29日 朝から総会資料の準備をして、NPOの生ごみ処理に向かう。終わればそのまま移動して、総会案件について打ち合わせ。まだ総会を開催してもいないのに、議事録まで作ってくる爺様には参ったな。
古いスタイルである。今どきの企業は、都度その場で「会して、議して、決して」いますよ。そんな様子では最早先が知れたと云うものだ。頭悪いなぁ。

それでも、私が面倒を見切れないのは確かなので、引き継ぎ仕事を粛々と片付ける。まあ、これだけやったのだ、後は野となれの心境なり。

夕食のメインはシュウマイなれど、私が作ったサイドメニュー、キャベツを四半分に切ってストーヴ鍋に入れ、大蒜の擦りおろし、トマトピューレ、アンチョビペーストで味付けして、食べるときにはオリーブオイル。これは旨かった。また機会を見て作りたい。
f0057955_21141918.jpg
30日 昨日の続きをして昼。上の息子が来て、カミサンが蟹飯を炊く。ビフォアアフターの録画をみてから、イオンモールで北海道産のチーズを売っているとかで、息子を送りがてら行ってみる。大賑わいの店内で、北海道の各地から乳製品などが集められていた。
f0057955_2115522.jpg
お馴染の、新得共働学舎の「季節限定・さくら」「レラ・ヘ・ミンタル」などを嬉々として買い求める。
後者を赤ワインで、前者を白ワインでいただいて幸せになる。北海道のナチュラルチーズも幅広くなったな。先駆者に感謝すべきであろうと思う。ねぇ、宮嶋さん。あなたの功績です。
一週間ぶりに事務所に出れば、メールの山だった。
まずは一通り読んで、次は返事がすぐ出来るものに対処して、社内検討が必要なものには関係者とやり取りする。あれこれで、結局は終業時間が来ても全部片付ける事が出来なかった。まあ、そんなものだ。

周囲は異動する方々で騒がしい。4月の下旬まで業務が停滞しそうな予感、否!そんな事であってはならぬのだ!可及的速やかに仕事を回して行こう。こちとら現業だ、管理畑の都合ばかり聞いては居られない。
f0057955_23132711.jpg
帰宅すれば、団地の我が棟は、ようやく足場が撤去されつつある。長かったなぁ、半年かかったンじゃないの。工事業者の人手不足を、まさに身を持って体験させていただいた。

これで、窓が開けられず、洗濯物をベランダに干すタイミングを見計らう日々は、ようやく終わろうとしているのだ。鬱陶しい事、甚だしかった半年だったな。
朝は実家からスタート。レンタカーを返して新千歳空港で遅めの昼。
糖質を取らぬようにと、空港ビル3階の松尾ジンギスカンの店に初めて入ってみた。ビールは大目に見て下さい。
f0057955_22555114.jpg
臭いが付かぬよう、ビニール製の前掛けを頭からかぶり、コートや荷物にも覆いを用意してくれて、気がきくことだ。ラム肉が旨かったので、店の思惑に乗せられてお土産ジンギスカンを注文してしまった。5000円以上のお買い上げは送料が無料ですよ、皆さん。

4時に成田空港、買い物をして6時に帰宅。
昨日の蕎麦屋で見たグラビア誌に、鯛の刺身に煎り酒、熱湯にくぐらせた鮪の漬けが載っていて、今夜はこれをやって見たい。日本酒に昆布を入れ、梅干しを入れて煮切り、鰹節を入れて濾すと、煎り酒が出来上がる。大葉を添えた鯛の刺身が旨い。マグロは若いメジマグロだったからか、身の旨味が今一つ。
f0057955_238549.jpg
煎り酒の残渣が勿体ないので、水を足して牡蠣を煮てみた。カミサンの発案で、オリーブオイルに溶いた柚子胡椒をかけ回せば、これは素晴らしい。
f0057955_2310773.jpg
幸せになって風呂に入り、寝てしまうのである。
昨日は、よせばいいのにホテルに帰ってからも飲んだりして、ハッと起きれば朝7時。胃がもたれて朝飯を食わずに札幌駅まで戻る。
今日は移動日で、明日は休みにしている。今日のうちに若干の仕事をさせていただいて、会社には許してもらおう。

