8日 午前2時前に阿蘇山の中岳が噴火したそうな。中央構造線の活発化によるものであろうことは、想像に難くない。地震の爪痕も残るところにこの噴火で、農業への追い打ちが心配される。

しかし、そのような場所に住んでいるのだ、そもそも我が国は火山国なのだとの自覚も必要なのだ。備えは万全に、しかしいざ事が起これば人の小賢しい知恵など飲み込んでしまうのが、この手の自然災害である。原発事故とは区別が必要ですね。

カミサンが貰ってきたホンビノス貝に玉葱とジャガイモと人参をいれてクラムチャウダー、鱈のから揚げなど作りて食す。

9日 日曜日、カミサンも家にいるので二人で掃除。買い物に出たぐらいで家の中でウダウダする。
残っていた豚ひき肉で辛味噌ミートソースを作り、茄子とシメジとピーマンを炒め合わせる。買ってきたお刺身が久しぶりだった。
f0057955_18115785.jpg
10日 休日ながらカミサンはいつも通りの出勤、私はそれでは体を動かしにルイガノ号で市内を走る。体育の日である。
昨夜カミサンが踏んづけて壊したメガネを持って幕張、タダで直してもらい忝い。その後は市内をあちらこちら、千葉公園でコンビニランチとした。曇天で肌寒く、自転車漕ぎには良い日和だった。

スーパーで、ようやく一匹100円を切ったサンマを買って、今晩はサンマの塩焼き。ちょうどカボスが届いていたな。タコも残っていたので、アヒージョでも作ろうか。明日は早いので飲みすぎ注意である。

6日 全社的には極めて好調に推移した9月の販売実績を取りまとめながら、過去最高の売上高を記録した営業所もあれば、前年にも及ばず勿論のこと予算にも大きく及ばぬ営業所もある。努力の甲斐があって伸ばせた地域もあれば、様々な事情から実績に結実しなかった処もある。数字を見るだけで一概に評価を誘うような数値の提出は慎みたい。
営業現場は辛いものなのだ、遣り甲斐もあるのだけれどね。
f0057955_22000987.jpg
7日 朝から展示会、昼には銀行口座のメンテナンスで都心に出たら、何だ!この人の波。オリンピックの選手パレードが来るらしいので、慌てて八丁堀辺りまで退避して、午後からの打ち合わせに備えた。

高橋のたもとでフと見かけた動くもの、ネズミだ。写真中央。
iPodの最大拡大で撮ったが、よく写っていないね。近づいたら私の気配を察して逃げ隠れてしまった。奴等は逞しい、こんな人工的な環境で命を保っているのだな。

東京ビッグサイトで食品開発展2016が開催されている。併催されたセミナーを今日は一日聴講してきた。
f0057955_17434567.jpg
6階の会議室に昇る長~~いエレベーター。

進化の途上でヒトと共生してきた腸内細菌群、単一ゲノムの37兆個の細胞からなるヒトと、数百種類のゲノムを持つ100兆個以上の細菌が、一つの宇宙を形成している。常に構成元素を入れ替えながら生体を維持(動的平衡)し、膨大な細菌ゲノムと共生する超生命体としてとらえるべきなのだ、動物は。

最近になって、ようやく「培養できない細菌の方がはるかに多い」事が言われるようになり、たまたま培養できた単一細菌を調べたとて何も分からないことが判ってきた。
一方で、分析機器は飛躍的に進歩して「微生物由来のゲノムを丸ごと読む」事が可能になった。しかも費用は桁一つ安く、である。
10年前くらいからだろう、このメタゲノム解析(メタジェノミクス)が登場してから、俄然この分野は面白くなってきた。

この分野のパイオニアである服部先生は、東大大学院を退官され、現在は早稲田大学の教授であられるのだな。この方の話も聞けるというので、ノコノコ出掛けてきたわけなのだ。

メタジェノミクスを補完するメタボロームとトランスクリプトーム解析、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸による作用を具体的に解き明かすアプローチ、日本人特有の腸内菌叢や腸内の水素代謝などなど、楽しい一日だった。我が微生物飼料の営業にも使えるかな。

3日のうちに水戸に入っておいた。
大雨が来ぬ間にルートインに到着して、夜の雨をやり過ごす。
4日は朝に取引先と合流して、那須のTMRセンターまで行く。視察の後は技術顧問氏を交えて意見交換、さすがに詳しくて大いに参考になった。
f0057955_23411823.jpg
栃木名物のレモン牛乳を飲みつつ、高速道路で移動の一日だった。
帰路は水戸の明利さんで酒を買って戻る。

わが団地は修繕工事中なのである。
ベランダには原則としてモノを置いてはならぬらしいから、この頃は日光に当ててやれないコンテナ栽培の赤唐辛子が元気がなくなって、見れば虫がついてきた。そこで、この際お終いにした訳なのだ。
f0057955_18002502.jpg
通算でいくら収穫したかしら、沢山成ってくれてありがとう。胡麻油にニンニクとショウガのみじん切りを入れて、葱油を作り、ここに唐辛子を投入すれば「特製・辛葱油」の完成である。
f0057955_18005129.jpg
冷奴や、油揚げの焼いたのに乗せて食べると旨いです。
f0057955_17582866.jpg
こっちの赤いのも、もうお終いだな。彼岸花・曼珠沙華。
溜まった紙資源ごみを出して、今夜の料理は大根などの汁物、シシトウの炒めなど。

30日 ぐっと気温か下がって過ごしやすい。昨日までの残暑も失せて、曇天ながら過ごしやすい日だ。昼飯に遠出して稲毛の浜から東京湾を眺めれば、アクアラインがくっきりと見えた。
f0057955_08321492.jpg
要再検の診断書と請求書をクリニックにもらいに行き、何とか月内に清算処理に回す事を得た。9月の売上高は現時点で大幅に積みあがっており、有り難いことだ。しかしこの一部は先日の台風で薙ぎ倒された飼料作物関連の特需もあろう。お客様には気の毒で申し訳ないところだが、我が社の製品がお役に立てれば幸いである。

夕飯は、ピザを焼いて白ワイン。枝豆も茹でたし、ピーマンと豚肉の炒めも作った。

10/1 さて10月が来てしまった土曜日である。
今日も涼しく、札幌の母と話せばこちらの方が気温が低いらしい。
カミサンと買い物に出たぐらいで、あとは一日我が家に居てノタクラ過ごす。昼飯は冷蔵庫の整理で、豆腐とひき肉に隠元と椎茸を入れたマーボ豆腐風炒め、春雨サラダ。

夜は南瓜を煮ておいて、頂き物の漬け魚はホッケの甘味噌、紅鮭の西京味噌、鯖の魚醤漬け。納豆にナメコとオクラと長芋を合わせたヌルネバのグルグル生姜ポン酢味。久し振りの純和風でこれも久々のブラタモリを見ながら日本酒とした。