<   2013年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

夜には雨が降ったらしい、朝から快晴、素晴らしき自転車日和だ。
いろいろ事務処理をして、昼前にはサンプル瓶を探しに自転車を飛ばしてLoftに行くが、無いなぁサンプル瓶。代用品も見つからず、昼休み時間には千葉みなと公園のベンチで、燦々と降り注ぐ太陽のもとでお弁当を食べて幸せになる。
f0057955_21225064.jpg
午後からは当チームの打ち合わせ、14時半には来客。昨日の類似品対策をしつつ、PL法対応をしつつ、定時に至る。

今日で5月も終わりだ。
あれもこれもとスケジュールが急かせるが、ここは落ち着いて丁寧に対処して参りたい。
朝から湿って風強く、天気予報では午後から雨と脅かされて、恐る恐る自転車通勤。

サンプルを送り、稟議書を見直していたら、取引先から電話がある。何と一年前に投入したサプリメントに、ライバル品が現れたと云う。価格も、容量も、給与量もまったく同じ、謳い文句から、製品説明まで真似されていて、ここまで追随されるとは光栄の至りだ。

しかし、微妙に齟齬もある。原料を辿って米国の会社のサイトを調べたりしながら、随分と時間を使ってしまった。対策会議が必要だな。油断も隙もないな、まったく、、、

稟議起案して、契約書に捺印して郵送して、実施契約見直しを打診して、片づけものをするうちに定時を迎えると思いきや、先週訪問したお客様から見積もり依頼があった。
有難うございます。今日のうちに見積書を作ってメールして、帰宅する。

雨が降らぬかとヒヤヒヤしていたが、昼にパラついたぐらいで夕方は曇天のまま、結局は雨は降らず。自転車で帰る事が出来た。いつも間にか湿度はますます上昇して、「帰宅したらシャワー」の時期になっている。
f0057955_20524244.jpg
さて、昼休みに近所に自転車で散歩に出れば、何やら海辺で工事をしている。
看板を見ると、なるほど水の下ではこんな作業をしているのだな。
f0057955_2059724.jpg
そのうちに、ここに船着き場が出来るらしい。それまで私は千葉にいられるのだろうか。完成を見られないような気がしている。
f0057955_2102613.jpg

帰宅時は雨が心配されたが、朝に自転車で出かける事ができれば、そーする主義である。昼過ぎには、予報通り窓ガラスを雨が濡らし始めた。

さあ今日は、稟議決裁を得て契約書に捺印して郵送し、販売店から要請のあった試供品を荷造りして発送し、試供品支出の稟議書を書き、先日の打ち合わせメモをまとめ、出張先にもらった宿題を問い合わせ、サンプルを小分けし、来週の関係先との打ち合わせ日程を決め、販促用ぬいぐるみの試作品が出来てきたので写真を撮って社内関係者にメールし、秘密保持契約の稟議起案をしたところで定時になった。机の上の書類も片付けて綴りつつ、ああいろいろな仕事をした。しかして、まだ終わらない。

6時前、ふと気がつけば窓ガラスに雨滴が見えない。
これはラッキー! 雨が上がっているうちに、また降りださぬうちに、帰宅するのが吉である。ポツリポツリと落ちてくる雨は気にならぬ。自転車で帰れる幸せ、この事であった。
昨日の夜に頑張った甲斐があって、今日の朝の来客対応を無事にこなす。
訪ねてきた親会社の担当課長氏は、昔の馬喰町事務所でお世話になった方の御子息であった。体も心も大きな方でした。あなたのお父様には大変お世話になったものです。と話しながら、私もこんな事を云う歳になったのかと自分に驚いていた。

出張精算をして、急ぎの連絡をして、出張報告を書き上げたところで5時を過ぎて、あっそうだ!クリニックに行って薬を貰わねばならなかった。15分ほど早めに退社して、処方箋を得て、調剤薬局で30日分の薬を手に入れた。

朝から曇天、夕方には湿度も増して、何やら梅雨の前触れのような天候である。
昼過ぎに息子と共に羽田空港着。昼飯を食べてから一時解散して、私は我が家に荷物を置きに戻ることにした。飛行機の中でも、空港連絡バスの中でも、PCを開いて明日の打ち合わせの資料を作る。

自転車で事務所に出て4時。先週の出張で頼まれていたサプリメントのサンプルを荷造りして送る。明日の打ち合わせ資料を、過去の引き継ぎ資料綴りや契約書、実績表などを見ながらとりあえず完成させる。A4版で3ページ、その他カラーコピー資料複数。明日の朝イチで、最近の販売実績グラフでも加えれば、これで準備は整うのだ。結局8時までかかってしまった。
f0057955_7245953.jpg
ほぼ一週間見なかった、ベランダのバケツに植えたズッキーニと鉢植えバジル。随分と大きくなって驚く。期待できそうだが、強い海風に注意しなければ。

おや、税務署から手紙が来ているぞ。確定申告に瑕疵があったか。あれ、明日で薬が切れるのだったか。出張前は、今日の午後にクリニックに行こうと決めていたのだった。出張の後始末もあり、バタバタの月末になりそうだ。
土曜日は旭川から戻り、札幌の実家の母と園芸センターでお買い物。ここまで来れば、ついでに西の里のカミサンの実家にも寄って、いろいろやる事がある。
手伝いに呼び寄せた息子も合流して、種を買い、苗を買い、準備万端と云いたいところだが、モロヘイヤの種が手に入らないのが残念である。

