札幌の飲み屋で奥様とお嬢様が召しあがった柚子酒が旨そうであった。そー云えば、昔はよく奥多摩あきる野の中村酒造:千代鶴さんで柚子酒を買い求めていた事を思い出した。昔、私が堆肥発酵装置を納品したお客様が、近くにおられるのだ。
f0057955_910948.jpg
で、まずは会社まで自転車を飛ばし、昨夜置いてきたポルテ号に自転車を積み込んで戻り、カミサンと共にドライブしてきた訳なのだ。

京葉道路からスカイツリーを横目に見て首都高、新宿に分岐して中央道、八王子で降りて滝山街道。土曜日の昼間の高速道路は渋滞もなく、約1時間半のドライブであった。この時期しか置いてない「搾りたて吟醸」に「純米吟醸生酒」「特別純米」そして「柚子酒」を買い込んで、帰路には今度息子が住む事になりそうな曳舟駅周辺を冷やかしてきた。

我が家には野菜が沢山届いているので、今夜は鍋。いつもと違った味にしようと、昆布で出汁をとり白出汁でペースを作り、練り胡麻と豆板醤を加えてみたら、これがなかなか上手く行った。勿論、酒も旨かったのである。
23日 午前の定例会議、午後からは研究開発会議。盛り沢山の内容で、スケジュール感を持って製品化作業を進めて行かねば、と胆に銘じた。

24日 終日プロジェクト、休み時間等に雑用をこなしつつつ、

25日 残務整理と明日からの出張の準備など。

26日 早朝から車で成田空港。駐車場に預けて9時台のJetstarで新千歳空港。レンタカーを受け取って、部下を拾って、動物病院を訪問した。
終わればレンタカーを返して、遅めの昼飯はオホーツクのワカサギの揚げたのでビール。
f0057955_18426100.jpg
快速エアポートで札幌駅。ホテルに入って荷物を置いて、さあお客様とのお食事と思いきや、動物病院の先生から遅れるとの電話あり。急患が入って緊急手術なんだって。

お待ちしていますよ」とお答えしたのだが、その後にまた電話があり、今度はヘルニアの急患。今日は行けそうもないと仰るので、どうぞこちらは気にせずワンチャンを助けてあげて下さい」と返事して、では私は諦めてビールを買いに出た。

部屋に戻って、ビールを半分ほど飲んだところで、またもや電話で「何とか終わった」との事。おっ、そーですか、それではお待ちしています。さあ、それからが大変だった。店にアタリをつけ予約し、遅くまでやっている駐車場を探し、降り始めた雪の中で待つ。

お疲れの先生と奥様とお嬢様を案内して店に入ったのが9時15分、それから楽しく食事して飲んで、代行タクシーでお送りしたのが11時過ぎ。ホテルに戻り、ぬるくなった飲みかけビールをもったいないので飲んで、風呂に入れば次の日だった。我ながら今夜の対応は上手く出来た。流石に飲み屋の設定は手慣れたもので、何せ年季が入っているのである。

27日 あれこれしてからJetstarで成田に戻る。
機内はアジア人と白人の外国勢が半分以上いたようだ。白人は図体がでかく(人の事は言えないが)態度がルーズ、スキーやスノボを楽しんだオセアニア人らしい。アジア人は恐らく台湾人なのか、楽しそうにそして機内販売ではよくものを買う。この購買力は凄いな。

そう言えば、千歳に着いた時にも雪景色を見てはしゃいでNIKONやCANONの一眼でパシャパシャと電車の中で騒がしかったのも、この方々だ。空港も外国人であふれていたし、この円安で北海道にもかなりの観光マネーが落ちているのだろう。

