12/7 寒波到来

3日は事務所に出て雑務整理、4~5日には朝も早よからはるばると豊島区は南大塚ホールまで出かけて行き、農研機構のシンポジウムを覗いてきた。
f0057955_09012429.jpg
自給飼料利用研究会との併催で、当社製品が関係していた過去二年間は会場展示もさせてもらったが、今年は講演に関連はあまりなく、また当方の不祥事もあり展示は自粛。出席者名簿に名が載るが、まったく肩身の狭いことである。

一日目は、オリパラがらみもあってかJ-GAPについてが主題。
食の安全や環境保全に取り組む農場を認証する仕組みで、アニマルウェルフェア:AWの概念も含まれている。牛・豚・鶏それぞれの実践者による講演があった。

二日目は、その他もろもろの話題。
エコフィード、飼料イネWCSの検量線、農地の工程管理ソフトときて、最後の気候変動に伴う自給飼料作物の話が面白かった。
既に試行されつつあるが、積算温度の上昇によって今後は千葉県全域を含む関東圏でデントコーンの二期作が可能になるという。対して、南九州では生産性の低下も危惧されるとか。
品種の改良と、栽培技術の更新が求められる。

6日は前月の売上高の確定日。
私が担当する製品群は非需要期にあるので、予算対比などはサラリと済ませる。午後からは降って湧いた製品の賞味期限表示の騒動に巻き込まれて、バタバタする。群盲象を撫でるの感ある。

7日もこれを引きづって、気疲れして帰宅した。
前日は降雨があり気温もかなり低下してきたので、自転車通勤のスタイルも手袋とレッグウォーマーなど冬仕様とした。そろそろ年末年始に向けての予定も考え始めた12月上旬である。

by yokuya2006 | 2018-12-07 22:55 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)