<   2010年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

29日 事務所で仕事して、昼前の打ち合わせに研究所まで自転車を走らせる。打ち合わせを終えれば、近所のコンビニで焼き立てパンとミルクティを買って牛舎のベンチで昼食とする。
堆肥舎の堆肥の顔つきが思わしくない。シーンとして、微生物の息吹が感じられない。水分調整や切り返しに手を抜いているのは、残念ながら一目瞭然だ。ブロワは回っても、堆肥から湯気が上がらないのは、堆肥の水分が多いなどして、密度が上がっているのだろう。腹が立つのでブロワの電源を落としてきた。どうせ電力の無駄使いなのである。今度の土日は、堆肥舎の通気管の掃除と切り返しでもやってやろうか。研究員Tと打ち合わせして、夕方に事務所に戻り、ひと仕事して帰宅する。

30日 そう言えば11月末日までに、下の息子の大学の授業料を納付しなければならなかったのだ。カミサン、思い出してくれて有難う。午後から会議なので、昼前に銀行から大金27万円をおろして郵便局で振り込み送金した。モノレール千葉駅では、「社長の机」実行中の生おーさんにお会いすることができた。ちょうど季節の我が社のシクラメンを差し入れて、来週お伺いしますので宜しく。

午後から会議、終われば今度TV会議、席に戻ってメールやら報告やら、いけねぇもうこんな時間だと自転車を飛ばして帰ってきた。明日から12月、既に大半は予定が入ってしまった事である。
ラーメン巡航の記事ばかりになってしまった、その他の備忘録を記しておこう。

26日は忘年会、戻れば我が家にワインの塊が届いていた。こないだ商社のお兄ちゃんに頼んでいたのだ。これで越冬用のワインは備蓄できたから、まとんさん、まえのさん(誰?)遊びに来てね。
f0057955_2122787.jpg

27日は会社に出て片付け仕事。何せ昨日は忘年会のパスが出るまでバタバタで、PCの電源を落とす時間も無かったのだ。上の方から怒られた件をメールで連絡して、週明けの収拾を目指す。
昼にラーメンを食べに行き、戻って仕事して、今度はNPOの作業に行く。
f0057955_2183532.jpg
大きな骨や貝殻を、無造作に入れないで欲しいなあ。生物分解性ではないとは言わないが、微生物がアタックするには時間がかかる事を理解して下さい。
f0057955_2115142.jpg
28日は、思わず動物公園まで走ってしまった。この散策路は、分断されていてもったいないなと思いつつ、夜は暗くて通勤には使えないよね。千葉市内にも、こんな場所が残されているわけだ。

さあ、あと二日で11月も終わる。あと一カ月、綿密にスケジュールを組んで進めて行こう。
年末年始の札幌行きの飛行機を予約した。仕事の出来る時間は、残り20日と言ったところだ。
朝から輪行、青空が素晴らしい。今日は暖かくなるようだ。
新しく出来た国道14号をまたぐ歩道橋を通って黒砂。ここからは京成線の側道を走らせて、市内にアプローチすることとした。

おっ、前を走る自転車氏が何か落としたぞ。拾ってみれば黒い手袋。今日は暖かだから、ポケットにでも入れておいたものか。猛然と追いかける。フラットロード同士だったが、幸いにして飛ばす方ではなく、追い付いて「前の方ぁ~」と呼びかけて、手袋を渡した。一日一善成る!
f0057955_18503388.jpg
JR西千葉駅からモノレール作草部駅に向かい、交差点手前の左側に「麺処まるわ」を確認した。
昼にはちと早いが、名店となれば混むかもしれず、入ってみた。
元気の良いお兄さん二人がやっていて、店の内装もなかなかシック。特にこれが名物と言う訳ではなくて、全部が旨そうで悩む。鶏系の塩にもそそられたが、今日は濃旨のオーソドックスな奴にすべく、700円の味噌ラーメンを頼んだ。