26日の日曜日は、札幌も農作業日和の良い天気。朝からカクタスの整えをして、次は息子と二人でゴーヤのグリーンカーテンの準備をする。去年はコンテナ三つで苗は六本。三年目の今年は、コンテナ五つで苗十本の豪華版となった。
f0057955_20362471.jpg
その後は、苗物を植え、豆を蒔き、この際だ大根も人参も、各種の葉物も全て蒔いてしまった。狭い庭だ、まだ明るいうちに全て終了となった。
f0057955_20425330.jpg
朝に定植したゴーヤは、もうツルが巻いていた。カクタスの花も美しく咲き、北海道名物「玄関フード」の中を飾っている。
f0057955_20553943.jpg
TVでは、千葉市長選で熊谷氏の開票前の再選を伝えている。
苫小牧の宿を早めにスタートして、始業時間の札幌市内の我が社の事務所。
忘れてきて送らせたETCカードを受け取って、営業所長に昨日の報告を電話して、試験委託した大学の偉い方にご無沙汰のお詫びと御礼に向かう。エビデンスが取れれば、この大学出身の獣医師ネットワークで広げて下さるとかで、大変に有難いことだ。

受け取ったETCカードを事務所に忘れる間抜け振り、も一度戻ってから、おもむろに旭川の動物病院を目指して移動する。
f0057955_201967.jpg
昼飯に立ち寄った岩見沢SAに、重量馬の像があった。
f0057955_2021374.jpg
どうやらFRPのハリボテであるらしく、「馬は壊れています?」の張り紙あり。遠目には、よくできているのだけれどなぁ。昔は、岩見沢にも「ばんえい競馬」があったンだよね。
f0057955_2015227.jpg
朝は雨がパラついた札幌だったが、岩見沢、美唄と上るうちに青空がまぶしいドライブ日和となり、旭川はポカリポカリと夏の雲が浮いて、日差しも強い。

さて、動物病院。16時からのアポなので旭川泊りにしたけれど、その後のメールで14:30に前倒し。これなら札幌に戻れたなァと思いつつ、まあいいや早めのホテル入り。この出張のまとめなどをする。帰ったら、やる事がたくさんある。
出張を固め打ちすると、後が大変なのだ。少しでもPCでまとめておこう。
苫小牧の宿から車で出て、市内の営業所で荷物を受け取って、ひたすら走って浦河まで。やはり3時間かかると遠いな、と思う。ここで自慢の桜並木は、残念ながら既に盛りが終わっていて、一週間前あたりが見頃だったらしかった。
f0057955_19232174.jpg
食べた浦河海鮮丼は、ご当地ツブの刺身がお約束である。
f0057955_19243220.jpg
取引先二社を訪ねて、苫小牧に戻ってきた。
日高は青空快晴だったが、朝夕の苫小牧は曇天で雨さえ落ちる。明日は肌寒い中を、札幌から旭川まで移動する予定である。
6時前に起床せねばバスに間に合わぬ。昨夜準備しておいたものを身につけて、家を出てバスに乗り電車に乗って、8時前には成田空港。閑散期を過ぎたかして、一万円から少し高くなったスカイマーク便で新千歳空港。狩野俊介シリーズ最新刊を読みふける。

午後イチで大学を訪ねて打ち合わせ、委託試験場所を見せてもらう。次いで研究支援部署に挨拶して、本社事務所に寄って報告。明日からの訪問先への土産を買おうと、きのとやさんに向かえば、工事中であった。
f0057955_2013533.jpg
今でこそ札幌農学校ミルククッキーや札幌スフレで知られるが、私が居た20年前の札幌では、美味しい近所の洋菓子屋さんだった時分の旗艦店であったはず。良い店が発展するのは嬉しいなぁ。7月末には完成するらしい。

明日に備えて苫小牧まで来て泊っている。朝が早かったし、いろいろと訪ねて回って移動して、少々消耗した。早く寝るのが吉であります。
f0057955_20175884.jpg

特許実施権の契約の見直し要請案をメールして、電話で追いかける。次いで秘密保持契約の締結について、パートナー企業から届いた要請を斟酌して文面を修正して、社内コンセンサスを取りつけ、相手先にも電話で打診してから、リーガルチェックにかける。

頼まれた荷物を作って送り、明日の出張の備えを始めるが、有難い事に新製品の売れ行き好調と製造委託先の日程順延が重なって、在庫が逼迫していることが判明して、社内連絡を取り相手先にも「或いはご迷惑をかけるかも知れません」メールと電話。何とか繋がりそうで一安心しつつ、出張の準備を再開して定時が過ぎた。

若い人達にはこの真似は出来ぬだろうと一人嘆息しつつ、どうしてここまで気付かず放置するかなぁと呆れつつ、社内の人事交代はもっと頻繁にするのが吉である。
いろいろな経験が人を育てる。人事の停滞こそが、企業の弱さを招くのだ。

明日は早朝から移動して札幌入り。そこそこ忙しい日程になってしまった。
神よ、私にビジネスホテルでの心静かな夜とビールを与え給え。