少し寝坊したが、出掛けると云うカミサンの為にいつもの通り朝飯を作る。昨晩せっせと折りたたんだ新聞を資源回収に持って行く。

いろいろするうちに昼飯を食いに長男がやって来て、芋と人参とベーコンのトマト煮+茹で野菜、葱とちりめんじゃこいり卵焼き+黒酢餡など作る。

息子が帰れば掃除機をかける。時間があれば確定申告と思ったが、まあ明日の心だ。
f0057955_2120120.jpg
夜は、鶏胸肉のスープに、あり合わせ野菜を刻んだ汁物、冷凍焼き鳥を温めて、息子にも持たせた残りのニラ玉炒め、昨日買ってきて一夜漬けしたきゅうりなど食す。

相変わらず、休日は朝から晩まで料理している感あり。楽しいんですけどね。そうそう、クックパッドに初投稿してみた。このスープ煮は、一応オリジナルなのである。
26日 終日プロジェクト、東北に続いていよいよ関東地域のキッフオフの日を迎えた。これまでの成果を確認しつつ、また新たなる挑戦となる。心して参りたい。

帰宅すれば生協の宅配を引き込みつつ、一週間が過ぎてしまったから湯豆腐にして、先日のリベンジでキムチを増やした納豆入り油揚げ焼き、小松菜の炒めなど作る。

27日 土曜日。朝はヨーグルトとフルーツで軽めにして、先日の風土村で昼を食べんとカミサンと出掛ける。
f0057955_21224846.jpg
野菜を中心にいろいろと食べて、看板のチョコレートファウンテンは装置の故障中、この次の楽しみにしておこう。近所のハム工房から直送の、出来たてハムが旨かったねぇ。
f0057955_2124527.jpg
香取から大栄、神崎から圏央道に乗って、カミサンが見た事がないと云う牛久大仏を拝んできた。東本願寺系と云うから、私達も浄土真宗で親近感、南無阿弥陀仏。

帰路は高速道路を通らずに、竜ヶ崎から印西、八千代を走って帰宅。しばらくぶりの長距離ドライブだった。

夕飯は、香取で買い求めたマッシュルームに冷凍庫のシーフードを合わせてアヒージョ。わさび菜メインにしたサラダ、芽キャベツのチーズ焼きなどを、7時のニュース、ブラタモリ、凄ワザを見つつ食す。
研究所で稼働している堆肥発酵機を譲り受けたいと云う方がいて、分解と輸送と組立工事のコーディネートをしている。食品会社の方で、副産物の飼料化と、エサにならぬものは堆肥化も目指しておられる。と云う訳で、私の出番になった。
f0057955_18211590.jpg
しかし現在の職務からは、やや外れる事もあって、ここはケジメをつけて有給休暇を取得して朝からポルテ号を走らせたわけなのだ。
起床して寒い寒いと思ったら、千葉はうっすらと雪化粧。東金道路も、九十九里辺りも雪が残っていた。
f0057955_18243546.jpg
会長さんとダンプに乗り込み飼料原料の配送。目的地まで移動する社内で、こちとらは装置の移設の打ち合わせ。有意義な行き帰りだった。
f0057955_18261490.jpg
少し早いが、昼飯を食べたのは香取の風土村レストラン。すごいな、この店。地元産材料で、手作り料理のビュッフェ形式。大人1500円だったが、これは価値があるな。

戻って、休みなのだが会社に出て少しばかり仕事をする。終われば銀行に寄って記帳して、食材の買い物をして帰宅した。
f0057955_1832375.jpg
毎年早咲きの千葉銀行の桜。また、この季節が巡ってきたのだな。

24日 朝から都内に出て親会社を訪ねて打ち合わせ、戻ればコンプライアンスを考える集い、頼まれていた仕事に取り掛かり、久し振りに7時過ぎまでサービス残業。

23日 午前中は成績検討会、午後からは新製品に関する打ち合わせと、盛り沢山でげっぷが出た。
少し気温が下がったが、昨日のような風はないので体感温度はさほど寒くもない。オーバーホールしたルイガノ号で楽しく通勤、と思ったらアレレ!何だかハンドルがフャフニャしてきたぞ。

停車してステムの六角ボルトを締め直す。常にレンチをサドル下に収納しているから良かったものの、用意がなければ乗れなくなるところだ。
自転車は他人の手に渡した後は要注意である。

