14日 夕方に早退して歯医者。歯石をとった後は、ブリッジの再構築にかかる。間にある歯が、どうやら前回の治療がヘタクソだった(別の医院である)らしく、先生はそうとは言わぬが根の処理のやり直しだ。抜かずに済めば良いのだが、、、札幌から土産に持ち帰った水蛸など食す。
f0057955_18362688.jpg
f0057955_18365420.jpg
15日 千葉市内はようやく紅葉が進んできた。しかし、今日は昨日に増して暖かである。
今日も昼過ぎに会社事務所を抜け出して歯医者、歯石取りの続き。戻って来月の展示の準備など。

今日こそは余り気味の長ネギを何とかしよう。カミサンからはキノコとネギのアヒージョがリクエストされている。後は何にしようかしらン。
15日に下の息子の誕生日を控えていて、この日曜日に家族で集まって誕生会をやろうと決めていた。

13時に先日見つけた浅草のクラフトビールの店に集合、90分のビール飲み放題スタンダードコースで、英国辺りの料理に5種類のビールを飲ませてもらい幸せであった。

酔っぱらって店を出ても、まだ明るいのは当たり前。よーし、昔行ったことのあるウインズ横の花元さんで、ロッピーで飲み直しだ。
f0057955_20502532.jpg
看板だった猫は、今年の5月に亡くなったそうだった。

11/10 今日と明日の二日間、有給休暇を取得して帰省することにした。母の様子見と共に、雪の下になってしまった庭の畑の野菜の収穫が任務なのである。

自宅をポルテ号で出て成田空港周辺の駐車場に預けて、いつものJetstar。第二から第三ターミナルまで乗せてくれる連絡バスが、新しくできたバス停にいて、ルートも随分短くなった。

札幌市内のホテルに泊まっておく。

f0057955_20250109.jpg


11日 朝はのんびりと実家まで移動、母が市内に用事があるので送って行って、私は二時間ほど札幌駅前あたりで時間つぶし。五番館・西武のあった駅前の一等地が更地になっており、大通りに向かう駅前通り沿いは建て替えのために閉鎖されたビルやら、もう年内にも出来上がりそうなビルなど、随分と景色が変わった。

行きは郵便局と銀行、帰りはコーチャンフォーによって母のスイスの知人に送るカレンダーやら、年賀状の材料など購入。さあて、明日の畑仕事の準備で、人参畑だったところの雪を寄せ、長ネギだけは抜いておいた。

f0057955_20253395.jpg

12日 幸いなことに晴天で暖かい。人参を掘り起こし、トンネルを撤去して大根と法蓮草を収穫し、畑に打ち込んだ鉄パイプを抜いて片付ける。

その間に母は収穫した野菜の整理、洗って乾かして、新聞紙で包んでこの冬の貯蔵野菜とする。

予定通り為すべきことができたので、暗くならぬうちに新千歳空港。成田に降りてポルテ号で我が家に着いたのは夜の9時過ぎだった。ようやくありついたビールで就寝。


寒~い風が吹き付けている。
午後の都内に備えて、昼前に自転車で帰宅したのだが、向かい風でギアを一つ、いや二つ落とさざるを得ない。木枯らし1号とか言うらしい。
f0057955_17431995.jpg
昼過ぎに農水省、時間があったので有楽町で降りて一駅歩く。日比谷公園と皇居外苑の木々も木枯らしに吹かれて葉を落としていた。桜田門から左折して、簡単な相談事を終えたら、今日は早仕舞いさせてもらって、帰宅して今度は歯医者。

買い物をして帰宅すれば、何とTVではトランプ爺が勝利宣言をしていた。
UKのEU離脱の際にも感じたことだが、私の想像以上にUKもUSAも一般市民の閉塞感が高まっているのだろう。しかも米国はマッチョを好む国柄である。乱暴な言動は裏腹に、頼り甲斐があると捉えられたのかもしれない。民度の低い国民が馬鹿を選んだだけのことだが、ますます国際情勢は混沌とするのだろうな。私も長く生きていると、いろいろあるものだ。