さーて、事務所に戻って溜まったメールに対応して、終われば今度はNPOの理事会に呼ばれていた。飲み会を兼ねているのだが、総会に向けた資料の検討。
もう全然ダメである。呆れてしまって、ずけずけと言わせてもらい、事業計画の再検討を提案した。企業人からすれば信じられぬような企画力と行動力の無さである。なるほど、放っておけば成るように成るのだなあと嘆息。前途多難である。
私が見る限られたTV番組の一つ「男子ごはん」を見ていたら、本場台湾の食べ物が、特に小籠包が旨そうで、昼はこれを食べに行こう!とカミサンを誘ってJR一駅の海浜幕張。
f0057955_21573184.jpg
24階にある中華料理の店で、小籠包を含むランチにした。おっと、この写真には小籠包は写っていないな。まだ霞がかかっていたけれど、幕張から稲毛方面に向けての眺望が素晴らしかった。晴れていれば海がきれいに見えるのだろうな。
f0057955_2215698.jpg
その後は、雨の上がった中をお散歩して、足元マットなどの買い物をして帰宅。一度帰宅して荷物を置いたら、再び居酒屋で夕飯になった。幸せな休日が過ぎて行くのである。
18日 朝からの会議で製品採択2つを通してもらう。やれやれ、ようやくカタがついたか。包装資材やチラシの作業を急ぐ。
四月からの人事異動も始まって、慌ただしくなってきたな。定年後の身の上の内示を受けた。も少し頑張って仕事をさせていただこう。
f0057955_10391127.jpg
19日 久々の青空で昼間は温かだ。雑務の整理に邁進する。

20日 出張していた部下達も戻り、昼前にはコンプライアンス活動。午後からは担当分野の成績検討会だった。多彩な製品シーズが紹介され、これらをどうやって成果に結び付けていくのか、楽しく悩ましく聞いていた。

21日 土曜日は掃除と洗濯。決して温かくはないが気持ちの良い青空なので、カミサンと散歩がてらの買い物に行く。展示会に引っ掛かり、退職金をアテにしてカミサンのバッグやら宝飾品を買い求め、私のメガネの更新もする。思わぬ出費となってしまった。
夜は、鯖と玉葱とセロリの茎をトマトソース煮、ナメコと納豆と長芋の和え物など作る。

22日 日曜日は朝から肌寒く小雨。昨日お散歩しておいてよかったな。特に為すべき事も無し。本でも読んで我が家で過ごしていよう。
16日 午前中の定例会議、その後は会議資料を作り込むはずが、営業から新製品のチラシを急がれた。頼んでいた部下はこの一週間は出張を命じてしまったし、では私がやるしかないか。
なーに、私が作った方が早くて正確で良いものが出来るのだが、いつもは部下の育成を目的に、文句も少なめにして任せているだけなのだ。

猛然と作り込んで、周囲にも確認を求めつつ、そーらここまで作れば、もう出来たようなものだ。少しは部下の関わる余地も残しておこう。

17日 えらく寒い日で朝は雪がちらついた。昨日の続きのチラシづくり、いったん終わって今度は別の製品のリーフレット更新、部長職のやる仕事ではないが楽しいのも確かだ。一段落したところで市内に出て、今日はそのまま直帰させてもらった。
f0057955_21234285.jpg
5時には帰宅したので、今日は夕飯の支度を張り切った。買い物に行って値引きの品を買いまくり、まずは三割引きの浅蜊を酒蒸しとして茹でたウルイと千葉市内産胡瓜、彩りのカニカマで酢味噌和え。
f0057955_21271340.jpg
続いて、酒蒸しの汁に出汁を合わせて、千葉市産の大根と人参、高野豆腐を炊いて汁替わり。お勤め品のキャベツ(四半分で30円だって)を二つ買って、三割引きの牛肉と共にストウブ鍋でトマトソース煮。
f0057955_21293185.jpg
そうそう、ビールのアテに安売りしていた千葉市産のロマネスコを硬めに茹でてチーズ焼きも作った。
f0057955_2130673.jpg
今日は創作意欲が全開で、気分はハイであるなぁ。ノッテいる時はこんなものである。ビールの後は日本酒にして、風呂に入って寝てしまおう。
食器洗い機が、せっせと稼働している。
このところ気温の変化が大きい。
冷え込んで雪片がフワフワしたかと思えば昼間はぐっと暖かくなったり、それでも朝晩は気温が急降下して金曜日の夜などは冷たい風に吹かれて自転車での帰宅がえらく寒かった。今日は陽光も照りつけて暖かい。居間の窓を開け放しておける気温、机の上の温度計は20.6℃を示している。

会議だプロジェクトだとバタバタのうちに、もう二月は折り返しである。
個人的には確定申告の受付が明日から始まるので、源泉徴収票やら領収書を整理して準備を始めたところだ。あっという間に二月も過ぎるのだろうが、丁寧に過ごして参りたいもの也。

