28日 休暇を取って、ようやく転居の案内を印刷し投函する。よく晴れた一日で、日差しは温かだが風は寒い。
午後からはカミサンの通院に付き合う。帰宅して夕飯にはカリフラワーの焼き物イタリアン、うーむ上手に出来たぞ。

29日 昼飯食わずにデータ作成に没頭して、モノレールで千葉駅。グリーン車を奢ってゆったりと遅い昼飯。横には缶ビールがあったかも知れないが、写真にはその証拠はない。
f0057955_7472898.jpg
東京駅から新幹線で静岡、乗り換えて藤枝の取引先で打ち合わせた。

駅近くのお魚居酒屋で一杯、社長就任おめでとうございます。業関は好調なれど、やはりいろいろ大変のようだ。駅前ホテルで宿泊、明日は列車内で仕事をしながらゆっくり戻り、事務所ではデータ解析を完了させねばな。
22日 朝イチで会議、議題多しで何とか昼前には終了。猛然と仕事して、放課後は病院へ。カミサンの退院は土曜日と決まった。

23日 仕事ハカドル。午後からコンサルの売り込み、しかしピントが合っていない。止せばいいのに当方から逆提案したりして、深入りし過ぎか。見舞いして戻り、今日は息子は遅い、一人で油揚げの煮物を食す。

24日 昼までやる事多し。午後からの研究会で4人目の講師として30分間喋らされる。その後の懇親会で盛り上がる。昔いた世界だが当方の部署が変わって暫くぶりのメンバー、懐かしい。今日は見舞いに行けず。

25日 9時前にポルテ号で出て有明病院。11時にはカミサンの退院となった。思い起こせばあの台風の日の6日からだから、ちょうど20日間入院していた事になる。札幌から届いたカボチャが傷み始めて、軽く煮てスライスして冷凍などするうちに、カミサンの友人二人が見舞いに来る。私はお茶をサービスしたら別室に避難していた。まあよく喋りが続くものである。
f0057955_14212493.jpg
夜は上の息子も来て、私の手料理で退院祝い。下の息子がモエシャンを買ってきて、奮発したものだ。

26日 さあ、家族が揃って日常が戻ってきた。食事して、洗濯して、引っ越ししたので各方面への住所変更。カミサンはまだ右手が利かないから、食事の用意と後始末は私。結構忙しい。この新たな日常に適応しなければならぬのだ。
19日 日曜日 札幌の実家で目覚めれば畑に霜が降りていた。昨日掘り起こした土の山からは湯気が上がっている。うーむ冷え込んだのだ。
降霜を気にした母が大根も抜けと言うので、全部収穫して、洗って、長葱と人参とともに新聞紙に包んで日陰の物置に仕舞う。冬季の保存食。

夕方に戻り、羽田からの帰り道にカミサンを見舞い、お土産は冷凍の蟹の棒肉。自然解凍で食べられますから、病院のお食事にプラスと云う事で。帰宅して、私は炒め物を作り、これも土産の石狩味(鮭肉の麹漬け)を豆腐に乗せて日本酒。

20日 朝から会議、終わって自部署の打ち合わせ、3時半からは情報誌の編集会議。終わって、さーて見舞いに駆け付ける筈が、立ち話が延々と続いて(有意義だったのだが)見舞いにはとうとう行きそびれた。
f0057955_18580122.jpg
札幌から持ち帰った最後の収穫のゴーヤでチャンプルーを作る。小振りだが苦く旨かった。

21日 ようやくに壊れていた洗面台の混合水栓を直しに来ると言うので、今日は遅刻しますと云い置いてきたのだが、業者さんが来てみたら部品が合わないとか。古くて既に合う規格が無いらしい。蛇口の後ろのポップアップ(洗面器の栓を操作する部分)が微妙に寸法が異なるのだと。
f0057955_18581098.jpg

後日出直してくると言うので、こちらは会社を抜けてきているのだから、直せるものなら今日のうちにと頼んだ。結局、ポップアップは諦めてゴム栓付きになったが、それでも終われば2時過ぎ。見舞いにも行かねばならぬので、今日はお休みにした。