7日 前月の売上高の確定を受けて、製品別の売上高速報を作り込む。うーむ、営業所が頑張ってくれたのである。担当事業の今期7億円超えが見えてきたのが嬉しい。

私が担当したときに4億を超えて喜んだが、あれから5年。着々と進んでいるのは、新製品の投入と製品切り替え、そして営業の努力あってこそだ。私は旗振りをしただけに過ぎない。まあ、旗の振り方にもいろいろあったという事にしておこう。

少し早めに退社して歯医者、先日の抜歯の糸を抜き(抜糸)いよいよ隣のブリッジの修復に取り掛かる。ああ、また金のかかる事である。

夕飯は、マッシュルームと牡蠣などでアヒージョ、蕪と葉のスープ煮、鶏肉の大蒜焼きを食す。

8日 今日は一日、今期に投入した新製品の販売状況を解析していた。
営業所別や前年対比などで見えてくることがある。要因を確実に把握しておく事が要であるネ。

カボスが届いていたのでサンマを買ってきた。隣にあった鯖も一匹買おうとしたら「二匹なら300円」と言われて、はずみで買ってしまった。塩焼きしたり、塩麹に漬けたりしよう。今日はサンマだ、サンマ。

4日 昼前に事務所を出て、車で行けるお客様を訪問。微生物飼料のチラシを頼んでいる新人サンに現場を見せるためなのである。
豚さん、鶏さんを見て、牛さんも見てから戻る。養鶏場さんは、私も実に10年以のご無沙汰であったかもしれない。こちらは老けたが、お客様はそれを感じさせない。

新人さんにとっては、見るものがすべて新鮮だった様子。どちらかと言えば昔ながらの飼い方だけど、それだけ動物に接近することもできた。牛を引いて道路を渡る風景に目を丸くしているのが新鮮でしたね。

5日 土曜日、昼に上の息子が床屋のついでに寄る。カミサンのPCの調子が悪く、床屋から戻って見ているうちに、ウインドウズのファイルが壊れているとかで泊っていく羽目になった。DOSプロンプトの画面など実にしばらくぶりに見た。

買い物に出たら、イズミヤさんの一階で日本酒祭りの有料試飲。当然のことながら参加して、三本ばかりを買ってきて、息子に持たせるつもりで作った料理を肴に早いうちから飲み会となった。例によって、酔っていろいろな料理を作り、最後は豚キムチの汁で雑炊まで作り、早めに就寝。
f0057955_18125455.jpg
6日 朝飯を食べて掃除して、PC修理のお礼にカミサンが息子に蕎麦を奢ることになった。ポルテ号で市原市の功徳庵更科まで行き、野菜を買って帰る。今夜のメニューは、金目鯛の煮つけ、大根の煮物、そうそう里芋も何とかしなくてはな。

2日 大した仕事もしなかったな。
近距離交通費の清算をして、打ち合わせ内容をまとめて、先方のリクエストに対応して原料引き取り見込みを作るべく社内連絡。夕方には早引きさせてもらって、クリニックで降圧剤の処方を得て、薬屋で受け取る。

朝から寒い日で小雨がパラついて、ルイガノ号は諦めてポルテ号で出勤したのだ。
夕飯は、舞茸の上に乗せた鮭のレンジ蒸し、豆腐と春菊と彩り海老のサッと煮など食す。
f0057955_22024122.jpg
3日 文化の日とやら、日本国憲法が公布された日でもある。
カミサンは仕事に出かけていったが、私は机周りの片付け。続いて食料品の買い出し、そして料理。買ってきた豚もも肉に塩と黒ビールを揉み込んで、日光と寒風に当てて干し肉作り。

次いで、下着も含めて冬の衣装に衣替えだ。今日も寒い、家の中ではカーディガンを羽織らねば体温をキープできない。厚手の靴下も装着。よーし、これで明日からは私も冬モードだ。おっと、明日は作業服で出勤だったな。

干し肉を薄く切って茄子に挟んでレンチン、鶏ガラスープにセロリとパセリを刻んでマッシュルームなど食す。

10/31 昼に自転車で帰宅して、昼飯もそこそこに電車に乗って東京、中央快速で四ツ谷。駅を出て目の前の大規模再開発に驚く。この都心のものすごい面積が更地になっていて、これは新たなランドマークになるな。完成は平成30年とか。
f0057955_18244701.jpg
四ツ谷の次は大門に外資系の企業を訪ねた。強大なコンペティターの出現なのか、何か協調できる部分はないか、まあ今後のお楽しみだな。