さて、出張精算と出張報告。知ったかぶりして聞いてきたRAPD-PCR法をググッて調べて、なーるほどこんな意味だったのね。こちとら分子生物学以前の生物学徒である。

少し早めの昼休みに、市内の銀行まで送金にルイガノ号を走らせた。
札幌のヒトに貸しているマンションの、不具合を直してもらって、12万円の出費也。これで賃料の二ヶ月分が飛んで行くのだから、オーナーは辛いよねぇ。

夕方には歯医者に行くので5時前の早退、6時前には帰宅して、今夜の献立は芋と鶏肉のチーズ焼き、大根とがんもとキノコの煮もの、鰤の味噌味醂生姜漬け焼き。夜に降るはずだった雨が、既に黄昏時からポツリポツリと落ちていたのは如何した訳だ。
20日 新千歳空港から飛び立てば、すぐに機は雲の上。
f0057955_21213085.jpg
このままずーっと雲の上。着陸態勢でシートベルトのアナウンスがあってしばらく、高度を下げればようやく雲の下に出た。
f0057955_2121533.jpg
恐れていたが、成田空港はやはり雨だった。
自宅に戻り、雨だけどカミサンと食事に出たのは市内の天麩羅屋さん。目の前で揚げたての天麩羅を味わう幸せ。この事であった。

21日 日曜日だが、研究所の機械の移設で業者さんとの打ち合わせがある。嬉々として自転車で向かうが、気温は低めだ。風も強い。

現場で業者さん二人と相次いで打ち合わせして、お二人とも信頼できるプロであったので、後は依頼元への見積もり金額で決めれば良いのでしょう。ケミカルアンカーでの固定やら、ベース固定に必要なプレートの用意やら、やはり現場で打ち合わせた甲斐があったな。

戻って夕飯は、牡蠣とキノコと野菜の味噌鍋。鍋の底に味噌を塗り、水を一切使わずに材料の水気だけで炊くとクックパッドにある。
恐る恐る試してみたら、なるほどちゃんと水が上がってくるのだね。味噌はコケ付きましたけどね。

炊きたて飯を酢飯にして、マグロの漬け丼で〆め。優雅な晩飯であった。早めの風呂に入り、今日はもう寝てしまおう。
千歳と札幌の気温はプラス、先日の雪もどんどん融けている様子だ。
新札幌からタクシーで研究所に移動、ここでお客様をお迎えして打ち合わせ、来月のゴールが迫ってきた。昼飯を食べて、一緒に道の試験場の先生を訪ねて、今度はPCR分析のご相談。次いで、北大の裏にある道のお役所にご担当を訪ねて、経過報告と書類提出のご相談。
f0057955_82896.jpg
準備よろしくトントンと作業は進んで、4時には札幌駅で本日の業務は終了だ。こんなことなら今日の便で帰れたな、しかしLCCだと便の変更はできない。駅のビアホールで一人で乾杯。
f0057955_8282946.jpg
千歳まで戻り、コンビニおでんを食べながらのんびりと就寝した。

札幌市内のホテルがまるで足りていない。しかしホテルを建てようにも、まず室内清掃の従業員が確保できないので建設が進まないのだとは、タクシーの運転手さんに聞いた話。なーるほど、そんなものか。給料を上げれば良いだけの話だろーと思いますけどね。
ルイガノ号で通勤し、昼前まで仕事。昨日の出張報告、旅費精算、メールでのやり取りをあれこれ。とりあえず懸案を片付けたら、一度帰宅して昼飯に鶏と人参と牛蒡の炊き合わせを拵えて食べる。
f0057955_862493.jpg
旅支度をして近所にあるバス停から成田行きに乗車、15時には第三ターミナルに到着した。このバス、たまには南総里見号にもなるらしい。

LCC専用の第三ターミナルは、相変わらずの混みようだ。しかし、この時期の千歳行きは安い。雪祭りが終わったからね。片道で素の料金は五千円台である。
f0057955_875140.jpg
いつもと違って西回りに関東平野に舞い上がる、ほぼ満員のJetstarエアバス。富士山のシルエットがくっきりと見えた後は、東北の真上を飛んだ。山形辺りまでは雲もなく、雪化粧した地形が見渡せた。
f0057955_8111410.jpg
その後は雲の上、苫小牧の海岸上空から高度を下げて進入したところでまた雲が晴れた。やはり北海道は畑が広い、いつもこの情景を観るたびに、北海道の生産力を思い知るのだ。

今日も今日とて札幌市内のホテルは満室で、千歳駅前に泊っている。さあて、昨年秋から進めてきたこの仕事も大詰めを迎える。気を引き締めてまいろうぞ。
サプリメントの試供品を販売店さんに配ってもらったら、大口のお客様からクレームありとの連絡、一大事と駆けつけたわけなのだ。

