<   2011年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

実に四ヶ月ぶりにパークゴルフに行った。ここのところ土日はバタバタしていたり、自転車でポタリングだったりで、6月からとんと御無沙汰だったのだ。

f0057955_19174823.jpgいつもの酒々井に向かうが、団体が二つ入ってコースは人で一杯だ。昨日も今日も、そして明日も大盛況とか。今まさにスポーツの秋なのだ。個々のプレーでワイワイやれるのが、パークゴルフの良いところ。

それではと、カミサンには初めてのタケエイ大木戸に車を走らせてみた。

起伏に富んだコースレイアウト、池がらみのホールが連続するなど、なかなか楽しめて、しかしそのうち小雨が強まったので引き上げてきた。久し振りのプレーを楽しんだ事だ。

さて、北海道から宅配便が続いていて有難い。甥っ子からは塩鮭、大学の後輩氏からはジャガイモ、母からはジャガイモ+玉葱+カボチャ、さっそく毎日の食卓に載せて楽しんでいる。
今日はやや暖かな札幌。最寄の駅から新千歳空港を目指した。
紅葉の時期を迎えて、市民は秋を惜しみつつパークゴルフに興じている。雪虫が飛び交い、もうすぐ雪を迎える北国の晩秋の光景である。
f0057955_2142036.jpg
千歳から羽田。暖かい。夕方に自宅に戻り、夕飯間際まで昼寝する。
ボーイング787の遊覧飛行に当選した息子が、成田から帰ってきた。ネットで応募して「繰り上げ当選」したと言う。昔から籤運の強い奴なのだ。

閑話休題。
民主党の仙谷某が「JA全中がTPP反対をわめいて走っている」「ちゃんとものの分かる人を組織して対処する」旨の発言を行ったと、ネット記事が報じていた。もし、こんな物言いをしたとすれば、傲岸不遜も甚だしい。聞く耳持たぬ阿呆の言動である。民主党の底の薄さが、つくづく恨めしい。

同じく民主党の篠原孝氏が彼のブログで、思いの丈を述べている。
考えるに、米国スタンダードに飲まれる愚を選択し国柄を坩堝に放り込むのか、一時はこれを避けたとて、空洞化して疲弊して衰弱死を待たざるを得ないのか。「進むも地獄、退くのも地獄」の心境なれど、後者には対処のための時間があるだけ価値がありはしないか。
飛び込めば国柄を失う、とすれば踏みとどまって対処の知恵を絞る道がなかろうか。土壇場の創意工夫では、まだまだ民度の高い日本人には可能性が残されている気がする。と、保守主義者の私は考える。衰えたとはいえ、この国柄を売り渡す愚は犯すまい。

それにしても、遺伝子組み換え作物然り、バイオエタノール戦略然り、リーマンショックへの対処も然り、国際紛争への対処は言うまでもない、米国指導層の悪辣さは史上最悪ではなかろうか。
自国の利益と安寧秩序のためには、他国を踏みにじっても公然と「スタンダード」「グローバル」と言ってのける。神を見限ったプロテスタントの末裔共の暴挙には、ただ呆れるのみである。
26日 午前中働いて、昼休みになったら「行ってきます」と事務所を自転車で出る。
我が家に戻って仕度して、駅前の空港連絡バスに駆け込み、車内でパンを齧って昼飯とした。

f0057955_20131916.jpg羽田発3時の便で、新千歳空港にはやや遅れて16:30。快速エアポート車内で、改札横の売店で見つけた限定ビールをいただいて幸せになる。

サッポロクラシック2011富良野vintage、乾燥してペレットにしたホップではない、凍結粉砕したホップでもない、何と「採れたて生のホップ」を投入して醸したという、これは美味いビールである。

調べれば今日が発売日、ラッキーな出会いであった。

電車を乗り換えて森林公園駅で下車。大学から戻った息子と、新潟のノリで誘った独身男の同僚氏とで、焼き肉食べホーダイ。そのままカラオケ。喉を枯らして帰宅した。
札幌は寒い。今日から気温が下がったのだとか。冬用スーツ姿でもコートが欲しい気温である。