11/1 いよいよ11月になってしまった。
朝礼の後は実績管理やら片付け物をして、今日も午後から都内に出た。雨なので電車で直行、しかしもう雨は上がってしまい、傘を置いてくればよかったなと反省。
f0057955_18250641.jpg
少し時間に余裕があったので、浜松町の相手先まで京葉線の新木場から臨海線で東京テレポート、高速道路の上を渡ってお台場海浜公園からゆりかもめ、日の出で降りれば川向うだ。ポツンとあるラーメン屋で昼飯。周囲に競合相手がいない、素晴らしい立地のラーメン屋であるね。

商社の担当者に輸出のあれこれを指南していただく。FOBだ、C&Fだ、もうすっかり忘れていたが、そー言えばそんな世界があったのだな。この世界から離れて、もう少しで10年になろうとしている。

29日は土曜日、朝は普通の朝食メニュー。昼は昨夜の煮物の汁に葱と豚肉を足して饂飩。カミサンと買い物に行ったら、そのままカミサンは仕事。私だけで戻り、料理の仕込みなどする。
夕飯は、干した帆立の出汁で海老と椎茸を煮て、戻したレンズ豆を加えて、凍り豆腐まで投入した意欲作、実験作。まあ、そこそこ美味かったとしておこう。あとは買い物で仕入れてきた刺身。
f0057955_22073521.jpg
30日 思い立って東京散策。
京成線で幕張から高砂・押上、地下鉄になって浅草で降りる。観光客の数が凄いな。

池波正太郎記念文庫を訪ねて、そこいらの店で食事して、今度用事がある上中里までテクテク行ってみた。
f0057955_22081933.jpg
バラが咲き誇る古河庭園を見て、霜降商店街を冷やかして、初体験の都電に乗って有楽町線に連絡、新木場から帰宅したわけである。
随分と涼しくなった。
カミサンと知らないところばかり歩いて、楽しい一日だった。

夕飯は、昨日のうちに作ってあったブリ大根、浅草にある北海道物産の店で買ってきた鰊漬けなど食す。

25日 終日プロジェクト会議、佳境に至る。

26日 午前中は部内の月次ミーティング、午後からは特に急ぎの仕事もなく資料作り。

夜には同僚を招いて我が家でお食事会を催した。前日から準備してあったので、料理は次々に出せた。職場の独身者3名に加えて私と同じシニア1名、私とカミサンで合わせて6名分の料理を次々に机に並べ、食べて飲んで語らって気がつけば12時を過ぎてしまった。
f0057955_21530160.jpg
27日 昨夜は飲み過ぎ、頭が重い。
暖かだった昨日に比べてグンと気温が下がった。

昼休みにポタリングすれば、おおっポートタワーの下にはたくさんのポケモンハンター達。コイルとかラプラスとか、たまにはピカチューが捕れるンですとは、ソフトクリーム屋のおねーちゃんの弁。
夕食は、昨夜の残り物の再生おかずなど。

28日 実績確認や資料作りをして、午後からは半日休暇。
抜歯をする運命の日だ。小雨が落ち始める中を稲毛海岸まで戻り、歯を抜いて、縫って、仮歯を装着。痛み止めと抗生物質を処方された。
今日は入浴と飲酒は禁止、おとなしく寝てしまおう。

月曜日、朝から快晴で、しかし気温は下がっていてルイガノ号で切る風は冷たい。
先週末の農水省の指導事項をまとめて社内連絡、親会社への相談内容も時間を見てまとめておこう。そうそう、出張精算もしなければね。

昼はやや気温が上がったが、帰宅時には上着が必要だ。そろそろ手袋とウインドブレーカーの冬用通勤装備に着替えねばと思う。
f0057955_18443011.jpg
キムチの残り汁に鶏ガラスープを足して今夜はキムチ鍋。
牡蠣、生鱈、鶏もも肉、春菊、白菜、舞茸、椎茸、人参、美味くないわけがない。明日の朝は、この汁で雑炊が吉と出た。

