpg
6日 先月の販売実績の速報日。売り上げも史上最高だが、返品額も新記録だ。私はヌルイので「まあしょうがない」だが、若き統率者はこれをどう見るか。

昼を過ぎて、成田空港からJetstar。千葉も寒気が覆っていたが、千歳はさすがにキンと冷えている。明日は雪が降った日高だ。時間に余裕を見て移動することにしている。
虎ノ門は発明会館で研究会。早朝から車で都心を目指した。
f0057955_22264213.jpg

聴講しつつ展示もせねばならぬので、近所の駐車場に車を止めて台車でゴロゴロと会場に持ち込む。

駐車場は何と15分で500円、一時間停めていたら2,000円!!!
しかし、探せば一日上限4,000円のところがあって、ここに車を止めたのだった。

有意義な発表をいくつか聞いて、5時に終われば、首都高が混まぬうちに戻ってきた。明日はもう一度出かけねばならぬ。明日も駐車場が空いていることを祈る事である。
午後から飼料用米の意見交換会があった。
小伝馬町の馬喰町との境目辺り、ここは私が札幌から転勤してきて数年間務めていた我が社の事務所があったところだ。
今から思えば短い東京通勤だったけれど、濃~い思い出が詰まっている場所である。
f0057955_22404049.jpg
江戸通りを渡った先の豚カツいもやさんは健在であった。ご当地銘酒「神田橋」を買い求めた隣の酒屋は、営業していないようだ。
f0057955_22461014.jpg
昼に、夜に、よく利用していた中華「味の一番」もそのままだ。

会合ではいろいろ話題が出た。当方が関わるものも多いのだが、紛糾を恐れてバックレたりしながら、問題意識を持ちつつ帰宅。
我が社の関りを少し調べてみる必要がありそうだ。