31日は本社で退社式。退職同期の10名が呼ばれて、社長から感謝状、金一封、退職辞令の交付を受ける。お言葉をいただき、退職者代表の謝辞のあとは、退職に関する書類を書いて判を押す。健康保険証をいったん返却した。
f0057955_7552063.jpg
5時半からは、市内のホテルに場所を移して会食。いつもながら良く酒を飲む懇親会だった。

まだシニア社員で仕事をするのだが、一応の「区切り」と云う事で、入社から退社までの時間軸を辿ってみよう。

1980年、札幌本社に入社したのは、スリーマイル島の原発事故の翌年だった。
1986年、入社して数年で、今度はチェルノブイリ原発の事故が起きて、世界を震撼させた。

1989年、あのベルリンの壁が崩壊した。当時はバブルのまっ盛りで、私は北海道勤務の仕入れ担当だったから、東京からゴルフ出張してくる商社マンとの飲み会が日常茶飯事、連日ススキノで夜の仕事の所謂「社用族」の末席に居た。

そしてバブルは崩壊。私も東京は馬喰町に転勤となり、千葉に居住する事になった。今から思えば、失われた20年とやらを千葉で暮らしたのだ。

1995年、阪神淡路大震災が起きた。新幹線から眺めた大阪を過ぎたあたりの住宅地の屋根を覆うブルーシートを、まだ覚えている。

次いで地下鉄サリン事件、いつも使っている日比谷線をその日は使わず、私は難を逃れたのだ。
その後は事務所が移転して千葉、勤務地は変わらぬが部署異動は数知れず、所謂スリッパ転勤と云うやつだ。

2008年には、まさかのリーマンショック。
2011年には、東日本大震災を間近で体験し、福島原発の事故がおまけで付いた。

人生何があるか判らない。
振り返ってみれば、私の現職の時間軸は、三つの原発事故と二つの大震災、資本主義の行き詰まりと、バブルとバブルの崩壊の中にあったと云う事になる。

その時々の立場でベストを尽くしていたか?が問われる。
どうなのだろう。
まったくのNOではないが、YESと云い切れる自信はない。
そんなところだ。
29日 ほぼいつも通りに朝飯、家の掃除をして、甘夏柑を剥いて、行ってきます。バスで新検見川、幕張本郷で京成線に乗り換えて津田沼、連絡よろしく特急成田空港行きに乗る事が出来た。初めて使ったルートだが、やや遠回りとも思えるが、便数の少ないJR総武快速線よりは便利かもしれないな。
f0057955_858646.jpg
成田空港について早めの昼飯、どうしても糖質が避けられないので、ベーコンとエッグのタンパク質と脂質の多いものをチョイスする。糖質制限食としてはコンビニであれこれ買えれば良いのだけれど、第二ターミナルの一階にはコンビニが無くなってしまった。四階には24時間営業の店があるけれど、わざわざ行くのもメンドクサイのである。

LCCのA320だが落ちずに新千歳空港。道路にはほぼ雪が無い。レンタカーで道央道を走り大曲で降りれば出口渋滞が物凄い。昔はこんな事はなかったが、向かい側に出来たアウトレットのせいなのだろう。何を買うのか知らぬが、ゾロゾロと人の波、波、波。

まだ明るいうちに実家に到着、母と共に食事に出て戻り、大河ドラマを見る。情報が限られていただろう幕末の時代、強烈な個性が時代を牽引していく。と云えばカッコイイけど、、、妹さんは苦労された事でしょう。

30日 母の運転手で整形外科まで行く。三件の診断を受けて、遅い昼飯は南郷通り「季のした」さんのキノコ餡かけ蕎麦。帰路のミュンヘン大橋のコーチャンフォーで、母にお財布とお稽古用のバッグを買ってあげて親孝行? 郵便局に寄り、生協でお買い物して帰宅した。

母も歩き疲れたらしく、今夜は寿司でも取って手を抜こう。今日も一日、青空の、暖かな札幌である。
さあて退社式に向けて札幌に出張だ。前日に実家に寄る計画を立てたので、日曜日の昼にはJetstarで成田から飛ぶ事にした。レンタカーも予約して、後は我が家の準備をせねば。