この土日は、暫くぶりに身を休めた気がする。
と云っても、先週の日曜日から出張がてらに北海道に出ただけで、確かに水曜日に千葉に戻ってからはバタバタだったのだけれど、その前の週はしっかり三連休も取っていた。休み無しだった一昔前と比べれば、私が年をとったと云うことである。

22日の土曜日、カミサンと買い物に行き、行きつけの酒屋で日本名門酒会の頒布会で一升瓶が二本。思いがけぬ出費で財布は軽くなり、手荷物は重くなる。届いた大根を豆腐揚げと蒟蒻とで炊き合わせる。

23日は日曜日、お約束の家の掃除をして、夕飯には昨日から仕込んであったブリ大根。旨いなぁ、昨日貰ってきた日本酒によく合うのだ、これが。

糖質制限の身の上ながら、TVのハードディスクに撮り貯めていた男子ごはんの「蛸とキノコの炊き込みご飯」が旨そうで、蛸を買ってきた。コメには赤麦を混ぜて、うーむなかなか良い出来である。糖質は美味しい、人類に用意された罠である。そこそこに付き合わねばなりません。

昨日はいらぬ上着で失敗したので、今日はワイシャツで出てみたら涼しいじゃないの。こりゃ今日こそ上着が必要だったなと思いつつ、戻るのも面倒でそのまま自転車通勤。まあ漕いでいるうちに体は温まるのさ。

f0057955_18571754.jpg
札幌の母から、メールで写真が届いた。
朝起きたら、冬になっていたとかで、ホウレン草と大根にトンネル掛けしてきて正解だった。

昼間で事務仕事、ルイガノ号で稲毛海岸まで戻って、電車で新木場・桜田門。農水省に新規原料で相談がある。
なかなか詳しい方で話はスイスイと片付いて戻る。直帰とさせていただいて歯医者に向かう。

さあて、ブリッジの浮きはどうやら真ん中の歯が割れているのが原因である様子。となれば先に、抜けて割れた差し歯の根を抜いてしまいましょう、これらのインプラントを準備しながら、ブリッジの補修に取り掛かることになった。

来週は久々に歯を抜く(といっても根しか残っていないのだが)羽目になり、その後もしばらくは大工事が続きそうだ。費用もかかる。
長く生きているとイロイロある事であるなぁ。

18日 昼にお客様を新札幌駅でピックアップ、野幌の研究所で打ち合わせた。研究員氏はさすがに詳しく、大変参考になった。

続いて別の研究所に移動して、分析に関する打ち合わせ。いったん千歳市内のホテルに送り、研究員ご夫妻を迎えに行って、レストラン・アキオカでディナー。今後の協力をお願いして、いろいろ珍しいものを食べさせてもらって帰宿。

19日 朝イチのJetstarで成田に戻り、ポルテ号で事務所に移動して、昼から仕事。
4時過ぎには切り上げて歯医者。誠に残念ながら、差し歯の抜けた跡は根が割れており修復不可能とのことだ。インプラントにせざるを得ないのか、隣のブリッジを治してみてからの相談となる。

急いで帰宅して、今度は職場の飲み会だ。転勤した同僚の送別会も兼ねていたので出席としたのだが、肝心なその人が身内の都合で欠席とは。まあ、しかし、飲んでワイワイ話して、いい加減酔っぱらって帰宅。あー、何と忙しい日であることよ。

20日 久しぶりの自転車通勤、暖かい日で実に快適な自転車移動、このまま会社に出ずに走りに行きたい気分也。
10時から、まさかの昼ぶっ通しの2時までのTV会議。濃密なスピード感のある会議で疲れた。

雑務をこなすうちに定時、昨日処方された抗生物質を受け取りに薬屋に寄って帰宅。今日もなかなかバタバタだった。

気温が随分上がったらしいが、明日は平年並みとか。そうそう、昼前に大きな揺れがあり、茨城県南部とかだったな。明日からは少し落ち着いた人生としたいもの也。

16日は、昼前に成田空港からのJetstar。
千歳空港でレンタカーを借りて午後3時過ぎ、しかし日曜日だからなのか道路が混んでいて、実家にたどり着いたのは5時過ぎだった。
f0057955_21181688.jpg
17日、昼まで畑仕事。お終いになった作物を整理して、大根とホウレン草にトンネルをかけた。レンタカーはポップな色合いで魂消たが、その天井にはオビタダシイ雪虫。ちょうど気温が適したのでしょう、大発生だ。
f0057955_21183493.jpg
午後からは、母を整形外科に連れて行き定期健診、その前にメガネを調整して、銀行の通帳を更新して、甥の第二子誕生の祝いを現金書留、いろいろ充実した一日だった。