そうそう、システム手帳のカレンダー・予定表リフィルを買っていなかった。まだ売っているかしらん。自作する手もあるのだが、数百円で済むものを面倒だなぁ、どうしよう。
f0057955_11583951.jpg
14日 土曜日お決まりの掃除と洗濯、生命保険と札幌の貸家の管理費口座変更の手続き葉書を投函、銀行口座のメンテナンス。駅前で行きつけの酒屋の店長に呼びとめられて、頒布会の日本酒が入りました、では後で受け取りに。念願のお年玉年賀はがきの番号確認、大学時代の友人がくれた一枚で切手が当たった。今年はたった一枚とは寂しい。
f0057955_11585711.jpg
カミサンと食料品の買い出しに行き、夜は張りきってキャベツを千切りホイコーロー、フラクタルな野菜ロマネスコを米粒と共に牛乳で煮てオーブンで焼くティンバッロ。

13日 朝イチで部内打ち合わせ、いろいろ忙しくなってきた。雑用をこなしつつ、サプリの事業化概要の報告書作りに着手した。

12日 一日研究所の会議室を借りて、盛岡と結んだプロジェクトTV会議。終われば事務局打ち合わせ。引っ越して少し遠くなった研究所まで、自転車で片道1時間。楽しく行き帰りができた。
今の会社に入社した頃、昼休みになると職場を回遊していた生命保険のおばちゃん達がいた。誘われて加入して、その後のどこかで終身型に切り替えて現在に至る。その保険も、この4月末で期間満了となり、払い込みは終了だ。と同時に、死んだら1900万円の保証期間も満了だ。たしか数年前に、支払金額を縮めて保証金額も大幅に下がっていたのだが。

特に家庭を持ってからは、私が死んだら一時金は必要だろうと考え継続してきたが、定年間近となった今、息子二人も既に職についておりカミサンまで働いているのだから、生命保険の役目は無事終了。まあ保険会社には得をさせてしまったが、死ななかった事を喜ぶべきか。

通知によれば、満了後の選択肢が幾つかある。
このまま支払いを終え、後は死んだ時に206万円貰えるコース。
支払いを終え、5年間の年金(総額124万円)を受け取るコース。
解約して一括で157万円を受け取るコース。
そして小額の支払いを継続して、死んだ時の206万円に加えて医療保険の付加を続けるプランがあり、これも5年間の年金(若干増える)受け取りに変更する事が出来る。つまり五つの中からお選び下さいと云う訳だ。

死んで206万円が一番金額は多いが、私が受け取る事は出来ない。葬式代と云うところか。現ナマが欲しければ解約して157万円なのだが、今のところ金には困っていないので、まあ良かろう。5年の年金は金額が下がってしまって損した気分。医療保険なら、世の中いろいろ用意されているから、続ける意味を感じない。

少し悩んで、葬式代に決めたのだ。
カミサンよ、息子等よ、私が死んだら206万円!忘れるべからず。
9日の月曜日は、朝の定例会議でスタートして、午後は品質保証委員会。情報の共有化への温度差がある事が問題なのだ。徹底すべしだ。

10日は静岡から委託先の社長さんが来訪、楽しくいろいろ話す。午後からは販促品の稟議を起案して、決裁を得た契約書を送って、サプリメントの試作の連絡あれこれしているうちに定時を過ぎて帰宅した。No.2にプロジェクトのスケジュール報告、部下を評価していただいており有り難し。

さて、11日の今日はお休みである。朝の気温は低めだが、日中は温かくなるとかで、ビン・缶を出したら久々のポタリングに出かけたのだ。
f0057955_21333990.jpg
稲毛の浜に出てみた。風もなく、都心は霞がかかっている。海はベタ凪、波打ち際では水鳥がプカリプカリ、平和である。
f0057955_21374127.jpg
おや、この彫像はどうしたのだろう、修復が困難だったのかしらね。
f0057955_21383729.jpg
一度は千葉みなと側まで走って、再び折り返して幕張を過ぎて新習志野。再び折り返してイオンモールの手前に噴水を発見して入って見た。さくら広場と云うらしい。花見の時期には一日に5千人が訪れるそうだが、今日は私の一人占め。505本のソメイヨシノとは豪華であるね。あと1ヶ月と少し、また何度か来てみよう。
f0057955_21443576.jpg
真ん中にある噴水に近寄れば、虹がきれいだった。