息子は4月から借りる部屋の契約に出かけ、カミサンも職場の研修会だとかで、私一人の土曜日。手紙を出し、銀行に行き、買い物に行って、食料を揃え置く。買ってきた鱈と鰆の切り身を醤油麹で漬け魚、解かしてあった鶏胸肉は塩麹に漬けておいて、後は焼くだけで良いからねカミサン。

本を読み、昼寝して、夕食の支度にかかる。
f0057955_827507.jpg
挽肉に玉ねぎ・マッシュルーム・グリンピースをトマト味でまとめたものをパイ生地に包み、230℃で20分オーブン焼き。
f0057955_828366.jpg
作ってあったカブのマリネをさいの目に切り、戻して茹でたひよこ豆・紅玉・安売りブロッコリーでサラダ。パイにはビールが良く合います。家族三人、お腹が一杯になってしまった。

後片付けをしつつ、小松菜、ピーマン、キャベツなどを洗って切ってジッパー袋に入れておいた。動的平衡ダイアローグを読みつつ就寝。
26日は午前と午後にお客が二組。クレーム対策を話し合い、新製品の準備を進めた。書棚と机周りの整理に着手、捨てるものが沢山ありそうだ。

帰宅して、牛肉とホウレン草の炒め物、鶏の酒蒸しのスープで白菜とホタテの汁は実験作。冷凍のカキフライを揚げたら、少々時間をかけ過ぎたようだ。今度、揚げ物用の温度計を買ってこようかしら。

27日 書類を整理して機密性の無いものはそのまま捨てる。研究開発や業務目標に関するものはシュレッダー行きとなる。
f0057955_8194427.jpg
昔担当していた製品に関するファイル、過去に所属した社内プロジェクトの報告書、会議録その他をせっせと機械にかけた。思えば既に不要となっていた書類が多い。残しておいたのは単なるノスタル爺である。

午後からは机の引き出しの整理、シニアになれば部長職の大きな両袖机から一般職の片袖机に代わるので、コンパクトにせねばならぬ。PC回りも全部移動して、後の電話とLAN配線と電源を宜しくお願いします。ロッカーも空にしたところで、これにて私の幹部職業務は終了だ。31日は本社で退社式、30日はお休みにしているので、今日でお終い。

PCが動かなければ仕事にもならぬ、早めに自転車を漕いで帰宅して、我が家で一人、ビールで乾杯した。お疲れ様でした、私。
人参と牛蒡を茹でて搾って、鶏とコーンと水菜で胡麻マヨサラダ。豚肉の辛子高菜炒め。空豆を茹でて、豆腐を切って、夕食とした。そこそこ良いバランスの献立である。
23日 昼から、西の空に黒い雲が迫る。雲の一部はゆらりと地表に降りている様子で、きっとあそこは雨なのだろう。気温も下がっきて、そのうちに我が社の周辺にも雨が到達した。
退社時間になって雨脚は弱まったが、まだポツリポツリ。えーいルイガノ号を置いていくのは忍びない、この程度の雨だ、濡れて帰ってやろう。
帰路は西側に向かう訳なので、それほどずぶ濡れにはならずに帰宅ができた。

24日 朝から研究所で会議、午後からの視察に備えてワゴン車を借りるべく、レンタカー屋まで自転車を走らせた。自転車を隅に停めさせてもらって、待ち合わせた仲間と共にスタート。会議を終えれば、ワゴン車を返却してルイガノ号で帰宅。晩飯の餃子が上手に焼けた。

25日 北海道からヘルプがかかり部下を応援に出す。残務整理をしてからは、ひたすら新製品の準備を進めた。いざ取り掛かってみるとアチコチに穴がある。完成にはも少し時間が必要だ。私の残り時間も少なくなってきたが、ここは丁寧に作業して行こう。
21日 昨日が誕生日だった上の息子が、今日は我が家に来るという。
まずは昼食を作る。イナダの塩麹漬けを焼き、ホウレン草を茹でて豆腐を切り、ちゃんと出汁をとって正しくお浸しにして、味噌汁は長葱とシメジと油揚げ、純和風でいただいて、玄米茶。そうそう、せっかくなので少量?の日本酒で乾杯したのだ。