札幌市内は紅葉が進んでとても美しい季節にある。雪虫にも遭遇して、ああ冬が来るのだなぁと感じたことでした。

14日 来週の会議に臨む方々への資料作りに励んだ。
午後からは外資の入った商社の技術営業氏と話す。これは我が社の競合相手になるやもしれぬが、この世界は商品力の前に販売力だ。国内の需要がシュリンクする中で、めぼしい販売店は既に製品パートナーを得ているわけで、なかなか厳しい状況にあると言えよう。
両社のメリットとなる協同などができぬものか、しばらくお付き合いしてみようと思う。

帰宅して、今日は南瓜をチンしてからジャコとバタ醤油、なかなか旨い。その他は彩ピーマンと豚肉の炒めなど。
f0057955_22372599.jpg
15日 土曜日だがカミサンは仕事に行くというので、いつもより少し遅めの日常。団地の大規模修繕のすきを見て、朝からベランダ植物に短い波長の太陽光を当ててやる。

机周りを片付けて、明日からの出張のレンタカーなど手配して、買い物に出る。
青空が360℃に広がる快晴で、気温は低い。放射冷却とやらだろう。戻って、今日の夕食は昨日届いた紅玉を豚肉と一緒にストウブ鍋で煮てみた。

豚肉には塩レモンを擦り込んで、これが大層美味い。年代物の塩レモンを小瓶に移したので、買ってきたレモン2個におよそ300gの塩を合わせて、次のロットを仕込んでおいた。
この調味料、熟れるのには時間が必要なのである。

12日 出張の後片付けをしたら、来週の会議資料を作り込む。
リニューアルが予定されている製品の、開発経緯から販売状況やら競合他社製品との比較やら、エクセルの技量も含めて周辺知識の盛り込みは、多分 私にしかできない事でしょう。後任の方には素直に学んで欲しいと思うのだ。

新製品の南瓜をいただいて、帰宅すれば南瓜のチーズ焼き、野菜の炒めなど作る。

13日 昨日にも増して涼しい。上着は必須で風切る自転車では、そろそろ手袋が欲しくなる気温だ。
午後からの配送センターでの製品切り替え確認の前に、歯医者に寄らせてもらった。数日前に前歯の差し歯が外れてしまったのだ。

学生時代、当時はタバコを吸っており、前歯が欠損したところにフィルター部を挟めば両手が自由になるとばかりに麻雀パイをジャラジャラ掻き混ぜていたことを鮮明に思い出した。つまり30年ほどの歴史のある差し歯なのである。

歯医者に予約を入れて今後の治療を相談する。
まずはこの差し歯、何とか作り直して差し直しできそうである。しかし、その隣のブリッジが浮いており、虫歯も進んでいるらしい。しばらくはまた歯医者通いになりそうだ。インプラントは一本30万と聞いた。手取りの減ったシニア社員としては、悩むところであるね。

歯医者を出て、小雨が降っているのでルイガノ号は諦めてポルテ号で配送センターに向かう。先日刷新した表示票が間違いなく貼られていて、検査を終えた製品が出荷されるのを確認する。在庫の先入れ、先出しもOK。確認したら直帰させてもらった。

今夜の南瓜は素揚げにして塩を振っていただく。その他、がんもどきと白滝の煮物、豚肉と葱の炒めなど。

朝7時過ぎに最寄駅から電車に乗り、東京駅で乗り換えて上越新幹線。
高崎で在来線に乗り換えて新前橋に9時半、営業所長に拾ってもらって微生物飼料の販売技術支援。

三軒の生産者を回り、夕方5時台の新幹線に乗れば、7時過ぎには帰宅して夕飯の作成に取り掛かることを得た。
豚肉のキムチ炒め、昨日の残りの豚ひき肉味噌に青梗菜を追加して、生秋鮭の塩焼き。