手打ちの太麺、スープは豚骨系だがいろんな味がする。コクはあるがしつこくない。なるほど良く出来たラーメンであった。うーん、次回は醤油にしようか、鶏塩も捨てがたく、タンタンつけ麺に手を出せば戻れない?かもしれない。
f0057955_18594262.jpg
そのまま北上して「ろっぽう水のみち」なる散策路を走る。石畳だからゆっくりの輪行だが、なかなか快適と思いきや、国道14号と京葉道路で分断されてしまっているのが惜しい。挫けず、迂回して再び走ると、千葉モノレールの敷地を抜けて、動物公園駅に出た。

まだこの奥があるらしいので走ってみると、六方調整池という巨大な施設に辿り着いた。こりゃ凄い。大きな沢になっていて、大雨が降った時には雨水を溜める機能があるらしい。真ん中の親水テラスまで降りていったり、周囲をグルリと回ったりしてから、動物公園まで戻って、みつわ台から高品、東千葉、中央公園から新みなとまで戻り、途中のホームセンターで花壇苗を一つ買ってサドルにぶら下げ、いなげの浜を快走して帰宅、今日の輪行はお終いにした。

玄関前の寄せ植えの枯れてしまったシクラメンを、買ってきた黄金カズラに植え替えて、ベランダの植物に水をやり手入れして、風呂に入り、夕飯をいただいて、ブログを書いたら本日は終了。太ももの張りが心地よい、初冬の休日である。
Dr.keiの研究室2-Contemplation of the BLUE-で、「千葉ラーメン都市モノレール計画」が発表?されている。
モノレール沿線の旨いラーメンを食べ歩こう!との趣旨であり、賞品を用意してスタンプラリーなんかもやっちゃおう!との発案は素晴らしい。

駅毎にkei氏の推薦する名店が掲載されて、これは食べ歩きたくなるではないか。
札幌育ちの私としては、どうもこちらのラーメンには違和感があり、しかもこの頃は歳をとって江戸の蕎麦が旨くなってきた私ではあるが、寒い季節には暖かい旨いラーメンが恋しくなる。

YESやPINKFLOYDが好きな私としては、kei氏の曰く千葉市内の最強プログレ系?「作草部の麺処まるわ」さんからスタートと考えたが、わざわざ赤い字大きく書いてある日本最古のラーメンの味を継承する超名店「千草台の進来軒」を、記念すべき食べ歩き初店として選択したのだった。
f0057955_16315838.jpg
千葉みなとから自転車で駆け付けた。うーむ、モノレール天台駅から至近とはちょっと苦しい。店は国道16号と京葉道路までもう少しの位置にある。
ちょうど昼時で、後から後からお客が入ってくる。家族連れ、カップル、作業服を着た兄さん方、スーツ姿の会社員、客層も様々だ。
厨房では、おっちゃん二人とお姉さん二人が、絶妙のコンビネーションで次から次から注文をさばいている。おっ、おっちゃん一人が出前に行った。こりゃあ、超忙しい繁盛店である。

注文したのは、店の名を冠した進来メン。醤油五目ラーメンで650円也。
スープが主張せずさりげなく旨い。これでもかの具に圧倒され、生きくらげのフニフニを楽しみ、最後はスープを飲み干して完食いたしました。

うん、正しい江戸のラーメンを食べさせていただいた感がある。何と、コーヒーかアイスクリームが付いて来るのだと言うので、後者を頼む。なかなか品質の良いアイスクリームを使用していた。
お客が皆「ご馳走様!」と店の人に声をかけて出ていく。地元に愛される名店なのだ。
これは良い店を教えていただいたものである。次回のプログレ系にも期待したい。

我が家の近所の、強麺とコク味噌の「麺屋がむしゃら」さん。ここも大層旨いのだけれど、モノレール駅からは遠いなあ。千葉みなと駅のシークレットゴールとして、どうだろう。
今日は会社の忘年会。11月なのに、気が早すぎると言うものだ。
夕方からいろいろとあって、仕事ができないまま会社を出る羽目になる。これは明日も出て来なければ、予定が消化できないではないか。まったく困ってしまう。何故こうなのだ?ちゃんと仕事の出来る事務方がいなかったから、このザマなのだろうな。信じられない怠惰と無責任。反省しろ!