午後はカミサンと息子二人でお買い物、私は昨夜事務所に置いてきたルイガノ号を回収に行き、トワイライトタイムをしばし海辺で潮風に吹かれた後で、食料品を買い物して帰宅した。
f0057955_1556747.jpg
曇天ながら寒過ぎず、沖には大きな貨物船が多数、手前をヨットが横切ってゆき、浜辺はカップルと家族連れと、そして例によってコスプレした若者たちが写真撮影。彼らには近寄らぬ事としよう。ただボーっとして海を眺め、波を見ているのが好きである。

夕食はお誕生パーティで、出来合いのキッシュを温め、鶏胸肉を煮たスープに香味野菜を沢山、茹で卵とブロッコリーと鶏胸肉のチーズ焼き、紅玉とメークインと豚塊肉のストウブ鍋蒸し、牛肉と新玉葱の炒めを頑張って作る。スパークリングワインを2本、白ワインを1本、ビールも飲んだ。
f0057955_1631442.jpg
我が家の冷蔵庫に居たビール達。これだけのラインナップがある家庭も珍しかろう、多分。

22日 朝飯替わりのお誕生日ケーキ、家の掃除をして、息子は帰り、昼飯はカミサンと簡単に済ませて、PCでNPOの仕事を少し。お手紙にして投函してきた。

そろそろ今夜の献立を考えねばな。塩麹漬けしてある鰤は、そろそろ食べてしまおうか。地元産の小葱を買ってあったので、豚肉で巻いて焼いてみるのはどうだろう。ひよこ豆を戻してあるので煮て、昨夜作ったセロリ・人参・カブのピクルスと合わせてサラダ。キャベツをアンチョビ味で炒めるのも良さそうだな。おお、今日も豪華なメニューである。
18日 昨日に続いて暖かい。事務所では久々に全員揃ったので、定例の半月打ち合わせ。皆して極めて多忙であるなぁ。私と云えば、そろそろ引継ぎ書類を整理しだす。帰宅して夕飯は、酒蒸した鶏胸をチーズ焼きにして、菜の花の辛子酢味噌、豌豆とシメジと牛肉の炒め物。

19日 夜半からの雨が路面を濡らしているが、通勤の時点では雨は上がっていた。東京駅まで出て新幹線に乗り換えて浜松。着いてみれば結構な雨、やはり傘が必要だったか。
動物病院の先生と楽しく意見交換、いろいろ教えていただき有り難い。戻って、駅ビルの上で遅めの昼飯は名物!浜松餃子。
f0057955_928435.jpg
この横に生ビールが置いてあった可能性は残る。

千葉に戻って、夜はNPOの会合と云う名の飲み会。
今年の作付け計画を検討し、理事会に提出することとした。しばらくぶりで、メンバーの境遇もいろいろ。会社を辞める決心をされた会長は、この一月に長年飼っていたペットに死なれたとか。副会長は春の畑が忙しくなってきたが、身内の入院などの面倒を見ているとの事。相変わらず忙しそうだ。私も、いよいよ定年の身となり、引っ越しもして人生の環境は大きく変化している。

20日 さあて今日も市内の動物病院をお訪ねして、先生からお話を聞く事にしている。事務所に戻れば、この3月で定年を迎える我々と、異動でこの事務所を去る社員の送別会が予定されている。今日も、我が家の夕食は担当出来ぬが、お許しください。
15日 日曜日は昼から上の息子が来ると云うので、昼食準備をしていたら、何とカミサンが髪を染めに行くのだとか。昼飯は男三人になってしまったではないの。
まだ時期には早いゴーヤをゲットしたので、今年初めてのゴーヤチャンプルーを作りて飯を食う。
f0057955_2124013.jpg
その後は、下の息子はどこぞに行くと言うし、上の息子も買い物があるとか帰る、では私もカミサンを迎えに行ったら自転車でさすらいの旅に出る事にした。ウヰスキーを買い、海辺で缶ビールを舐めつつ引き潮と日没を眺め、ノンビリして帰宅。
f0057955_2155018.jpg
金融で中国と手を組む英国のウヰスキーは避けて、バーボンはエバンウィリアムスを、ニッカとサントリーの競争の陰で頑張って欲しいキリンの富士山麓を買ってきたのだ。

