昼過ぎまでメールと格闘して、出張精算などして、とにかく机の上を片付ける。
昼からは市内の農家さんを訪ねるべく、自転車で出発。途中のコンビニでお茶を買い、通りかかった公園で弁当を開いて、昼休みをのんびり過ごす。

一軒目の後は研究農場を目指す。一月半前に播種した緑肥は、もうここまで大きくなっている。もうすぐ収穫して搬出し、ハウスで鋤き込みの予定である。
f0057955_21195272.jpg
同僚が乗って行ったダンプカーが帰ってきた。コンパネのあおりを付けて堆肥を積み込む。今日はなかなか良い出来の堆肥だ。すぐご近所のお客様に二回運んで、今日の仕事は終了だ。
f0057955_2122846.jpg
車を洗い、自転車で帰宅して8時。懸案も片付いたし、市内巡行もできたし、楽しい一日だった。シャワーで汗を流して、ビールが有難い。
先週と先々週の土日に仕事が入ってしまい、月末までに期限が迫ったNPO法人の確定申告がままならない。29日と30日は会社から有給休暇を取得して、対処することにした。

まずは国税を決めねば、県税と市税も進められない仕組みである。昨日のうちに、一番の難物の国税の計算に目途を付けた。夕方から天候が悪化して、雨と雷の天気になったが、明日は晴れるといいな。夜には余裕たっぷりにDVDで映画など見る。

明けて今日の午前中で国税の書類を完成させ、県税と市税を計算して、おもむろに自転車で家を出た。銀行で納税相当額を下ろす。続いて「ちば市民活力創造プラザ」(凄いネーミング)で、コーヒーなどをいただきながら捺印して書類を完成させて、控えのコピーをとる。ここで昼になったので、蕎麦を食べに走る。
f0057955_21292239.jpg
千葉東税務署で確定申告と納付、金28,080円也。
f0057955_21293679.jpg
続いて千葉県税事務所に行き確定申告と納付、金29,000円也。
f0057955_21294490.jpg
最後に千葉市中央区役所で確定申告と納付、金53,400円也。

続いて、これも懸案の法人登記変更の相談で法務局まで自転車を走らせる。改正NPO法で、代表者以外の理事は代表権喪失の手続きが必要なのである。申請方法の指導を受け、これは今日のものにはならぬが、せめて書類だけでも完成させておこうと自宅に戻り必死に作業する。

たかだか年間収入200万円弱だが、収益事業を開始したNPOの会計処理は、なかなか骨が折れることである。何せ年に一回だけなので、忘れてしまうのが鶏頭である。
しかし、自転車で市内を走り回り、楽しい一日でもあった。
f0057955_11412211.jpg明智光秀 正統を護った武将 井尻千男(いじりかずお) 海竜社 2,000円+税

BookWebで、井尻先生の新著アラームが鳴って暫し。読まねばならぬ本として買い置きてまた暫し。つい軽めの文庫本に手が伸びていたのだが、しかしようやく手に取れば実に面白い歴史読み物であった。

中世的権威に立ち向かった改革者「信長」と持ち上げて、三日天下に終わった逆賊として明智光秀を貶めるのが、その後400年に亘る風潮である。本能寺の変は、果たして刹那の謀反劇であったのか。

信長より六歳年長で、兵法・砲術・築城に明るく、しかし和歌や連歌を愛した教養人たる光秀。自ら仕え支えた主君が暴君・アナーキストと化して国体を危機に陥れようとする時、光秀は何を想ったのか。周囲はどう動いたのか。その後の幕府が、光秀を反逆者と云い続けるのは何故なのか。

後は読んでのお楽しみ。
歴史物など滅多に読まぬ私だが、武将達の真髄が生き生きとして蘇る感があり、結末は井尻先生の先の著作「男たちの数寄の魂」に繋がっている。前著と同様、いやそれ以上に、成程そうだったに違いない!と納得して読み終えた。
長野から上信越道で上越に抜ける。妙高高原に差しかかる頃、雨が降ってきた。
f0057955_9551617.jpg
直江津辺りの転換畑で大豆の種蒔き。雨は強まり、風も出て、雷まで鳴る最悪のコンディションだった。短靴を泥だらけにして、ズボンにも泥が跳ねる。確かに粘土質の、如何にも水捌けの悪そうな土質だ。小雨に変わったので、逆向き耕運の高畝立同時播種機をしばし見る。
f0057955_1185595.jpg
長野市内に戻って遅めの昼食をとる。