27日 本社で車を借りて、苗穂でお客様を乗せて某大手ビール会社で打ち合わせ。少々時間が空いたので車を走らせ実家の母に挨拶して再び市内に戻り、テレビ塔の近くの取引先でホームページの打ち合わせ。難産だったが、これで何とかゴールに辿り着けたようでホッとする。

夜は息子と南郷7丁目の蕎麦屋で酒を飲む。「蕎麦屋の卵焼き」のレシピを教わり、戻って風呂に入った後で早速挑戦してみるが、焦げて失敗。まあ酒の肴に食えぬ事もない。

28日 今日もやはり寒い。千葉の我が家と違って、目覚めればしっかりと布団の中にいて、やはり寒いのだなと実感する。昨夜の卵焼きに使ったダシの残りを温めて、やはり昨夜スーパーで買っておいた平目の刺身を載せて茶漬けにする。

国道で待てば、同僚が車で拾ってくれて、研究農場で一日会議。持って行ったPCでせっせと社内情報誌の内職をする。全体会議で、私の分担など極く一部だから気楽なものだ。

帰宅して、息子作の豚汁を食べ、昨日取引先からもらってきた鹿追蕎麦と、先日滝川で買って来て凍らせてあった鴨肉に、葱と舞茸を放り込んで鴨汁付け蕎麦を作成する。三人前を二人であっという間に食べてしまい、満足に酒も飲まずに腹いっぱいとなる。
明日は千葉に戻る。千葉に戻るに着ていくものに悩む、寒い札幌である。
24日 経営への報告を済まして、昼はカミサンの持たせてくれた弁当を開ける。
パンにマーマレードに、ソーセージにホウレン草のソティ、ミニトマトの添え物。インスタントのコーヒーでいただけば、これはなかなか乙なものである。

f0057955_21293948.jpg午後からは市内の研究農場に自転車で出掛ける。
そこそこ汗をかいて行き帰り、3時過ぎに戻って、ホームページの更新作業に専念する。

思いもかけぬ誤字、なるほど有りがちな勘違い、おやそうだったのかの学術的間違い、グラフが見難い、文体の統一が必要などなど、これでもかと修正が入る。

定時を過ぎて、自転車を飛ばして汗をかいて帰宅して、シャワーで流して人心地。

おや、TVで佐々木譲のドラマがある。カミサンが洗い物で見られないから、恐る恐るHDDに録画とやらをしておいて、私は別番組のXメン2を見る。

25日 朝起きれば街は霧に包まれていた。いつもは見渡せる幕張のビル群が白いモヤの中だ。
f0057955_2136157.jpg
今日も比較的気温が高いから、スーツは止してクールビズ復活だ。
一日事務所の中にいて、月末支払処理だ、出張準備だ、ホームページだ、社内情報誌だと、やる事はやってしまえと8時を過ぎた。よく働いたと自己満足する。
明日からは札幌、どうやら今年のスケジュールも見えてきたことだ。
昨夜は、飲んだ食べた。
f0057955_188266.jpg
息子のリクエスト「白菜と豚肉の梅干し鍋」をメインに、ブロッコリーとカリフラワーのバーニャカウダソース、茹でた落花生と枝豆、里芋の煮たの、鶏挽肉と蓮根の焼いたの、秋刀魚のぶつ切りを圧力鍋で骨まで軟らかいの、同僚のお土産のスモークチキン、これをチーズでチンしたり、シシャモを焼いたり、まだ何かあった気がするが忘れた。
飲み物も、ビール、ワイン、アイスワイン、日本酒三種の飲み比べ。酔いました。

さて今日は、雨が上がった午後からNPOのお買い物。プリンタのインクが切れていた。
自転車で走れば、湿気があって気温もそこそこ、巡行すれば蒸し暑い。小虫もずいぶん飛んでいて、顔にビシバシ当たる。食べないように注意する。

明日の報告を考えれば頼りなくなってきて、事務所に寄って書類を持ってきた。
稲毛の浜でリハーサルしてみて、よし何とかなりそうだ。
おお、夕陽が富士山の稜線に沈む。有難いものを見た気分で帰宅した。
f0057955_18173545.jpg
f0057955_18174323.jpg