16日 さあて月曜日。定例会議は昼までかかる。午後から雑用を片付けつつ、放課後は我ら退職組を祝って下さると云うので、のこのこと市内の居酒屋に出向いた。皆して陽性の酒飲みばかりで楽しかったな。
少々空酒気味なので、生ハム、鮭燻製、オリーブ塩漬けなどを買って帰宅して、家族でワインを空ける。

17日 昨夜は自転車を会社に置いてきたので、久し振りの電車通勤。朝からこの暖かさはどうした事だ。
雑用をこなしつつ、サプリメントの事業計画に一応のけりをつけた。帰路の自転車は、汗ばむほどの陽気だ。夕飯は、鶏腿肉の塩焼き、菜の花の柚子味噌、キノコと油揚げの味噌汁で、今日も酒が旨いのであった。
12日 盛岡の事務所で一日会議。窓の外を見れば太いつららが垂れ下がり、一日中雪が舞っていた。新幹線を早めて帰還。盛岡から東京まで2時間と少し、はやぶさ(乗ったのはこまちの車両だったけど)は早い。あっという間に東京駅だ。

13日 午前中は残務処理をあれこれして、午後からは経営会議。私の退職前にようやく部下を補佐職にする事が出来た。無理せず頑張ってもらいたい、後は課長に任せるよ。ああ、今週も終わってしまったな。来週の段取りをして帰宅する。

夕飯は、春菊と水菜に茹で卵とトマトの彩りで、レモン汁とオリーブオイルをかけ回したサラダ。届いた白菜と豚肉の重ね煮は白ワイン風味。鱈の剝き身と椎茸のバタ焼き。なかなか上手に出来た。
f0057955_228714.jpg
14日 さあて土曜日。昼まで自宅であれこれウダウダして、午後からは自転車ポタリング。ポツリポツリと雨が落ちてきたが、気にせず走る。ビールと食料を買い、戻る。
夕食は、仕込んでおいた鯛の塩麹を焼いて、ウルイを出汁で煮て卵でとじる。日本酒が旨いのである。

宇宙兄弟25巻を読む。ネットでアレコレ遊ぶ。
戦艦武蔵がフィリピン沖海底で発見されたそうな。武蔵は、大和級の戦艦の二隻目だが、家のものは知らぬようだ。当時の艦隊決戦を目的に建造された不沈艦、大和と同様の46cm3連装3基9門の主砲を有する巨大戦艦だ。大和と同じ船がもう一つあった事も今の日本人は知らぬ、歴史教育は間違っておるね。

日本サッカーの監督さんが決まったとか。ヴァヒド・ハリルホジッチ氏とかいうオジサンで、出身地はボスニア・ヘルツェゴビナ。政治と人種と宗教の坩堝から来た方であるなあ。日本の現状を見て、この方は何を感じるのだろう。サッカーなど正直どうでもよいが、社会の在り方については話を聞いてみたい。

クリミアの鳩山さん、相変わらず「とてもイイ人」である。常に目線が低く、そこに居る人間の立場で考える。結果として出来ない事を言い、理想論を述べてしまうのは政治家ではないのかもしれないが、イイ人なんだなぁと思う。その超越ぶりを「宇宙人」と呼ぶのはどうか。人類の良心、宇宙意志の使徒やも知れぬではないか。
朝から二子玉川の動物病院を訪ねて、試供品の反応を聞く。現場の先生の意見は、大層タメになるのである。戻って今度は、国際展示場で健康博覧会。サプリの開発担当としては、情報収集が必要である。

東京駅に来てみれば、東北それも秋田方面から戻る新幹線が遅れているので、私が乗るハヤブサも数分遅れ。しかし、何とかなって、盛岡で仲間との飲み会には間に合ってしまった。
f0057955_23584763.jpg
盛岡駅で降りれば雪だった。
明日はしっかりと打ち合わせをこなしたいもの也。