為替差損と国際的な原料高で、製造工程を簡素化して製品の供給継続を狙ったが、大事なところでお客様の違和感あり。これは直接にお客様の話を聞かせてもらわねば。

お話を聞けば、これはピンチだ。対応策が生み出せるものだろうか。
お約束はできなかったが、全社の知恵を集めて何とかしなければと思う。販売店さんにはクイックレスポンス有難うございました。
f0057955_20204023.jpg
緊張感を持って対処した帰路、「発酵の里 神崎」の道の駅に立ち寄って人心地。地元の酒屋さんが始めたものが、周囲を巻き込んでとうとう道の駅まで出来た。

このキャラクターは「なんじゃもん」と言い、神埼神社の御神木の分身なのである。有難や、有難や。

神崎の酒蔵「鍋店」さんの仁勇、「寺田本家」さんの五人娘を買い、帰路の佐倉では旭鶴さんの絞り立てを買い、意気揚々と帰宅したのだ。

夕飯は、残っていた蛸に蛸ブツを買い足して、牡蠣とマッシュルームでアヒージョ、豆と葉物のサラダ、フナップエンドウの茹でたの。
15日 雨の天気予報ではなかったのに、昼前から路面が濡れている。ネットの予報では、しばらくすると雨雲が流れ去るようであるから、安心して午後からの研究開発会議に出席する。

歯医者を5時に入れていたので、シニアの特権で会議を途中退席してみれば、あれれっ まだ降ってるじゃん雨。傘を差して通院して、そのままルイガノ号を事務所に置いて電車で帰ってきた。

今夜の献立は、豚白菜の梅干し鍋、しし唐とジャコの炒め、セロリの即席漬物と、蛸とワカメの酢の物。

16日 晴れ渡って、しかし気温はグンと下がった。
今日こそはと、新製品を含む総合リーフレットを作り込む。月半ばでのスケジュール合わせをしているうちに、明日は急きょ茨城に日帰り出張が決まった。

定時に退社して、ルイガノ号で戻る。昼休みにハンドル周りを位置決めしておいたので快適に走るが、途中でフロントライトを落として壊してしまった。ショックだ。しかし、陽が長くなった。6時を過ぎてもまだトワイライトタイムで、ヘッドライト無しで辛くも帰宅できた。

夕飯は、芽キャベツを食べんとしてクリームシチュー。ジャガイモ、玉葱、人参、鶏肉、シメジ、カブ、そして海老を投入。冬はこれだなぁ、お腹一杯で幸せになったぞ。
たくさん作った残りは、明日の朝パンのオカズにしようっと。
昨夜のうちに、愛車を預けていた自転車店から修理完了の報。随分早かったな、助かります。

で、今日の朝は10時の開店に合わせて、張り切って受け取りに行くはずだったのだけれど、朝から強風と弱い雨。これだけなら無理して行くのだが、何と京葉線が運休していた。この風だもんね、無理もなし。
曇天を、低く雲が千切れ飛ぶように流れていた。
f0057955_15575856.jpg
電車が動かずば仕様がない、やむなくポルテ号を転がした。

タイヤとチューブと、ついでにワイヤとアウター、ケース割れしていた変速機も左右を交換して、ほぼフルチューンだな。ハンドルステムにガタツキがあり、分解してみたら割れが入っていたとかで、これも合う部品で交換してもらった。危ない部位を見つけてくれて、有難うございました。

いつもなら「つねさぶらう」サンに行くのだが、異常を感じて会社に置いてきたので、止むを得ず初めてお世話になった「しろきや自転車館」。丁寧なお仕事をしていただき、感謝。

午後からは雨は止み青空、風はと云えば少々弱まった程度だ。
しかしルイガノ号に乗ってみたいので、書き損じ年賀はがきを取り換えに郵便局、処方箋を貰いにクリニックまでひと走りしてきた。気温は高く、ウインドブレーカーが要らないほどだ。

さあて夕飯は、今日の男子ごはんで観た「鰤と、里芋と、鶏」をやってみる事にした。

13日 土曜日。朝は先日の鍋の残った汁で雑炊、昼には息子が床屋ついでに寄ったので、とろろ飯、根深汁にフノリ投入、揚げ豆腐と野菜の炊きもの。またもや、芋のチーズ焼きを作って持たせるなどした。

夕飯は、サワラの塩焼き、鶏胸肉とワカメとウルイの酢味噌、油揚げに納豆とキムチ乗せ焼き。ブラタモリと凄技を観ながら、アイリッシュとバーボンをやや飲み過ぎた。