<   2012年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今年初めの自らの行動も世の中の出来事も、もはや忘却の彼方である。ブログを読み返してみると既に記憶の細部が飛び、途切れ、あやふやだ。歳を取るとはこうした事かと思うのだ。過去の日記を拾い読みしながら、今年の概要を書き記しておこう。
f0057955_12331047.jpg
1月 正月は札幌、すぐ千葉に戻るが、また帯広だ、今度は札幌だと往復していた。昨年末から太田忠司の本にハマり、手に入る文庫本はほぼ読んでしまった。

2月 新しい仕事のアウトラインを社内調整して報告したが、その気疲れもあって後半の一週間は風邪をひいて寝ていた。お陰で東直己のすすきの探偵などを読み進めた。

3月 新製品の立ち上げに忙しかった。シリーズ共にリーフレットとラベルを刷新して、大いに時間をとられたが、その甲斐あって小規模ながらよく売れてくれて有難かった。月の中頃に滑って転んでルイガノ号を壊し修理した。この後から愛機の調子が悪くなり、秋まで輪行が思わしくなかった。

4月 貸していた札幌のマンションが空き、しかして管理会社の兄ちゃんの気が利かず、内装工事の手配で苦労した。NPOの通常総会に向けて奮闘した。

5月 都内に勤める上の息子が独立して家を出た。中旬には母と叔母らを誘って日高から十勝にお花見旅行。桜の満開には間に合わず、しかし襟裳岬を回り、帯広で泊まり、楽しい三日間だった。後半には休日を絡めた長野の出張にカミサンを伴い、善光寺参りをしてきた。NPOの確定申告にまたもや奮闘した。

6月 息子が使っていた広い部屋を、今度は私が使わせてもらう事にして、机一式を引っ越した。思わぬ事で書斎が広がり、溜まる本の整理もできた。

7月 新しい仕事に就いて昨年夏から仕掛けていた新製品。いよいよ販売シーズンに至って、好調な売れ行きを示し安堵した。新製品そのものの力、勿論のこと営業努力もあろうが、意匠立案から広告宣伝に至る一連のプロセスが功奏したと自負している。4月の新製品の好調に続いて、この大型商品の成功に大いに気を良くした。落花生の栽培試験は忙しかったが、農家さんと仲良くなり楽しんだ。

8月 盆に帰省して、戻ればNPOの夏祭り出店だった。実家のゴーヤの緑のカーテンは、昨年の反省を生かしたが、もうひと頑張り。来年に期待である。

9月 札幌出張のついでに、母を誘って滝川まで鴨を買いに行ったりする。原因不明のルイガノ号の不調が続いた。取り組み規模が大きく、どうしても後回しとなっていた新分野の開拓にようやく手を付ける。

10月 久々に車で長距離出張、太平洋側から滋賀に入り、日本海側に抜けて富山から長野、山梨を抜けて戻った。東直己の畝原探偵シリーズを読み進んだ。

11月 前輪のベアリングを替え、ペダル部の鳴りもようやく解決して、ルイガノ号が復活した。ネットで取り寄せたグリップに取り換えて、ハンドルの位置調整をしたら、ぐっと走りやすくなった。鼻風邪をひいたら長引いた。月末には甥の結婚式で小樽に行った。

12月 ゼロハリのバッグパックを手に入れ喜んだ。札幌出張の折に入社以来の恩人で先輩と楽しく一献。選挙では安倍総裁率いる自民党が勝利した。私の仕事では、懸案の大仕事の構築を急ぎ、ようやく全体像が現れてきたところだ。