お陰で早めにカミサンを見舞いに行き、戻って今夜は鶏胸肉のバジルソース焼きをこしらえよう。
毎日の料理が楽しみなのは幸いである。忙しいけど。

17日 小雨の千歳を出て札幌駅前でレンタカーを借りる。
円山公園駅で部下と合流して、宮の森の動物病院を訪ね、先生と奥様とサプリメント試供品の話をいろいろと。

姉妹品のアイデアをいただいて昼前に別件のある部下と別れて、私は本社に試供品を取りに行く。開発でお世話になった大学に、試供品を持って挨拶。再び市内の戻り、今度は駅前の商社で台湾向けの商談など。上手く取り掛かればよいが。

夕暮れ迫る5時前に、やはり開発でお世話になった親会社の方をノーアポで訪ねて、試供品をお渡ししていろいろ話す。よーし、今日の予定はすべてクリアだ。7時には実家に到着する事を得た。

18日 さあ畑仕事。きゅうり、インゲン、トマト、茄子を片付け、ゴーヤと朝顔のグリーンカーテンを撤去する。おお、温室にずいぶん光が入るようになった。
f0057955_20243689.jpg
f0057955_20250305.jpg
人参と長ネギを収穫したところで、道路から「おーいNさん」と呼ぶ声がする。何とumakusa先輩でありビックリ。しかもわざわざカミサンのお見舞いをお渡しくださり二度ビックリ。有り難い事でございました。先輩には8月にカミサンの実家のお宝各種を無理して貰っていただいたばかりであった。

午後からも畑仕事の続き。ズッキーニも処分して畑を整理、まだ小さい寒じめホウレン草にはトンネルをかけてみた。
f0057955_20253177.jpg
悪乗りして、これも生育途上のレタスに帽子をかぶせてみたが、まあこれは「無いよりは良かろう」と云ったところか。
f0057955_20254368.jpg
これにて本日の作業は終了。頼まれていた試供品を動物病院に届ける帰り道、母と某ファミレスに入って夕食。最近よく食べている野菜のゼリー寄せを母にも食べさせたかった。好評価を得た。
f0057955_20255885.jpg
400円だったかしら、お勧めです。

やや寝坊したが洗濯はしたぞ。息子よ、収穫を怠るべからず。
f0057955_2118114.jpg
プライベートのドタバタで、出張を伴う仕事はこのところ部下に投げていたのだが、やはり私が行かねばならぬ用向きも有る訳で、午後から重い腰を上げて出張に出た。
羽田空港への道すがらカミサンを見舞い、飛んできた千歳空港は小雨。気温はかなり低い、と云うか寒いね。
f0057955_21195821.jpg
明日に取引先を出来れば三つ訪ねたい。
そして、実家で畑の後始末をして日曜日には戻る予定なのである。

ああ、仕事が沢山あって、これは幸せなのであろう。増強なったチームの組織力が試されている。何とかするのである。
13日 台風が迫っているらしい。昼前に買い物に出れば雨に振られたが、その後は上がって、昨日同様に3時にはカミサンの見舞いに行く。
今日は上の息子の見舞いが遅くなるらしいので、暗くなる頃には次男と二人で帰宅して、夕飯は鶏のクリームシチューと小松菜の炒め物。

14日 心配された台風は夜のうちに関東を通過したらしい。朝には既に雨風共に止んで、陽光がまぶしい。着任した部下は早々に寝坊して、先輩一人での出張を強いたと言うから、噂通りの大人物であるなぁ。呆れた。

朝から会議、夕方は早めに事務所を出て不動産屋に行く。入居した新居の玄関の照明が灯らず、共用部分のスイッチが原因かと思えば、何と玄関内側の三路スイッチが何時・誰の仕業なのか普通のスイッチに交換されていて、これでは三路スイッチが働いていないのだとは、見てくれた業者の説明である。

共用部分の不具合でなければ、つまりはオーナーに請求すべきものであって、修理してもらった費用は私が立て替えておいた訳だ。
f0057955_23473335.jpg
その後に移動して、カミサンの見舞い。下の息子と合流して、駅前のイタ飯屋で再びビールで乾杯。烏賊のトマト煮と、チキンカツのトマトソース掛け、フレスカとか云ったかしら。少々塩辛いが旨かったな。今度自分でも作ってみよう。

15日 昼まで事務所で雑用。午後イチで打ち合わせ。私に数字を作らせておいて、断りもなくこれを営業に押し付けて、私を悪者にするのはやめて欲しい。あんた達、仕事をしてないんじゃあないの。まったく。