昨日はいろいろ楽しいセット物を注文したせいで、蕎麦の味が良く分からなかったのが気になっていたので、もう一度「かんだた」を訪ねてみた。

頼めば山葵も出してもらえた。普通の蕎麦と更科の蕎麦の相盛りを頼んだ。平日は大盛りは無料なのだそうで、800円也。

汁は十分に熟れた丁寧な造り、上手いが私にはもう少し尖っているのが良い。蕎麦は江戸蕎麦に比べればやや太めか。近くにあれば通いたい水準の店である。

それにしても長野市内には蕎麦屋が多い。手打ちの看板を呆れるほど見た。十割も、九一と云うのもあった。こんな密度はそうあるものではない。時間があれば、蕎麦屋巡りをしてみたい。

長野新幹線で戻り、最寄り駅でちょうど定時となったから直帰させてもらう。NPOの仕事が追いかけてきて、夜7時から機械のメンテに立ち会った。モーターの正転・逆転回路のマグネットスイッチの経年劣化であった。電気屋さんの電流計によれば、黒線の逆転の接点不良とのこと。部品代と取り付け工事の見積もりを出してもらうことにした。
明日は上越なので、今日は長野市まで来ておくことにした。
日曜日の夜に入っておればよいので、ではカミサンを誘って長野観光とした訳である。
早めに千葉を離れ、東京から長野新幹線に乗る。
f0057955_22575276.jpg
昼飯は、蕎麦屋「かんだた」にしようと決めていた。地図を頼りに探して歩いて、見つけた!本当に判りにくいところにあるが、すでに満員で待たされる盛況の様子。この奥に店の入り口がある。本当に判りにくい。
f0057955_22581626.jpg
蕎麦は少ないと書いてあったが、そうでもない。蕎麦は旨い。汁は私の好みではもう少し甘辛くて良い。山葵を付けぬのは何故なのだろうか。汁に溶かす客ばかりでもあるまいに。
f0057955_22583311.jpg
続いて、長野に来ればお約束の善光寺。若者のギャーギャーとうるさいのに閉口する。
オメーは成仏などしねーよ!と云いたくなる。池波先生御用達のお菓子「長野風月堂の玉だれ杏」を買い求めた。この菓子は、宿で夜食べるのが良いのだとか。
f0057955_22585363.jpg
権堂のアーケードを冷やかして、一度ホテルに戻り、再び出て映画MIB3など観て、閉店間際のイタ飯を食べて宿に戻る。
同僚と富里へ、取引先と話し、そしてお客様二軒を訪ねる。
落花生ナカテユタカの発芽が始まっている。マルチの土が盛り上がって、土が乾いた色をしていれば発芽している。土が濡れて黒いままだと、発芽が遅れているか、或いは種がダメなのか、だそうだ。流石にプロの目は凄いものだ。
我々が発芽率をカウントするには、少々早すぎたようだった。

戻って事務仕事をいろいろ、明日からの出張準備もする。
NPOの作業まで時間があるので、暖かな市内を自転車でブラブラしてみた。千葉にも寒川神社、厳島神社があるのだな。おや、市役所前のビルをドンガラガッシャンと壊している。
f0057955_2114288.jpg
NPOの作業、続いて定例理事会、来月の朝市の対応、法律改正で代表者の取り扱いが変わり法人登記変更が必要となったことなど話す。
f0057955_2117553.jpg
その後は、海辺に出てしばし海を眺めていた。海上に船が多数、皆働いているのだなぁ。おお、スカイツリーの左肩に夕日が浮かんでいるではないか。撮影ポイントを探して自転車を走らせているうちに、無情にも夕日は雲に隠れてしまい、茜色も冴えぬままに日暮てしまった。
朝イチで田町まで。お客様に1時間半ほど、乳酸菌とエコフィードの情報提供と協議。
頭の良い方々で、話が早い。お互いに良い仕事が出来ることを期待しています。

東京駅まで戻り、エキュートの北海道洋菓子店を覗いてみた。ここは、期間限定で北海道のいろいろなお店が出ていて、なかなか楽しませてくれる。札幌「きのとや」だったり、その後は小樽の「LeTAO」だったり。
で、今日はと云えば、北斗市(函館市の北西)の「ジョリ・クレール」だった。
f0057955_2222050.jpg
チーズ&チョコスフレと、新作スイーツ「ふ・わ・り」を買って帰り、カミサンとワインの後にデザートとした。無茶苦茶に美味しかった。