さて、後年この時期はどう評価されるのだろうか。安倍政権の誕生で、円安は進み(現在86円が目前だ)、株価は10,000台に持ち直し、そして海外の穀物高騰・原油高の波がいよいよ押し寄せるのだろう。首相は「原発ゼロは止めた」と言い始めた、自民党には原発は無くせるはずがない、当たり前の事だ。民主党の未熟のために、この好機を、この国はまたもや逆行させてしまうのだ。
f0057955_12432997.jpg
読書は、太田忠司、佐々木譲、東直己など、私には珍しく日本の作家の文庫本がずらりと充実した。音楽は、そうだ今年はCDを多分購入していないのではなかったか。もっぱら過去に買ってPCに取り込んだプログレ系を堪能し、ユーチューブで好きなアーティストのライヴ動画を漁っては、楽しませていただいた。良い時代になったものだと思う。映画は、劇場ではMIB3とテルマエロマエを観たのみ、DVDではSF系をいくつか、息子に買ってもらった鬼平犯科帳は随分と進んだ。

今年一年、このブログにお越しいただいた皆様、有難うございました。
迎える年が、皆さまにとって明るく楽しい年でありますように。
身を切る寒さの昨日とは違って、今日は朝から暖かい。車庫前から玄関前にかけて、せっせと車を寄せる場所を作った。降る雪は重たく、従って溶けやすい。
雪除けをしていると、服をびっしょりと濡らしてしまった。寒い日に降る粉雪だと、こうした事にはならないのですよ、内地の皆様。
f0057955_20184343.jpg
左からディオ様、 ザ・ワールド、 鏡餅、 空条承太郎、 スタープラチナ

昼過ぎに母のいる実家に移動、雪はそのまま雨になり、幹線道路は積もった雪が解けてバシャバシャ状態。道路脇の側溝が雪山の下であるから、解けた水は道路を川にして流れる。対向車線の水しぶきが盛大に降りかかる。

実家のある住宅地では、道路に踏み固まった雪が雨で緩んで、正体が無くグズグズだ。
タイヤが雪を噛んでいかない。スタックすれすれで、辛くも駐車場まで行きついた。
暴風雪の予報だったが、今のところ静かな夜を迎えている。
朝からこの家の大掃除。住んでいる息子は掃除などしない?し、たまに泊りに来る私は、思い立って掃除機をかける程度だから、まあ埃は溜まり、片付けるべきものは放置されている。取り掛かれば、これは時間がかかる。

年末の、と言うよりは今日の食料と基本的なもの、米や醤油などを買いに出る。車で向かった近所の食品スーパーは、買い物かごを載せるカートが出払うほどのお客で大盛況。

さあ、明日以降の天気予報を見れば、「前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東へ進み、30日から31日朝にかけて北海道付近を通過する見込みです。」との事。何やら暴風雪の予感。明日は早めに私の実家に移動して、買い物を済ませて戻り、おとなしくしているのが良さそうだ。

さて、ネットで遊んでいたら、たまたまその時にPCから流していた第二期ルネッサンスのマイケル・ダンフォードが、今年の11月20日に死去していたことを知った。68歳とか。
名曲 Ashes Are Burnning をFMで聞いてから、バンド名を探し求めて、同名の名盤アルバムに辿り着いた。Scheherazade And Other Stories、そしてNovellaなど楽しませてもらった。そして歌姫アニー・ハズラムを知り、YesのトリビュートアルバムやMike OldfieldのMoonlight Shadowのカバーで出会えた事を喜んだものだ。
f0057955_229977.jpg
私より10歳年上であったのだな。私の音楽の地平線を広げていただいて感謝しています。一ヶ月過ぎてしまいましたが、ご冥福をお祈りいたします。
27日 明日は有給休暇にしたので、今日が私の仕事納めの日。
大いに遅れてしまったが、大学への委託試験の見積もりをようやくまとめて依頼して、別途に進める安全性確認の委託試験の稟議を書く。雑誌に載っていた当社品種の記事を、社内掲示板に上げて周知する。イントラにUPしたチラシのデータが、ダウンロードすると化けるとの指摘があり、バタバタする。などしているうちに、今日もあっという間に陽が暮れた。
f0057955_20413835.jpg
夜はカミサンと今年の打ち上げ。海鮮で飲んで蕎麦で〆る。

28日 朝から忙しい。不燃ゴミを出して、家の掃除をして、引き落としに備えて銀行口座のメンテナンスに自転車を飛ばす。空いた一升瓶を酒屋に持ち込む。ベランダの植物に水をやる。新年のカレンダーを吊るして、うーむ支度ができた。