夕方には、再び新居の不具合で業者に来てもらう。お湯が出なくなり、見てもらえば、何と原因は洗濯機のところにある混合水栓の逆止弁の不具合とかで、お湯側に冷水が逆流していたせいであるとか。
じゃあ何かい、具合が悪かった数日は水道は出っぱなし、お湯は沸かしっぱなしだったという事なのかい?
f0057955_2359118.jpg
この家は入居早々トラブルが多過ぎる。人様に貸すのなら、何で確認しないかなあ。プロの不動産屋が付いているにもかかわらずである。

一々会社を抜けて立ち会わねばならない、私の身にもなってもらいたいもの也。プロ意識が欠けている。
しかし、まあこれは、この国でこの頃よく遭遇する現実であるかもしれないナ。我が振り直せと云うやつだな。お陰で比較的早めに夕食前のカミサンを見舞って帰宅して、今日は息子が遅いから一人で晩飯。
10日 朝から猛烈に仕事をして、午後に念願だった展示会に向かう。親会社の方々をはじめ、取引先を訪問して有意義な二時間。
ビッグサイトの近くにあるカミサンが入院中の病院を見舞って、6時からは部下二人の歓迎会だ。

7名の、こじんまりとした飲み会だったが、そこそこ成功裏に散会となる。
案外酒に弱いのだな、部下をタクシーで送りつつ帰宅。周囲は飲み助のオヤジばかりだが、若き可能性を発揮してもらいたいもの也。

11日 さあ土曜日。そろそろ引っ越しの総仕上げだ。寸法を測り、ホームセンターまで走って、必要なものを買いこんできた。ついでに昔の団地の駐車場の清算などして戻る。

午後からはカミサンの見舞い。上の息子と合流して戻り、私の手料理で三人でワインを三本空けたのは飲み過ぎであったナ。

12日 朝は卵かけご飯、上の息子を送って戻り、家の片付け。
f0057955_2049064.jpg
室内の物干しに「突っ張り棒」を取り付け、タンスの上に収納を充実。
f0057955_20491669.jpg
デッドスペースにも突っ張り棚を設置し、
f0057955_20492728.jpg
スチール棚を組み替えたりで、どうだ、随分と部屋が片付いたぞ。
f0057955_20493838.jpg
午後からは再びカミサンの見舞い。文庫本を沢山運んで行った。
昨日の肉料理ばかりの反省で、今日は和食で日本酒。鰆の味噌漬けが上手く焼き上がり、海老しんじょの汁物がそこそこ美味しく出来たのは幸せであった。私の料理の腕も馬鹿にしたものではない。
8日 カミサンの手術の日だった。がん研有明病院の隣にある国際展示場で、食品開発展が開催中。手術の待ち時間に展示会を覗こうなどと呑気に考えていたら、病院でPHSを持たされて「何かあったら呼びます」などと言われたものだから、結局早朝から夕方まで病院に缶詰めだった。

8時40分に手術室に入り、5時過ぎには主治医に呼ばれて説明を受けた。なかなか複雑な手術だったようだが、骨や皮膚の移植までは必要がなく、ほぼ予定通りの工程であった由。それにしても外科医の先生という方々の仕事は、精密な作業の長丁場で大変なものだ。
f0057955_22193360.jpg
術後のカミサンの様子も問題なさそうで、集まった息子等と駅近くのイタ飯屋でお疲れ様。泡で蓋をされたビールを飲み、3人でワインを一本空けて帰宅。

9日 我が部署に2人目の追加メンバーを加えてオリエンテーション。午後からは都心の商社で、米国展開の商談をするはずが、この期に及んで梯子を外すとは何事だ。まったく仕事の出来ない方であるなぁ。こんな相手にパックリ乗せられた我が社もバカである。そう言えば三社の秘密保持契約の稟議起案は私、既に決裁を貰った件が破談になりましたとは、言い難いが仕方がない。悪い話ほど早く上にあげるのは鉄則である。貧乏くじを引かされるとはこの事である。
f0057955_22252473.jpg
都内で仕事が終わったので、有明の病院にカミサンを見舞って帰る。既に自力で歩けていて、とりあえずは元気そうで一安心した。宅配の受け取りと夕食の支度があるので長居はしなかったが、息子等二人もその後に見舞ってくれたようである。まあ、母の一大事であるから、万難を排して駆け付けるのが吉である。
6日 朝から強雨、息子は早めに出たがあとで聞いた話では、電車が駅の度に時間調整で、職場には数分遅れたとか。上の息子は6時の時点で出社に及ばずの通達があったとか。カミサンは入院の日で、病院に向かうものの浦安で京葉線も運航停止となり、タクシーに乗り換えたとか。

