12/18 京都も寒い

いつもの通勤時間に、反対方向の電車に乗る。
東京行きは踏切の安全確認とやらで、10数分遅れた。東京駅からは久方振りの東海道新幹線。
佐々木譲の武揚伝、第一巻に取り掛かった。
f0057955_18294850.jpg
雪化粧の富士山を拝みつつ、京都で折り返して大津。レンタカーを借りて栗東の販売店に年末ご挨拶。
f0057955_18312887.jpg
大津に戻り、車を返して、浜大津までテクテク歩いて、京阪電車で京都市内にアプローチ。四条大宮の定宿に泊まっている。

栗東トレセンには酒屋があって、その名も「勝馬」なる酒を売っていた。近所の酒蔵に作らせた縁起物の日本酒である由。しばし悩んだが、一升瓶を下げて新幹線で戻るのもナニだと諦めた。車で来ていれば買い求めたかもしれぬ。
by yokuya2006 | 2017-12-18 18:37 | 仕事と出張 | Comments(2)
Commented by そりゃないよ獣医さん at 2017-12-23 08:04 x
古館のお名前の番組があります。別海の粟津と言う大工がいます。彼にご先祖は山科か大津でないかと言うと、ズバリ当たりました。
私は東山の麓で育ちました。元々粟津は琵琶湖の港町のようですが、京都との間の地域の山科にもたくさんいました。「粟津」懐かしい名前に古くを思い出しました。
Commented by yokuya2006 at 2017-12-23 09:16
京都は寒くて、琵琶湖の南を抜ける国道一号線は渋滞でした。競馬用の飼料の販売店さんの話では、ネットによる馬券購入の拡大で、中央競馬も地方競馬もそこそこ景気が良いみたいです。馬が足りない、乗り手も足りないと言ってました。対して、北米からの乾牧草の値上がりがイタイ一年だったとか。