5/26 お通夜

書き留めておこう。
26日の土曜日は、夕方から常務取締役まで務めた方のお通夜(偲ぶ会)であった。亡くなったのは19日と聞いたから、関東では焼き場が混んでいるらしい。

私も復調間際で、無精髭にマスクをして礼服をまとい出席した。
前社長、前々社長、前々副社長から、最近卒業した諸先輩まで、いろいろな方にお目にかかった。北海道組は姿が見えなかったけれど、十和田から来たM氏などは日帰りである由。

良くも悪しくも、会社人生だった最後の年代だろうか。
会社としても、優秀?な大卒・院卒を取り始めた最初の年代、氏は工場の品質管理から営業の技術支援、理路整然とした弁舌を買われてか労働組合の委員長なども務めて、いつしかエサ部門のトップに君臨した。

入社が数年遅かった私だが、なお氏は二つ三つ年上だった。私は仕事一筋、組合活動などに興味はなかったので、氏の八面六臂の活躍振りを呆れて見ていたクチである。同年代の同僚の使い方には頓着せず、しかし配下には慕われた面もあったようだ。

健康を害して早めの引退、この数年はかつて組合活動で丁々発止とやりあった社員とのパークゴルフが楽しみだったとは、人生分からぬものである。会社の今を振り返れば、氏の業績が見通せる。事業環境の激変もあるが、総じて及第点は付けられぬ事だろう。ただ、私の担当事業への投資を後押ししてくれたことは感謝しているのである。

by yokuya2006 | 2018-05-26 22:51 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)