先週後半から外出が多かったので、明日はどんなことになるのやら。まあ、シニアなのでそれほど忙しい事にはならぬのであるが、、、

今日は気温も下がり、上着が必須だった。
もはや月半ば、丁寧に仕事を進めて参りたいもの也。

8日 午前2時前に阿蘇山の中岳が噴火したそうな。中央構造線の活発化によるものであろうことは、想像に難くない。地震の爪痕も残るところにこの噴火で、農業への追い打ちが心配される。

しかし、そのような場所に住んでいるのだ、そもそも我が国は火山国なのだとの自覚も必要なのだ。備えは万全に、しかしいざ事が起これば人の小賢しい知恵など飲み込んでしまうのが、この手の自然災害である。原発事故とは区別が必要ですね。

カミサンが貰ってきたホンビノス貝に玉葱とジャガイモと人参をいれてクラムチャウダー、鱈のから揚げなど作りて食す。

9日 日曜日、カミサンも家にいるので二人で掃除。買い物に出たぐらいで家の中でウダウダする。
残っていた豚ひき肉で辛味噌ミートソースを作り、茄子とシメジとピーマンを炒め合わせる。買ってきたお刺身が久しぶりだった。
f0057955_18115785.jpg
10日 休日ながらカミサンはいつも通りの出勤、私はそれでは体を動かしにルイガノ号で市内を走る。体育の日である。
昨夜カミサンが踏んづけて壊したメガネを持って幕張、タダで直してもらい忝い。その後は市内をあちらこちら、千葉公園でコンビニランチとした。曇天で肌寒く、自転車漕ぎには良い日和だった。

スーパーで、ようやく一匹100円を切ったサンマを買って、今晩はサンマの塩焼き。ちょうどカボスが届いていたな。タコも残っていたので、アヒージョでも作ろうか。明日は早いので飲みすぎ注意である。

6日 全社的には極めて好調に推移した9月の販売実績を取りまとめながら、過去最高の売上高を記録した営業所もあれば、前年にも及ばず勿論のこと予算にも大きく及ばぬ営業所もある。努力の甲斐があって伸ばせた地域もあれば、様々な事情から実績に結実しなかった処もある。数字を見るだけで一概に評価を誘うような数値の提出は慎みたい。
営業現場は辛いものなのだ、遣り甲斐もあるのだけれどね。
f0057955_22000987.jpg
7日 朝から展示会、昼には銀行口座のメンテナンスで都心に出たら、何だ!この人の波。オリンピックの選手パレードが来るらしいので、慌てて八丁堀辺りまで退避して、午後からの打ち合わせに備えた。

高橋のたもとでフと見かけた動くもの、ネズミだ。写真中央。
iPodの最大拡大で撮ったが、よく写っていないね。近づいたら私の気配を察して逃げ隠れてしまった。奴等は逞しい、こんな人工的な環境で命を保っているのだな。

東京ビッグサイトで食品開発展2016が開催されている。併催されたセミナーを今日は一日聴講してきた。
f0057955_17434567.jpg
6階の会議室に昇る長~~いエレベーター。

進化の途上でヒトと共生してきた腸内細菌群、単一ゲノムの37兆個の細胞からなるヒトと、数百種類のゲノムを持つ100兆個以上の細菌が、一つの宇宙を形成している。常に構成元素を入れ替えながら生体を維持(動的平衡)し、膨大な細菌ゲノムと共生する超生命体としてとらえるべきなのだ、動物は。

最近になって、ようやく「培養できない細菌の方がはるかに多い」事が言われるようになり、たまたま培養できた単一細菌を調べたとて何も分からないことが判ってきた。
一方で、分析機器は飛躍的に進歩して「微生物由来のゲノムを丸ごと読む」事が可能になった。しかも費用は桁一つ安く、である。
10年前くらいからだろう、このメタゲノム解析(メタジェノミクス)が登場してから、俄然この分野は面白くなってきた。

この分野のパイオニアである服部先生は、東大大学院を退官され、現在は早稲田大学の教授であられるのだな。この方の話も聞けるというので、ノコノコ出掛けてきたわけなのだ。

メタジェノミクスを補完するメタボロームとトランスクリプトーム解析、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸による作用を具体的に解き明かすアプローチ、日本人特有の腸内菌叢や腸内の水素代謝などなど、楽しい一日だった。我が微生物飼料の営業にも使えるかな。