実家に向かい、母を乗せてススキノの飲食店まで。女学校時代の同級生との月イチの食事会に送って行ったわけである。その後はお世話になった方に会社からお花を贈るなどして、再び母を迎えて実家に戻る。

久し振りに、南郷通りの蕎麦屋「季のした」で、蕎麦を食う。

車ならではの、いろいろな雑用をこなして、母の友人の新築祝いにも付き合ったのだ。
今日は実家に泊り、明日はゆっくりと成田に戻る算段をしている。
NPOの年度〆を、そろそろ進めておこう。29日には総会資料の打ち合わせが待っている。
24日 札幌市内をレンタカーであちこち。大学で委託試験の報告書について打ち合わせ。今週末までに不足資料も含めてお送りください、宜しくお願いいたたします。その後は商品写真を撮るべく、テレビ塔の近所にある会社まで包装資材を届けに走る。早めに終わってJRで移動。千歳駅前のホテルに泊まって明日に備える。

25日 ホテルから同じく出張中の同僚とタクシーに乗り合わせて研究所へ。一日各部門の報告会議、その後は新札幌まで移動して、私を含めて出るものと、入ったものを肴に宴会となった。
f0057955_2344569.jpg
いただいた記念品が手首血圧計とは、これは如何なものか。確かに日々のデータの数値化は大切です。
f0057955_2344229.jpg
新札幌で見つけたオリーブの塩漬けを肴に、ホテルの自室で飲み直して就寝。
火曜日の会議が朝からなので、では前日のうちに北海道入りを考えたら、月曜日の午前中にも用事が出来てしまった。日曜日から入る事で飛行機を取ったら、今度は実家の母が土曜日に通院の予定があると云う。ではいっその事、金曜日は祝日だから午後に移動して、土曜日の昼前には実家に行きましょう。
実家に泊っている居る分には、宿泊費で会社に迷惑をかける事も無い。

22日の土曜日は,、実家に向かい、母を乗せて耳鼻科に行って、買い物をして戻り、昼飯もそこそこに歯医者に母を送って行く。車の中で待っているのが暇で、コンビニでマンガの本を買ってきた。初代ウルトラマンの世界観を引き継いで、ハヤタ隊員の息子がパワードスーツに身を包み、悪玉宇宙人に対抗するヒーローものマンガULTRAMAN。全四巻まで出ていて一気読み。これはなかなか面白い。
ユーチューブでは、ハヤタ隊員ご本人が推薦しておられる。マンガでも貫録増したハヤタ隊員やイデ隊員、ゼットン星人が味方?として登場するなど、往年のファンであるオヤジにも嬉しい作品だ。今もってゼットン星人とケムール人の区別がつかないナ。

23日の日曜日 さて今日はすることも無いので、午前中はテクテク歩いて山を降り、床屋まで行ってきた。
f0057955_1341497.jpg
雪は落ちてくるが暖かく、車道の雪は融けている。歩道はグズグズで歩き難い事甚だしい。実家の庭は、まだ厚い雪に埋もれていて、野生動物(猫だけど)が足跡を残すのみ。
f0057955_13412596.jpg
庭仕事は、まだまだ先の話だな。
20日 午前中は引き継ぎで終わってしまった。新しいテーマも貰い、やりたいのはヤマヤマなれど人手が増えぬでは無理は出来ない。私は手抜きを知っているが、若い部下はそうではない。まあ様子を見ながら、立場が変わったのは判っていますから、都度万全を期して参りましょう。

情報交換会があり、その後は昔の部下の送別会だったのだが、引き継ぎが入り、しかもちょうどこの日は我が息子の誕生日である。悪いが当方の都合を優先させていただいて、雨の中ケーキを受け取り、カミサンを迎えに行って家族で宴会。
f0057955_20224128.jpg
21日 四人揃って、上の息子の誕生日(昨日だけど)を祝い、ケーキを朝飯とする。面倒なので四捨五入して3本のローソクを頼んだ。1本で10歳、あと7~8年は3本のままだな。