電車で成田に移動して、15時のスカイマーク機で千歳に着く。レンタカーに乗り換えて、買い物をしてカミサンの実家に到着、息子と共に夕飯を食べて飲んで、この時間である。
明日からもいろいろと忙しい年末年始に突入、慌ただしい年の暮れに居る。
今日は市内の研究所で一日会議。と言う事は、自転車で自宅から直行して、直帰できる訳で、これは楽しみにしていた。
雨の降る気配もない、しかし見事に冷え込んだ一日。片道45分の行程を楽しんだ。

ズボンの下に膝下から足首までを覆うレッグウォーマー、いつもの手袋、耳を隠す防寒ウォーマー、そしてウインドブレーカーのファスナーを首まで上げて、走る。バッグパックには愛用のノートPCと手帳と資料類、財布と自転車のフロント&テールライト。
f0057955_20111040.jpg
昼には近所のラーメン屋まで走って食べて温まり、少し時間がある、寒風の中ながら公園でしばしの休息。昼からの会議もいろいろな情報が飛び交って面白かった事だ。

司会者が要領よく、早めに終わって、まだ日暮れ前にスタート。しかし冬の陽は短い、帰宅すれば真っ暗の6時過ぎであった。近所の市場で、生鱈と地元産の蛤などを買い、吉乃川の新酒を買い、鍋の用意をしてカミサンを待ち構えた。
溜まった水が凍りついている、雪こそ降らぬが厳寒の千葉である。
11時まで事務所で仕事して、今日もますますカキンと寒い中を横須賀まで打ち合わせ。
東京湾をグルリと回るので、実に遠い。2時間かかるのだ。
行きは横浜で京急に乗り換えた。隣のホームから先発した電車がドレミファインバーター搭載で、うろりろり~り~が聞けて嬉しかった。帰路は上手い具合にやってきた品川行きの特別快速、終点まで乗って品川でJRに乗り換えてみたが、さあどちらが早かったでしょう。
f0057955_22152281.jpg
大学の先生から、いろいろお話を聞いてきた。何とか試験を委託できるように頑張りたいものです。「これっきり」にならぬよう、横須賀だけに、、、
23日 寝坊して息子より遅くに起床、朝飯はチョコレートケーキと紅茶也。
曇り空の寒い日なので外に出ず、机周りの片付けなどウダウダして、昼飯を過ぎたら帰る息子を駅まで送って行って、大山の赤ラベルを買って戻ってきた。

夜、大河ドラマ「平清盛」の最終話とのことで、酒の肴に観る。今年の正月に札幌の実家で第一話を観て以来であった。壇ノ浦の合戦で「天叢雲剣:あめのむらくものつるぎ」が沈んでいったが、私より歳の若い人で意味が判った人は少なかろうな、と余計な心配をした。
考証はそれでいいのだったかな???

24日 快晴だが、ますます寒いキーンと冷え切った一日だった。
夕方からNPOの理事会があるので、会計と議事録の整理をせっせと励んだ。
カミサンは頑張って年賀状を完成させた。

5時めがけて家を出て、生ごみ処理機のメンテナンス。一次処理物を取りだした。続いてホテルの地下の居酒屋で、ビールを飲みながら理事会。前回の議事録の承認と、総務からの報告事項。そのまま旬の鰤のミニコースで忘年会。お造り、柚庵焼き、しゃぶしゃぶ、鰤大根で、お腹いっぱい。

