<   2012年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

午前中の仕事は、流石はプロのデザイン会社の仕事で、皆が納得する仕上がり。
その後の打ち合わせもサクサク進めたが、午後からの作業に必要な資材が今日のうちに届かない事が判明したので、では私はこれで帰らせていただきます。
f0057955_22152219.jpg
早めに札幌駅で息子と落ち合って、しかしPCやら荷物を実家に置いてあったから、そして私は鍵を持っていないから、結局は今日のところは実家に泊り、明日朝早くに出る事にしよう。

市内で夕飯を食べながら、執拗に携帯電話で追いかけてくる方々を適当にあしらいつつ、皆ンな携帯中毒だなあと思う。

そんなこと、電話で今話さなくたってなとかなるでしょ。自分だけ仕事をしているフリして、結局考えていないし配慮が出来ていない。
馬鹿じゃあないの。いい年をして。

南郷7丁目の蕎麦屋で見つけた春。
またもや雪が降りしきる中、早めに実家に戻って息子と飲み直している。
関東圏に比べて決して便利ではない札幌圏を、いろいろあちこち移動した一日。
まずは南区の実家から、バスで真駒内駅で地下鉄に乗り換えて、札幌駅から上野幌までJR。歩いて会社事務所まで行って、昼イチの打ち合わせ。
日中はやや暖かだったが、夕方になれば今日もカキンと冷えてきて、行き交う電車に凍りついた雪も溶ける暇がない。
f0057955_0144188.jpg
f0057955_0145680.jpg
こんな電車が札幌駅で停車しているうちに、氷の塊を落とすものだから、札幌駅のホームの線路は氷がゴロゴロしている。私も昔は当たり前に見ていたのだろうが、今見ると何か新鮮だ。
f0057955_0164342.jpg
終われば、上野幌から白石駅で乗り換えて野幌まで移動。次なる打ち合わせに臨む。
夕方に仕事を終えて、再び札幌駅まで戻って息子と合流。
今度は札幌駅からススキノまで地下鉄に乗って、JAZZの店を覗いてみた。
f0057955_018345.jpg
狸小路の5丁目のビルの地下一階にある。
f0057955_0182691.jpg
何やら今日は、新年のジャムセッションに出くわしてしまったようで、お客は恐らく常連の方々ばかり。予約も無しに、一番隅の席に案内されて聞いていたが、狭い店なので少々居心地が悪かった。
f0057955_0184786.jpg
数曲を聞いて、オバちゃんシンガーが二人唄っての中休み。プレーヤーもどんどん入れ替わり、その方々が座る場所もないようなので、招かれざる客としては合間に抜けてきた。

ちょうど席がドラムセットの真ん前で、手を伸ばせばハイハットに届く距離。若いドラマーは、なるほどテクがあって強く早くメリハリ良いけれど、ピアノやキーボードと目配せしながら心配りでまとめ上げる年配ドラマーのブラッシュワークを、まさに目前で楽しませてもらった。
朝飯を食べて、玄関前の除雪をする。お隣のお父さんによれば、今日は頼んでいる業者が排雪に来るのだそうで、玄関まで道を空けておけば良いとか。大雪警報の次の日は、流石に雪が多い。
f0057955_1757454.jpg
除雪をしたら近所まで買い物に歩く。ここ数日間の食料を買い込んで戻る。
息子に昼飯を食わせたら、私は息子の晩飯のシチューを作り始める。一緒に婆様の家に連れて行って、息子の風邪を婆様にうつしては一大事だから、息子はこの家に置いて行くことにした。
ホウレン草のソティもたっぷり作っておいたから、チンして食べるのだよ。
f0057955_1814937.jpg
ズシンと鈍い音を響かせて、屋根から雪が落ち始めた。私が使っているPCルームも窓まで雪に埋もれてきたが、もうこれ以上高くなる事はあるまい。ファンヒーターの吹き出し口が埋まる事だけは避けねばならぬので、気にかけておこう。
f0057955_1810875.jpg
バスで札幌駅まで出た。中心部はまた雪が強まってきて、札幌駅では向こうの大丸デパートが霞んで見えるほどの降り様だ。地下鉄に乗り換えて、降りた真駒内駅は積雪も少ない。昨日の大雪は、南区では降らなかったのだとか。札幌でも藻岩山を回ると天気が違うのはよくある事だ。

息子よ、早く風邪を直して、明日の夜は市内で美味しいものを食べてカラオケに行こうぞよ。
昨夜から用意していた、千葉東税務署と千葉市市民税徴収班への税金関係提出書類。
朝飯後にバタバタ作って、仲間に源泉徴収票を渡しがてらに、NPOの生ごみ処理に出掛ける。
戻って、作成書類を封筒に入れ、行ってきますと家を出て、投函して、昼過ぎの空港バスに乗る。
羽田空港に着いたら昼飯にして、15時の飛行機を一時間早めて、ここまでは上首尾だったのだ。
f0057955_16173849.jpg
何と、乗った飛行機から降ろされてしまった。千歳空港が雪で欠航になってしまった。
一時は「今日はもう飛ばない」とか言っていたが、そのうち予約が出来るようになった。で、16時発に変更したら、天候調査で二時間遅れとなった。