朝は早起き、だが本気で雨が降っていた。
中止になったが、しかし集まるらしい田んぼの集会に、カミサンを送って行く。そのまま息子と私は、朝市の会場に向かって車を走らせる。雨はあがったようだ。
f0057955_15233349.jpg
ホテルと千葉県内の農業高校のコラボのイベントに、我がNPOも呼んでもらっている。
ホテルの中には、県内の高校をPRするパネルが並ぶ。
f0057955_15235672.jpg
まずは、校長先生のご挨拶と開会宣言、8:30の販売開始まで今回もフライング禁止のお達しが出ていて、お客様が列を作って待っている。
f0057955_15242440.jpg
やはり、始めの30分が勝負、お客様が殺到する。大根、玉葱、ジャガイモ、キャベツの順で品切れとなり、長葱と人参、ホウレン草ときゅうりを若干売り残して10:45に終了、撤収となった。
心配した雨にも祟られず、朝までの雨で人出には響いたかもしれないが、上首尾と言えよう。

生ゴミ堆肥で土づくり」と何度かアピールさせてもらったが、今日は賛同するお客様の声をよく聞いたように思う。リサイクルの必要性、堆肥による土づくりの大切さが、徐々にだけれど都会人にも浸透してきたのかもしれない、などと考えて少し気を良くした。
生産・供給側としては、品質の良いものを提供することで実証し訴えていくしかないわけである。

私達も会場で野菜を買ってきた。これを使って、今夜は同僚を招いて宴会を予定している。
さあ、酒でも買ってくるか。
20日 偉い方々に進捗報告をする羽目になり、一日中 資料作りに励む。昼前に雑誌広告のお客様、放課後には親睦会の幹事会。もう忘年会の準備である。もう少し仕事してから帰宅。
曇天で気温の低い日が続いている。自転車通勤が寒いので、背広の着用を開始した。
ついでにネクタイも締めて、私の今シーズンのクールビズは終了である。

21日 朝イチで市内のお客様に向かう。頼んでいたつもりの営業窓口が、忙しいらしく対処できていない。で、やむなく私がまた行く羽目になる。対応できないのなら、そう言って欲しいものだ。
お客を待たせて、しかもこちらも二度手間になっている事を理解して欲しい。まあ忙しいのだから仕方がないか。ヘイヘイ、暇な私がやりましょうと言うところ。

昼に旨い蕎麦を食べ、隣の和菓子屋で美味しい柚子饅頭を買って戻る。
甘いものを食べると不機嫌ゲージがかなり回復する。
さあ進捗報告の仕事だ、仕事!

今日も寒いが、リュックを背負った背中がやや汗ばむので、昨日ほどではないようだ。
私の会社は海辺にある。そして、海辺はどうしても風が強い。
ビュンと風が吹けば、自転車置き場で自転車たちがガシャガシャと倒れまくる。
起こすたびに倒れて、一日に何度も倒れてしまう。一度倒れたら、そのままにしておく方が自転車に傷がつかない。かと言って、倒れたままにしておくのも忍びない。
f0057955_20442643.jpg
ブログ繋がりの自転車のプロの方に聞いてみたが、決定打は無いらしい。
昨日も自転車屋さんでスタンドをいくつか見たが、どうもピンと来ない。
いっそ駐輪場の鉄製金具でも探してみるかと、「風で倒れない 自転車」などでググると、おお やはり売っているのだな。自転車屋さんではなくて、大きなホームセンターに行くべきであったか。
こんな商品が代表的だ。これを買って、自転車置き場の舗装面に長いアンカーボルトを打ち込んで固定してやろうかしら。

今日は気温が低い。自転車も漕ぎ出しは寒い。
体が温まって帰宅しても、家の中にいればシンシンと冷えてくる。そうだ、去年の今頃とそれからは、ウインドブレーカーだ、手袋だ、毛糸の帽子だ、で通勤していたのだ。
秋が深まり、冬に向かっている事を実感することだ。
じっくりと音楽を聞く環境を失って久しい。
PC に繋いで両脇の、目の前にあるタイムドメインスピーカーには満足しているが、階下の住人や、ましてや家族の迷惑にならぬ音量で聞かざるを得ない団地住まいである。