昼前に自宅を出て、成田からジェットスターで千歳に降りる。新千歳空港は除雪中ですと脅かされたが、道央は荒れていない。ビールを飲みつつ車窓から夕暮れの雪景色を眺める。
f0057955_20351314.jpg
札幌駅から地下道を通り、大通りからは地上を歩いて、ススキノのホテルまできて泊まっている。14階の部屋からは観覧車が目の前に見えている。
f0057955_20385830.jpg

バイオマスおやじ 様

ウィキメディア財団にご寄付いただきありがとうございました。
私どもの寄付お願いのバナーを無視するのはとても簡単なことです。にもかかわらず、あなたがそうしなかったことを大変うれしく思います。ウィキペディアはこのようにして日々の請求書を支払っているのです―つまりあなたのような方々から頂いたお金で、私たちはこのサイトを無料で全世界の皆さんにご利用いただけるよう維持していけるのです。

みなさんは自分がウィキペディアに寄付するのは、ウィキペディアが役に立ったから、完璧でないにしても、みんなのために書かれていて信頼できるからだ、と言ってくれています。ウィキペディアは誰かが自己宣伝するのを助けたり、特定の価値観を押し付けたり、真実でないことを信じさせようとしたりするためのものではありません。私たちの目的は真実を伝えることであり、あなたがいるからこそそれが可能になるのです。このサイトに資金提供をしたという事実こそが、私たちの独立性を維持し、あなたが必要とし、欲しているものをウィキペディアが提供することを可能にし続けているのです。まさにあるべき姿です。

あなたには以下のことを知っておいていただきたく思います。あなたの寄付は単に、あなた自身へのサービス提供コストをカバーするだけのものではありません。平均的な寄付者は自身がウィキペディアを利用するためだけでなく、他の何百人もが利用するためにも支払ってくれているのです。あなたの寄付によって、例えば次のような人々がウィキペディアを利用し続けられるようになります。バンガロールにいてプログラミングを独学している野心的な女の子、ウィーンでパーキンソン病であると診断されたばかりの中年の主婦、1850年代の英国について調べている小説家、サンサルバドルでカール・セーガンのことがたった今わかった10歳の子ども、といった人々です。

こうした方々を代表して、そしてウィキペディアとその他の姉妹プロジェクトの5億人にもおよぶ読者に代わって、全人類の叡智の総和をすべての人々に利用可能にしようという、私たちの試みに加わっていただいたことを感謝いたします。あなたのご寄付が世界をよりよい場所にします。ありがとうございます。

ほとんどの人たちは、ウィキペディアが非営利で運営されているとは知りません。このメールをあなたのご友人にシェアして、寄付するようお薦めすることもご検討ください。そしてもしご興味があれば、ウィキペディアになにか新しい情報を追加することもお試しいただければと思います。例えば誤記や小さな間違いを見つけたら、それを直してみてください。何か足りないと思う部分があれば、追加してみてください。 始めるために役立つ資料は、[#edit こちら]にあります。 間違いを恐れないでください。編集を初めて行うときには当たり前のことです。もし間違えてしまったら、他のウィキペディアンが喜んで直してくれるでしょう。

心より感謝申し上げます。ご寄付は必ず誠実に使用させていただきます。
ありがとうございます,
スー

スー・ガードナー
最高責任者,
ウィキメディア財団
 - - - - - - - - - - - - - - -
高額所得者の私は、毎月1,000円の寄付金をウイキペディアに贈っている。適切な説明に満足し、ある時は不十分な記載に嘆息し、呆れるほど細かな拘り説明に呆れ、楽しみ、家でも会社でもウイキを使わぬ日はないからだ。皆さんにもご寄付をお勧めいたします。