3日のうちに水戸に入っておいた。
大雨が来ぬ間にルートインに到着して、夜の雨をやり過ごす。
4日は朝に取引先と合流して、那須のTMRセンターまで行く。視察の後は技術顧問氏を交えて意見交換、さすがに詳しくて大いに参考になった。
f0057955_23411823.jpg
栃木名物のレモン牛乳を飲みつつ、高速道路で移動の一日だった。
帰路は水戸の明利さんで酒を買って戻る。

わが団地は修繕工事中なのである。
ベランダには原則としてモノを置いてはならぬらしいから、この頃は日光に当ててやれないコンテナ栽培の赤唐辛子が元気がなくなって、見れば虫がついてきた。そこで、この際お終いにした訳なのだ。
f0057955_18002502.jpg
通算でいくら収穫したかしら、沢山成ってくれてありがとう。胡麻油にニンニクとショウガのみじん切りを入れて、葱油を作り、ここに唐辛子を投入すれば「特製・辛葱油」の完成である。
f0057955_18005129.jpg
冷奴や、油揚げの焼いたのに乗せて食べると旨いです。
f0057955_17582866.jpg
こっちの赤いのも、もうお終いだな。彼岸花・曼珠沙華。
溜まった紙資源ごみを出して、今夜の料理は大根などの汁物、シシトウの炒めなど。

30日 ぐっと気温か下がって過ごしやすい。昨日までの残暑も失せて、曇天ながら過ごしやすい日だ。昼飯に遠出して稲毛の浜から東京湾を眺めれば、アクアラインがくっきりと見えた。
f0057955_08321492.jpg
要再検の診断書と請求書をクリニックにもらいに行き、何とか月内に清算処理に回す事を得た。9月の売上高は現時点で大幅に積みあがっており、有り難いことだ。しかしこの一部は先日の台風で薙ぎ倒された飼料作物関連の特需もあろう。お客様には気の毒で申し訳ないところだが、我が社の製品がお役に立てれば幸いである。

夕飯は、ピザを焼いて白ワイン。枝豆も茹でたし、ピーマンと豚肉の炒めも作った。

10/1 さて10月が来てしまった土曜日である。
今日も涼しく、札幌の母と話せばこちらの方が気温が低いらしい。
カミサンと買い物に出たぐらいで、あとは一日我が家に居てノタクラ過ごす。昼飯は冷蔵庫の整理で、豆腐とひき肉に隠元と椎茸を入れたマーボ豆腐風炒め、春雨サラダ。

夜は南瓜を煮ておいて、頂き物の漬け魚はホッケの甘味噌、紅鮭の西京味噌、鯖の魚醤漬け。納豆にナメコとオクラと長芋を合わせたヌルネバのグルグル生姜ポン酢味。久し振りの純和風でこれも久々のブラタモリを見ながら日本酒とした。

朝は7時過ぎに若い営業マンに拾いに来てもらい、少し離れたTMRセンターを見せてもらう。当方の乳酸菌を使っていただけそうな方に、ラップマシンを見せるのが目的だった。
f0057955_17570686.jpg
センターの社長さんには、詳しく説明していただき、また当方の取り組みにも興味を持たれてお知恵も拝借。誠に有難うございました。

終われば急いで霞が関、農水省の説明会を聞いてきた。
TPP関連対策事業の28年度補正予算に絡んだ説明会で、当方の出る幕はあまりなかったようだが、国の研究機関と共同研究を進めているらしき各地の大学の先生方からは、真剣な質問が飛んでいた。彼らの飯の種であるから、無理もないのである。

今日も終日蒸していた。時折小雨もパラついた。
帰宅した自室は気温27.9℃、湿度は73%であった。移動を優先したので昼飯が食えず、腹減った。早く夕飯を作ろう。

先日、帰宅してもシャワーが不要な季節になったなどと書いたが、これは謹んで撤回させていただきます。

今日も最高気温は30度に達して、蒸し暑い。
ルイガノ号で帰宅すれば自室の気温は27.7℃、湿度70%で、無論のことすぐにシャワーが必要だった。
f0057955_18295942.jpg
昼に来週のセミナー費用を支払いに銀行に出かけた。
空は夏の雲と秋の雲が混在の感、そして蒸し暑かったので、大汗をかいて事務所に戻る羽目になった。