本は読んでいる。
しかし読書は没入せねばならぬ。まだ陽も高いうちから、家に居て本を読もうとは思わない。

テレビは見ない。ではDVDで映画でも見ようか、画像と音の奔流に感覚を任せるのも時には悪くは無いのだが、読書よりも音楽よりも、目と耳を奪う動画は危険な情報入力装置であると知っている。
我が魂を健全に保つには、あまり動画系は見ぬ事だ。

で、やはり外気の中に自転車で漕ぎ出すのが宜しい。
体が目覚める。五感で情報を取り込みながら、自らの感覚がリセットされる思いだ。
いいなあ自転車。周囲の騒音も風切る音も、空気の匂いも、めまぐるしく変わる景色も、体に伝わる振動も、全部が私のものだ。

千葉銀行でNPOの振込と記帳、蘇我のアリオで自転車屋を冷やかし、国道をまたぐ歩道橋で携帯で仕事、白旗の蕎麦屋は休みで、道に迷うのも楽しみながら「れん月」で新蕎麦。
f0057955_21475851.jpg
市内を縦断して千葉公園と靖国神社、千葉大前のコンビニで飲み物とつまみと宇宙兄弟の新刊をゲットして、近所の公園のベンチで読みふけりながら一休み、続いて海に向かって海岸段丘を降り、
f0057955_2148328.jpg
ようやく工事が始まった歩道橋を楽しみに、コンビニでジョジョのクジを引けどもディオ様は当たらず、海辺で沈む夕陽を見ながら携帯で打ち合わせ、今夜の夕食の材料とビールと酒を買って帰宅した。

焼いた秋刀魚の炊き込み飯の米を研ぎ、茶エノキと牡蠣の味噌汁をこしらえる。出汁で炊いたヒラタケは、帰ってきたカミサンに片栗粉を加えてもらい、温めた寄せ豆腐のあんかけにする。私は片栗粉の使い方が下手くそなのだ。
酒が旨い。休日の締めくくりとしては満足な、秋の有給休暇の一日であった。
16日 うーむ暖かい、いや暑いと言っても良い。もう仕舞い込んだつもりでいたサンダルを引っ張り出して、ジーパンにTシャツで自転車を漕ぐ。昼蕎麦にして、市内を思いつくままに走り回って、そうだ千葉競輪がある日なのだと思いついて、初めて競輪場に入ってみた。入場料は100円。なるほど競輪とはこうしたものか。
スパートしてからのスピードは物凄い。人間が走るレースだから駆け引きもあるのだろう、競馬とは違って最後の最後まで勝負が判らない。
f0057955_22355625.jpg
2レースを見たが、車券は買わなかった。買い方がよく判らない。サイドって何だろう。
客層は様々なのだが、圧倒的に多いのは爺様達。この世界も余り余命は長くはないな。競馬よりもっと衰退が早いのではないかしら。
f0057955_22363983.jpg
再び市内を自転車で探索した。千葉の住宅地には、ヒョイととんでもない坂が現れるのが面白い。

一旦戻ってカミサンと蕎麦屋で夕食、酒を楽しみ、早めに自宅に戻って、テレビでダイハード2を観る。絶対に死なない主人公は、安心して見ていられると言うものだ。

17日 明日のつもりの発表がなくなる。どうも指示がピンと来なくて戸惑う。取引先への訪問がダメになり迷惑をかける。荷物の送りに時間ばかり取られる。今日はやる事なす事、不本意である。
まあ、こんな日もあるさ。出来る事をやるしかない。9月の異常な出張ラッシュで、仕事に追い掛けられて準備不足でこのザマなのだ。この状況に耐えて、ただ愚直に仕事をこなすべし。
ぽっかり空いた明日は有給休暇を取得した。

f0057955_22531024.jpgそう言えば、めったに買わない宝くじを新宿で酔っぱらって買ったのを忘れていた。

ズボンのポケットに入ったままだ。口蹄疫復興宝くじ、業界人だから買いました。
一等3,000万円+前後賞1,000万円で、続けて当たれば5,000万円。当たったら寄付しなければならないような気がしてしまう。