買い物して一度帰宅して、明日は1日研究所で会議なので、届いているはずの新製品ラベルを社内確認にメール配信。今日送っておけば、一日ロスする事はない。

チコリを見つけたので、豆とスモークサーモンのサラダを載せる。グリーンピースに温泉卵を載せて温野菜。メインは鶏胸肉のトマトチーズ蒸し煮。今日の夕食は上手に出来ました。
7日 洗濯して掃除をしたら、息子は出かけて行った。さあてカミサンと久し振りに何処かに出かけよう。お魚が食べたいネと、館山道にあるハイウエイ・オアシスを目指した。

この建物は面白くて、一階が「道の駅富楽里(ふらり)とみやま」として一般道からアクセス、二階はハイウエイ・オアシスとして館山道からの引き込み線でアクセスできる。車を停める場所は行き来できないが、建物の中に入ればお客は自由に一階と二階を歩き回る事が出来る。

しかし、途中で事故渋滞もあって、高速道路で着いたのは1時前。駐車場は満車で入れない。まあ、こんな状態では岩井漁協直営の海鮮レストランも満員だろうと諦めた。
f0057955_17185229.jpg
そのまま館山道の終点まで走り、昼飯の場所を探せば「おさかな倶楽部」の看板が目に付いた。ここは富浦漁協直営の「浜の台所」がウリらしい
1時を過ぎているのに大盛況、しかし店は広くスタッフも多いので名前を書いて待つ事に決めた。
f0057955_1722770.jpg
30分ほどでテーブルに案内され、目移りするなかで選んだのは地魚刺身五点盛り定食。素晴らしかった。
f0057955_1724521.jpg
ちなみにエンザラとは太刀魚のように細長い形の深海魚で、一般には出回らないのだとか。店のおねーさんに教えてもらったが、柔らかで甘い脂の実に旨い魚だった。汁にはツミレがゴロゴロと入り、かき揚げはこれは多過ぎたね。食べたけど。時間も遅いからだろう、次から次から売り切れになっていくが、それだけ回転が良く新鮮なものを出すのだろう。
毎週通って、どしどし別メニューを試してみたい店だ。
f0057955_17423356.jpg
その後は、道の駅に戻って空いた店内で金目鯛などを買って昼の仇をとる。ぐるりと八街から佐倉に抜けて、旭鶴さんでにごり酒を買い求めて帰宅。金目鯛を塩振りして焼いて、うーむ堪えられません。酒が旨いね。

8日 上の息子が昼飯を食いにやってきた。和食のご指定だったので、カブと人参と高野豆腐を煮て、ホウレン草のお浸し、昨日仕入れてきた秋刀魚の味醂干しを焼いた。
f0057955_17431283.jpg
今夜のおかずは、男子ごはんで紹介されていた鶏肉のカツレツが良かろうと、買い物に行く。珍しく真鱈の子が売られていたので買い求めた。こんなに輪切りにして売るなんて、初めて見たな。北海道ではデンと丸ままなのだけれど、見慣れない都会の人はギョっとするのかも知れないな。コンニャクと煮つける北海道人のソウルフードが出来上がる予定である。
今日も起きれば寒い。
降圧剤も切れるし、確定申告の準備もせねばならぬし、会社では今日急いで為すべき事はない。月曜日からはまたスケジュールが埋まっているので、休みを取るなら今日だと決めた。
f0057955_19112535.jpg
朝飯の片付けを終えて、さあクリニック行こうとしたところで宅急便が届く。休みの効用であるなぁ。知り合いが送ってくれた北海道は根室の銘酒「北の勝」有難うございます。

自転車で出てクリニックで処方箋を貰い、これを薬に変えて、昼飯を食べて、買い物をして戻る。さあて早めに夕飯をこしらえ始めよう。
f0057955_1915565.jpg
旨そうな蕪が手に入ったので、軽く塩してチンして豆と合えてサラダ。緑のセルリと赤のパプリカ、塩味に生ハムを切って混ぜる。
f0057955_19165411.jpg
時間があるから、ストウブ鍋を取り出してきて、豚肉の表面を焼いてキャベツのざく切りの上に置いて40分ほど蒸し煮。肉は食べるときに小さく切って、トマトソースや柚子胡椒でいただく。アンチョビも旨いだろうな。
後は野菜の炒め物でも作ろうかしら。今夜は、ビールの後は赤ワインの趣向だな。