と云う訳で、ラウンジでビールなど飲みつつ時間をつぶしている。本当に飛ぶのだろうか、今日のうちに札幌に入れるのだろうか。
鉄道に切り替えた方が良かったかしら。寝台特急なども悪くはなかったな、などと考えた。
まあ、こーなっては酒を舐めながら待っているしかないのである。
ビールをお代りして、次はウイスキーにしようかしら。飲み過ぎ注意である。
26日 少々無理をして休んだので、仕事は大変だった。朝、事務所に出て、メールの山に一時は戦意喪失したが、そこは30年も仕事をしてきた身であるから、なに 向かう意気込みが大切なのだ。
大局からの捌きと手抜きの技を駆使して、えいやぁと対処する。

昼前には都内で打ち合わせに出掛ける。戻って3時から来客対応。車で外出していたカミサンに迎えに来てもらって、それでも8時前には自宅で鬼平を見ていた。

27日 今日は自転車出勤。今日も冷えている。
朝から契約書4通をまとめ上げて稟議起案。我ながら、準備万端のウルトラCだ。
続いて展示会の提案などしながら、昼は篠原氏の後援会の会費と僅かながらの個人献金を郵便局に振り込に行く。篠原先生、相変わらずブレずに正論を吐いておられる。この方の後援会には入っても、民主党のサポーターになる気はない。

午後からは、あたふたと出張準備。何とか成し終えて、来週からの出張の用意が出来た。
明日から私は、厳寒の札幌に移動する事になる。
今日は有給休暇。昼前に自転車で家を出る。まだ雲が多い空。
銀行を二つハシゴして引き落としに備える。先月の京都行きの費用などの支払いがある。
しばらくぶりに市の中心部にある別な銀行にも足を伸ばして、記帳しておこうと思い立つ。この口座では、札幌の自宅の税金やら賃貸の入金を管理しているのだ。
f0057955_2023432.jpg
通りかかった稲毛海岸一丁目。ようやく震災の復旧工事が始まった。縁石が軒並み歪み、倒れ、歩道は凸凹、照明も傾いだまま、シルトも噴き出したままだったが、元通りになると嬉しいね。
f0057955_20265866.jpg
実に久しぶりに、この蕎麦屋に入った。蕎麦は旨いのだが、つゆが薄くてシャバシャバなのは相変わらず。それでも人気店で昼時だ、どんどんお客が入ってくる。

千葉駅前通りの信託銀行、今度4月にはお隣と大合併するらしいが、半年ぶりに記帳した。これで今日の外の仕事は終わり。別ルートで自転車を飛ばして戻る。f0057955_20313610.jpg

道すがら、切り株に白色腐朽菌?の活動を見かけた。
落ち葉をも取り込む生育の早さであるらしい。ややプヨプヨと柔らかい。

寒気にも拘わらず、ここ数日の雨がもたらしたものか。我々人間は寒さで震えていたのに、頑張っておったのだ。

我が家に戻れば、溜まりに溜まった一升瓶を紙袋に詰め込んで、行きつけの酒屋に持って行く。
中身の入った瓶を買い、夕食の材料を買い込んで戻る。さあ、念願の机周りの片付けをする。
カテゴリ別に分けて綴って、かなりさっぱりしてところで6時、夕飯を作り始める。

今日の私作の夕食は、納豆と大和芋とナメコと大葉の切ったののネバネバのグルグル、スズキと大エビのバタ焼き、寒シジミの味噌汁。酒も美味しい、幸せな夕餉であった。日中は携帯電話で幾つも仕事が追いかけてきて、明日の段取りはもう出来てしまったと言うものだ。
いやぁ、なんちゅーんですかね。仕事がスパスパと片付いてしまう。
新製品の立案も経営の了解が得られて、採択資料の原案まで出来てしまったし、懸案の気の重かった打ち合わせも、難なく日程が決まりつつある。一気に先の見通しが晴れてきた感あり。
僕って仕事が出来るンだなぁ。ガンガン資料を作り込んで、週半ばの到達目標を今日のうちに終わらせてしまったじゃあないの。勢いで明日は有給休暇にした。
f0057955_9562224.jpg
気分は、ちょうど今日の空のようだ。ここ数日曇天が続いて気が重かったが、今日は久々に青空を見た。快晴ではないが空が青いのは良い事だ。f0057955_9564063.jpg