18日 春一番だったと云う。物凄い風で、事務所のビルから見下ろす工事現場から土煙が巻き上がり、道路を黄土色に染めていた。一日を費やして引き継ぎ資料を作る。組織名が変わっても私の仕事は変わらないが、上司が替わり周辺が異動すれば引き継ぎ書は必要である。
自転車で帰るにはやや追い風で楽チンながら、口に砂が入り、帰宅してすぐ風呂にしたわけである。

19日 届いた委託試験結果を社内に配布、試作品を瓶詰めにして昼。午後からは追加になった引き継ぎ資料を増やして、サイト更新に時間を充てた。

目の前のアス君の独り言が止まらない。思考がダダ漏れで、きっとストレスが溜まっているのだろう。この間 癲癇発作を起こした時に、症状がよく似ている。周囲の我々オジサンが迷惑しているうちはイイのだが、頻繁に電話をかけて若い女性研究員を執拗に指導しているのは、そろそろマズいかもしれないな。

本人も生き辛かろうが、若い才能を潰されては溜まらない。何か手を打つべき時が近付いているのかもしれない。余計な事に口を出すのも、歳をとった者の責務であろうか。
16日の日曜日。NPOの会計を〆る準備をする。おおよそ月末までが見通せたので、未払い金を整理して、今年度の会計帳簿を証拠書類と照合した。うむ、これで明日は預金を下ろしてきて、費用弁済に備えよう。何とかゴールが見えてきたのは嬉しい。
f0057955_201632.jpg
行きつけの酒屋には頒布会の日本酒が届いていた。何故か二本ともラベルがおめでたい柄である。カミサンが真鱈の卵巣を買ってきて、蒟蒻と煮付けにしてくれて、旨いなぁ。酒も両方とも旨くて、何て幸せなんだ。

17日 昼前に神田で取引先との打ち合わせ。先日お世話になった現場の方々と直接話が出来たので、有難かった。
当方のお願いなので、費用は当方で負担させていただきますから、ご検討を宜しくお願いいたします。戻って昼過ぎに事務所を目指す。
f0057955_21162229.jpg
あれ、こんなところに海抜4mの表示。いつ取り付けられたものか。東京湾の最深部のこの場所では、たとえ外海に30m級の津波が発生しても、減衰して3m程度との事。まあ安心して良いと云う事なのか。油断は禁物で、高いところに逃げられるように、思考実験だけはしておこう。
準備してあった前回の議事録と事業報告書の案を印刷して、取り寄せてあった種馬鈴薯と野菜種子が嵩張るので、ポルテ号でスタート。作業の後は、総会資料作成の為の理事会を開催した。理事の立場と、このNPO総務の業務の移管は、ようやく先が見えてきた。
f0057955_218594.jpg
ホテルの喫茶の一角で理事会を終えて、帰ろうとしたところで呼び止められる。あと少しでロビーコンサートが始まりますと云う。既にリハーサル中のポロネーズが流れていたので、では聞かせていただきましょう。

荒井(松任谷)由美の3曲、ショパンの別れのワルツとノクターン、大学4年の御嬢さん達の演奏は初々しいね。私は既に彼女らとは5歳は離れた息子らを持つオジサンなのであるなぁ。既に貴方達のほぼ三倍を人間やってますよ。

次いで登場のポロネーズを弾く若者は大学院工学専攻の修士か、第3番に次いで第6番はやや走り過ぎたが、若きアシュケナージを見る思いだ。次なる若者は大学院理学専攻の修士で、何と!オリジナルの前奏曲とソナタだ。やや詰め込み過ぎで五月蝿いが、実に楽しそうに暗譜で鍵盤を奏でる。世の中には才長けて、努力する人がいるものだ。
最後は音大修士の御嬢さんで、これはもうセミプロの領域なのだろう。
一時間ほどを楽しませていただいた。

暫くぶりの生の音楽を聞き、幸せに帰宅して、NPOの年度〆作業に取り掛かった。明日まで費やせば、そこそこ作業は完成する見込みでいる。