都内からの帰りに、皮膚科に行き、時間調整で床屋にも行き、事務所では猛然と仕事もした。明日も、明後日も仕事で埋まってしまった。来週こそは代休を取ろう。おそらくNPOの確定申告の作業に二日間は必要だと踏んでいるのである。
来週の会議の資料を作り込む。データベースから切り出して、表にして、グラフにして、販売部署ごとに解析する。見せられるほうは嫌だろうな。特に実績が伸びていない部署長からは、反発が予想されるのは致し方のない事也。仕事なので止むを得ない。
しかしこうして見ると、伸びているもの、停滞している箇所の理由が私の頭の中に浮かんでくるのは、日頃からそこそこの実態把握が出来ている訳であるなと自己満足。
f0057955_21362738.jpg
昼休みには、やや曇ってきたが程好い日和に、ポートパークまで自転車を走らせて昼飯と洒落てみた。カミサンが持たせてくれた炊き込みご飯のお握りに、コンビニでお茶を買うはずが、ゴーヤチャンプルーとデザートまで買い込んで、やたら豪華な昼飯にグレードアップしてしまった。
f0057955_21361555.jpg
残りの時間は、ボーっと海を眺めていた。あの船、何をする船、面白い形の船。

夜まで仕事して、自宅の最寄り駅前に自転車を置いて、駅二つのシネコンでカミサンと待ち合わせ。イタ飯を食べてワインを飲んで準備万端、テルマエ・ロマエの映画を観た。
映画館で映画を観るなど実に久し振り也。多分ラスト・サムライが最後であったろう。
金が無い。どんどん手持ちの金が無くなっていく。
息子の大学院の授業料の支払いに30万円弱、実家のボイラーの更新に40万円ほどが入用だった。そこに来て、札幌の自宅を貸していた店子さんが出て、月々の不動産収入が途絶えた。たまたま去年の確定申告で30数万円の追徴があり、これが家賃などを管理している口座から引き落としされたので、札幌市の固定資産税の引き落としに残金がショートしてしまった。

メインバンクから10万円を下ろして、固定資産税22,200円也を振込み、残りをこの口座に入れて当座の凌ぎにしたのだが、これから札幌の自宅の内装工事代金120万円余りの出費が待っている。6月に出るボーナスでもこの急激な出費は支えきれない。

管理職として出張してきた部下に飯を食わせたり、世話になった子会社の作業を引き継いだ部下に飲み代を持たせたり、このようなときに限って細かな出費が増える。
貧乏になってしまったので、帰宅時に買って帰るビールの質を落とそうかなどと考えなくもない今日この頃である。
ビールが無ければワインを飲むか。そう云えばモーゼル・リースリングの美味しいワインが沢山あったな。そうしよう、そうしよう。
朝から小雨が降っている。昼からは本降りになると天気予報が告げているから、自転車通勤は諦める。昼前から雨脚は強まり、昼休みの外出はYシャツでは寒くて後悔した。

出張の首尾を部下に引き継ぎ、メールに対処しているうちにすぐに定時を過ぎる。この1月からの試験の思惑が外れたようで気落ちしつつ、まあ新規案件のすべてが当たるはずもないかと一人苦笑する。当たりが多いだけ、まだマシなのであろう、と思う。が、外れに至った要素は、役目柄キッチリと押さえておかねばならないな、とも思う。

帰宅時に、この間の飲み会でいいだけ絡まれた同僚に「たまには飲みに行こう」と誘われて、こちらが焦る。覚えていないのは貴方には幸いなことだ。が、酒癖が悪い人、酒に飲まれる人は、周囲が遠ざかることがなぜ判らぬかなあ。若いうちは許されようが、、、自分の酒癖を知っても自重出来ぬのがこの類の人だ。

帰宅して、久し振りの我が机の前に座り、周囲のとっ散らかりに対処する。
札幌の賃貸しているマンションの総会議事録やら今回の内装工事見積もりやら、NPOの書類やら確定申告準備やらを、分野別に整理して、捨て、綴り、ようやく周辺が整理されてきた。明日こそは、マンション関係の入出金に充てている銀行口座のメンテナンスをして来ねばならぬ。晴れて、自転車で市内の銀行に行けることを期待している。