私はと云えば、午後からカミサンと合流する必要があったから、入院荷物をポルテ号に積んで事務所に出る。朝礼と月曜定例会の後は先月の販売実績を抽出して解析してリリース。11時過ぎがピークだったのだろう、横殴りの雨と風で海辺に立つ我が社の建物も揺れていたようだ。

12時前、ふと外を見ると青空が見えて、台風の目だなどと言っているうちにそのまま晴れ上がってしまった。通過スピードはエラク早かったらしい。

昼飯を食う余裕もなく仕事を済ませて、有明の病院にポルテ号を走らせる。流石にここまで車で来た事はなかったが、湾岸線が混んでいなければ近いものだ。カミサンと共に主治医の説明を聞き、7時半には二人の息子も合流。何せ丈夫なカミサンの初入院である。3人でポルテ号で戻り、途中でトンカツ定食を食し、上の息子を原木に落として帰宅。草臥れてあまり酒が飲めなかった。

7日 当初は今日が入院予定日であったので、有給休暇を申請していた。まあやる事はいろいろあるので、そのまま休みにした訳だ。
f0057955_9353360.jpg
朝食を作り、息子におにぎりを持たせて、可燃ごみを出す。昨日の台風で痛めつけられたベランダのバジルの葉をもいで、今日の夜は鶏肉のバジルソースだな。

玄関に絵を飾り、宅急便でワインを受け取り、さあこれから、引っ越しで出た最後の粗大ゴミをポルテ号に積み込んで、クリニックで降圧剤を処方してもらい、薬局で薬を受け取り、新浜のリサイクルセンターに持って行き、会社でちょっと準備をしたら、ポルテ号を置いてカミサンの病院に行こう。

今日は早めに戻って、ちゃんとした食事を作り、ワインでも飲みたいところ也。台風一過の涼しげな一日を頑張ろう。
2日 楽しく自転車通勤。京葉線で一駅東京側に転居したので、自転車通勤の距離も伸びた。今度の通勤ルートは道路が広く直線が多い、飛ばせば20分ほど、巡航速度で25分で事務所に到着する。もう少し乗っていたいところだが、距離が伸びた事は嬉しい。

事務所では研究会の発表スライドを作り込む。課題山積だが、着任した課長の処理能力は素晴らしい。ガンガン前に進めそうで、我が部署の歯車が音を立てて回り始めた感がある。帰宅して素麺カボチャを茹でているところでカミサンが帰宅、料理はお任せします。

3日 事務所内引っ越しの書棚整理に時間を費やす。
取引先の社長が交代したので、お祝いのお花を手配する。交際費予算など無いので関係部署に要請するが、やはりというべきか冷たくあしらわれる。貴方にメールした私がバカでした。たった15,000円のために、予算外の甲稟議を起案をする手間がかかる。こちとら仕事をしているのだ、時間が惜しい、この事であった。上職の本部長に了解も貰うまでに要した時間は30分。まったく。

楽しく自転車通勤だが、この日は暑くて、帰宅したら汗ビッショリとなる。もう10月になったというのに日中に30℃とは勘弁してほしい。

4日 さあて土曜日。家の片付けだ。
そうそう、引っ越してきた部下が自転車屋に連れて行けと言うので、ポルテ号に乗せて自転車屋巡り。通勤ルート途上にある店が良かろう。今ノシているイオンバイクだった。
店のお兄ちゃんの信頼度は正直危ういが、まあチェーンに油とタイヤに空気だけは対処してくださいね。
f0057955_1942647.jpg
カミサンの入院が6日と決まったので、息子等を呼んで壮行会。カミサン頑張れ、どんな時にも前向きにね。いつものホテル地下の居酒屋の10月のメニューは「鮪」であった。角煮、刺身、焼きもの、そしてネギマ鍋のウドン付き。家に戻ってもなお酒を飲んで、私は轟沈。

5日 朝から雨の音がしている。最近流行りのゲリラ豪雨ではなく、ただ降り続くおとなしい雨である。こんな雨は久し振りかも知れないな。

台所にスチールラックを作り込んで整理整頓。うーむ素晴らしい出来であって、半日頑張った甲斐があったと言うべきである。大汗をかいた。