9月の販売実績がまとまりつつある、不調だった先月の凹みの揺り返しもあって、今月は既に予算を大きく超える好成績だ。このまま今年度は予算達成が見えたと言って良い。来月の第4営業日を楽しみにしていよう、営業の皆さん有難う。

天気予報では雨は降らぬはずが、家を出たら小雨。これは自転車通勤するとびしょ濡れだと、傘を持って電車に乗った。
昨日の事情聴取結果をまとめる。
今日も昼で仕事はお終いにして、午後2時からはクリニック。先日の健康診断の結果、要再検とされたことを受けて、超音波エコーで腹を探ることになっている。

指示あった胆のうポリープと、昔から置いてある胆石を検知した。石は育ってはいない様子だ。あとは脂肪肝と動脈硬化気味の指摘、もう少し体重を減らして内臓脂肪も落とさねばならぬようだ。よーし、もうひと頑張り糖質制限を進めてみようという気になった。
f0057955_22041853.jpg
先日の旅行で読了した本、ドイツでベストセラーとかのミルヒゲルト。
愛すべき田舎の冴えない中年オヤジ警部が、めったに起きない殺人事件に挑む。背景にはグローバリズムに晒される酪農家と地方の乳業会社の悲哀があった。チーズが文化として定着している国なのだなぁ。

久しぶりの自転車通勤、切る風が心地よい。
貯まったメールに対処して、週末に届いていた問い合わせに対応して、来月の会議資料などを作り込むうちに昼になった。
f0057955_07371026.jpg
午後からは半日休暇を取って都内。桜田門から歩いて、新原料開発中の社長氏と共に農水省のご担当に話を聞きに行く。なるほど、目指すべきところがはっきりいたしました。

ギリギリ帰宅ラッシュにならぬうちに戻る。
土産のかまぼこと、実家の枝豆、実家のレタスでスープを作りて食す。

22日は、朝の5時過ぎにポルテ号を飛ばして成田空港。肌寒い千歳から札幌の実家に到着したのは昼過ぎだった。畑仕事と墓参りと、その他もろもろ、まあ母の様子見に来たわけなのである。
f0057955_07462281.jpg
心配していた晩生の枝豆は、それでもそこそこ実が入っていて安心。流石に晩生で、一株に驚くほどの実がついている。母がお世話になっているご近所さんにもおすそ分けして、さっそく食べてみたら甘くて美味しい。

ゴーヤも母が届かない高いところに大ぶりの実が数個あり収穫、まだこれから大きくなりそうな実も残っているが、葉の枯れも進んできて、そろそろお終いなのだろうな。

前回蒔いた寒縮みホウレン草が発芽していたのでトンネルをかけたり、成長しきってとうが立ってきたレタスは全部収穫して夜のスープの材料になった。

23日はお琴の稽古に母を送っていき、24日は買い物に付き合った後は二つのお墓参り。ようやく日が射して気温が上がり、墓の草取りには汗をかくほどだった。

今日は夕方の便で戻るので午前中は畑仕事ができる。枝豆を全部収穫してしまおう、畑の片付けに向ける時間もありそうだ。

先日の会社の定期健診の結果、聴力や肝機能や胆嚢ポリープなどで保険医さんから要再検の指示書が届いた。連休前だが特に急ぎの仕事もない今のうちに受診しようと、今日は休みにさせてもらった。

朝飯は食えぬので、カミサンに味噌汁とTKGを食わせて、瓶・缶を出して、銀行メンテをしながらクリニックに行った。先生は朝から検査対応で忙しそうだった。年寄りは平日の朝からでも検査に来るのだなぁと思い、あっ俺も年寄りかと納得した。まだ若いつもりである。

腹が減ったので昼飯は近所で再開した「がむしゃら味噌ラーメン」にして、食料を買い物して戻る。
晩飯は、鶏肉と茄子の煮浸し、青梗菜のミートソース炒め、カジキマグロのバジルソース焼き、朝の残った味噌汁にワカメをプラス。
さあ、明日は早い。シャワーを浴びたら早寝が吉と出た。