2/22 札幌に居る

昨夜、実家の母に電話をしたところ、倒れてベッドにいると言う。
骨粗しょう症の治療薬テリボン注射で、前々回と前回 心臓ドキドキを経験していたが、午後の注射の後でテレビが二重に見えて、ベッドまで辿り着けずに床に崩れ落ちてしまった由。

札幌にいる甥に電話をして、様子を見に行ってもらった。彼は市内にいる兄に連絡を取り、二人して母のもとに駆け付けてくれたのだから有難いことである。

薬の副作用であれば、時間が過ぎれば回復するのだろうが、倒れたとなれば弱い足腰への影響が心配である。と言うわけで、会社を休みにして、Jetstatで飛んできて、3時過ぎには実家に到着することを得た。

たまたま休みだったという甥兄貴が待っていてくれて、引き継ぐ。夜に一献誘ったが、親父(義理の兄)が何と今日ヘルニアの手術であるとかで、ではまたの機会にお誘いしよう。

母は、今のところ元気で安心。明日のうちに千歳に入っておき、土曜日の朝には成田に戻りたいものだが、さあどうなるか、、、

by yokuya2006 | 2018-02-22 20:28 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2018-02-23 07:55
母上様、心配ですね・・。目が離せない状態で現地でフォローしてくれる方がいるのは安心ですが・・、こまめの帰省お疲れ様です。
Commented by yokuya2006 at 2018-02-23 17:53
甥っ子が頼りになりました。今度、札幌市内で一献を約束しました。