会長や私は兎も角、まだ小さな子供さんのいる副会長には、こんな日に飲み会は申し訳なかったと聞いてみれば、実はご親戚が亡くなられて朝から焼香に行きクリスマスイブどころではなかったそうな。それは大変でしたね。
多分これが今年最後の忘年会、何度やったかは忘れてしまった。
さあ、あと三日働けば、今年も終わってしまうのである。
冷たい雨が「みぞれ」になりそうな一日。まずは家の掃除をする。
いつもの掃除に加えて、年末だからな、燃えないゴミや電池などもまとめて、捨てる準備をする。不燃ゴミを出せるのは、今度は28日。札幌に向かう日の朝に出す事になる。
f0057955_23304186.jpg
今は亡き爺様が孫達に買ってくれた地球儀を、不燃ゴミとさせていただいた。
ロシアがUSSR:Union of Soviet Socialist Republicsと書いてある。息子達も巣立って今、捨てさせていただいたわけである。
f0057955_23305279.jpg
これは悩む、PC外付けのドライバー達。
5インチフロッピーディスクは、これはまず不要だろうな。スマートメディアはどうしよう。64メガバイトもの大容量で、中に残っていた数枚の写真は2004年のものだった。
f0057955_2331499.jpg
そうこうするうちに、外が騒がしい。氷雨の中を作業車が活躍している。
どうやら側溝の詰まりの清掃であるらしい。震災の液状化で噴き出したシルトが溜まっていて、雨水が流れないのだろう。この寒いのにご苦労様である。

昼過ぎから息子が来て、夜はお客も呼んでDVDで鬼平犯科帳の観賞会。食べて、飲んで、数本の鬼平を観る。昔の時代劇はイイなあ。役者が浮ついていない、この事であった。
寒い朝に自転車を飛ばして出勤、昨日に続き残務処理を粛々と進める。昼の握り飯を食べ終えて、まだ昼休みが30分以上残っている。曇り空の下、自転車で散歩に出た。
チョイ出だからと、手袋とレッグウォーマーを持たずに出て油断した。風が実に寒い。
f0057955_15525939.jpg
県立美術館では増村益城展。漆工芸で人間国宝、熊本出身とか。
ん? 熊本空港近くのインターチェンジの名前が益城だったな。あの辺の生まれの方なのだろうか。年末まで開催中である。
f0057955_1553137.jpg
ポートパークのレストランの外観に変化あり。ポルト・イタリアーナ、本格のイタリアンレストランになったのだな。ランチもディナーもあり、お値段も手頃。昔はよくある食堂だったはずで、お客は見かけなかったな。
まあ、駐車場は広いし、昼も夜もそこそこ人は来るし、周りにはウォーターフロントのマンションも増えたし、地近々新しく桟橋もできるらしいから、頑張って営業してください。

今夜はカミサンが忘年会で、私は近間の駅前に出来たという手打ち蕎麦屋で夕飯。
何なら蕎麦屋で一杯とも考えたが、店に入ってみればその気にならず、大せいろを手繰っただけで帰ってきた。蕎麦は太めでそこそこ旨い。店員が慣れていないのか、供給能力が低く、キビキビ動かずダルな印象。評価は保留だな。

ビールを買って帰宅して、トランスフォーマーのDVDを観ながらビールを飲む。そのうちカミサンが帰ってきて、何故かたまたま写ったTVの佐野元春の番組を見ながら、一緒にウヰスキーの水割りを飲み、遅くに就寝。
19日 寒い中を自転車通勤。ただひたすらに、こつこつと残務の整理。とっ散らかった細かな仕事が、ようやくゴールが見えてきた。愚直にただ粛々と取り組む。
帰路はポツリポツリと冷たい雨が落ちてきて、ますます寒い寒い。

20日 今日も快晴で、これまた昨日以上に朝から寒い。骨折して松葉杖通勤の友人を、車で一緒に帰ろうと誘ったので、今日はポルテ号で出勤。
f0057955_224356.jpg
事務所に集まったカレンダー達、私は既に我が家で使う数本をゲットした。一昔前よりは減ったと言えど、まだまだカレンダーや手帳を年末に配る取引先は多いのだ。

年賀状を数十枚、裏面と表の差出人は自宅のプリンタで印刷したが、宛名は名簿を見ながら自分で手書きした。さあ、漢字が書けない、もともと上手な字ではないが、何と言うべきか形が定まらない。そもそも、こんなに大量に字を書いたのは久し振りだな。日頃からキーボードばかり叩いているし、年々益々そうなっているのだ。と実感した事だ。