昼休みに自転車でポートパークまで。
青空ながら気温が低いので、昨晩に降った雪が溶けずに残っている。

自転車通勤だったので気がつかなかったが、交通機関は雪の影響で大きく乱れたようだった。確かに朝の道路には、所々に氷が張っていたっけな。
経営への報告が気になって早起きする。曇天の下、自転車を飛ばして早めに事務所に出る。
報告は、しかし案ずるより何とやらで上首尾だった。さあ忙しくなって、かねて用意の予算外稟議を二つ起案して、根回ししつつ回覧する。これで午前中は終了だ。
f0057955_2153272.jpg
カミサン作のお握りを食べて、あと40分あるから、寒い中だが千葉みなと公園まで愛車を飛ばして、ぐるぐる回って暖まる。雨がポツリポツリと落ちてきた。

午後からは新製品採択資料を作り込む。
あっという間に定時になって、見れば外は路面が濡れている。小雨の部類だ、背広の上にウインドブレーカーの上だけを持ってきていたので、これだけを羽織って帰路についた。頭と顔とズボンと手袋が濡れて帰宅したが、雨の巡行もそれなりに楽しいもの也。今月末と来月上旬のスケジュールも見えてきて、何とか前に進めそうな気になってきた。

天気予報では、夜は雪になるとか言いながら、窓の外は雨さえ止んでいる。いや、雷が鳴って、おお本当に雪が降ってきたぞ。明日の朝も自転車に乗れるといいね。
寒い、暗い、湿っている、でもって引き籠る。

朝飯を食べて、宿願のNPOの会報9号の作成に取り掛かる。ノロノロと作業する。

昼飯を食べて、しばらくして何とか会報のPDFが出来上がる。今日の私の心を映すかのように、ノリが悪くて読後感が重くて暗い。

何をするでもなく、ウダウダ過ごす。

夕飯を食べて、酒を飲みながらネットでニコニコ動画などを見てタラタラ過ごす。
とうとう今日は、一歩も家の外に出なかった。

明日は経営に報告してから、いろいろ仕事があるなぁと考えながら、一週間のスケジュールを確定せねばと思いを巡らしながら、取り組む意欲を掻き集められない。彼と彼と彼と彼に会って、方向性のすり合わせをしなければならないが、気が乗らない、ああ気が重い。

NPOの給与支払明細書を千葉市に提出せねばならない。源泉徴収の法定調書を千葉東税務署に提出せねばならない。これらもこの一週間でけりをつけねばな。

明日の朝は、どうやら自転車に乗れそうだ。体を動かすに限るのだ。暖かくして行こう。
20日 朝から雨で、自転車通勤を諦める。
前日の会議のまとめやら、来週早々の経営への報告やらで、煮詰った一日だった。
このところ忙しくて、出張精算もままならなかったから、まずこれから手をつける。続いて報告資料の最終校正、貯まったメールに対処しているうちに、あっという間に昼になり、定時になる。

夕方からは社員親睦会の新旧幹事の引き継ぎと、その後の懇親会。6時には事務所を出た。
昼にはみぞれが降っていたらしい、心底冷える千葉である。宴会は飲み放題だったが、何故かよそよそしいままにお開きになったのは、私の気のせいだったか。ノリが今ひとつの感ある。

帰宅してカミサンとDVDを見るうちに、体調不良を感じて途中で寝てしまう。布団の中ではブルブル震えていて、宴会で向かいに座った同僚の「風邪が治ったばかり」との言葉を反芻する。ウイルスの放出はどうやら収まっていなかったらしい。アルコール消毒が足りなかったと反省。

21日 危機を感じた早めの就寝が良かったようで何とか普通通りに起床できた。体が硬い、首の辺りが凝っている気がするが、エイ!自らに鞭打って着込んで自転車でNPOの作業に向かう。
f0057955_20481190.jpg
ここ数週間、生ごみ処理機の調子が悪く、排気の不具合を疑って分解してみたら案の定。排気ルートは、埃と増殖したカビで詰まっていた。
f0057955_20482947.jpg
一時間ほどかかって、きれいに清掃して部品を洗って組みつける。その後は、奇数隔月の第三土曜日に開催のNPO理事会で、年度末に向けての打ち合わせなどして、小雨降る中を自転車を飛ばして帰宅した。
f0057955_20484359.jpg
昼はカミサンと息子も誘って、いつもは食わぬ暖かい蕎麦にした。私は卵とじ蕎麦、ここの蕎麦屋の汁は関東ではおきて破りの薄い色で驚かせるが、出しが良く取ってあり旨い。体が温まった。

その後は滅多に乗らぬ車に乗って、台所用品などのお買い物。夜は、この寒い日に家族が揃うのだと、鍋になった。燗した酒が沁みわたる。
明日もまた寒く小雨が続くらしい、冬も盛りの千葉である。