忘年会は6時45分スタートで、飲んで食べて、自宅には9時過ぎに戻る。家ではカミサンと有頂天ホテルのDVDを見る。なかなか面白い。
f0057955_0413850.jpg

昨晩は、帰路にスーパーに寄って、ブロッコリー・豚肉・舞茸・厚揚げ・ささげ・見切り品のレタス・日本酒・ピールを買い込んで段ボール箱に入れて、自転車の荷台に縛り付けて帰宅。
カメレオン君、所帯じみたものを載せて御免ね。
ブロッコリーは茹でて、マヨネーズでいただく。豚肉はフライパンで焼き付けて、タレをからめてご飯に載せて豚丼とする。厚揚げと野菜たちは、具沢山の味噌汁にして、私は晩酌しながら息子といろいろ話して酔っぱらう。

今日の朝は、息子の常食のカレーにジャガイモを茹でて足して、牛乳と共にいただいて、では私は行ってきます。カメレオンを少し綺麗に掃除して、千歳から乗ったジャンボ機は、ほぼ満員の盛況だった。まったく「千歳・羽田」便は、いつも混んでいるな。飛行機の中では、周囲にオヤジ臭いのがいて閉口する。私は気をつけようと思う。

羽田に着いたら、空港バスが向こう3便がすべて満席だなんて、そんなことがあるのだろうか。京急を品川でJRに乗り換えて、千葉に戻ってきた。札幌で買ったコートが邪魔なほど、今日は暖かい。

帰宅してコートを着ずに自転車に乗って、午後3時前に事務所に出る。
いろいろ電話やメールや、出張の後始末をするうちに、あっという間に定時を過ぎて、今日はもう帰ろうと6時過ぎに会社を出た。風が強まっていたが、夜には雨になったようだ。
本業の傍らで、NPOメンバーと千葉モノレールを訪ねる算段をした。これは楽しみにしている。
朝10時の会議に向けて、自転車でスタート。手袋とベストなどで防寒してカメレオン号に乗り、小一時間の通勤は、寒いがなんのその輪行は楽しい。ここしばらく千葉で体に馴染んでいたルイガノ号と比べれば、車体は軽く取り回しはしやすいが、やはり段差に弱い。この自転車には、もう少し平らな路面を疾走させてやりたいものだ。

酪農学園大学の構内で、ガチャン、バキンの音で周囲を見れば、古い牛舎のサイロが解体工事にかかっていた。我が社にも多くいる酪農学園大学出身者も、きっとこの牛舎で学んだことだろうな。
f0057955_201124.jpg
研究所に着いてグループ会社の方々と打ち合わせ、昼飯の後は、所員の方々へのプレゼンと意見交換。意識の共有化ができただろうか。皆さんと一緒にこの難しい局面を、知恵を合わせて、楽しく前向きに乗り切って参りましょう。先日の会議の後始末も済んで、まだ明るいうちに帰路に着いた。
f0057955_202480.jpg
まだ明るいうちに、百年記念塔に寄ってみた。実に久しぶり。この時間では誰もいないかと思いきや、子供らが数人この寒いのに塔の下を全力疾走して戯れていて、北国の子は逞しい。良いことだ。
f0057955_2021734.jpg
振り返れば、夕焼け空に手稲から小樽の山並みと、羊蹄山のシルエットがくっきりと。
山並みが見えない千葉の住人には、懐かしくも新鮮な景色であったことだ。
朝10時の飛行機だからと油断して家でノンビリ。ギリギリ間に合うはずの電車に乗って、新木場で臨海線に乗り換えるのを忘れたことに、八丁堀で気が付く間抜けさ加減。ここまで来たら仕方がないと東京駅から浜松町でモノレールに乗り換えたが、空港快速が来るとは日頃の行いが良いからな。

昼過ぎに札幌で息子と会って、誕生日祝いに冬のコートと靴を買ってやる。ついでに私の冬用自転車用のコートも、無かろうとダメもとで入った店で見つけてラッキー。夕暮れの狸小路とすすき野をあとにして、藤野の実家に戻ってきた。
f0057955_2145415.jpg
ド派手なカラオケ屋さんにびっくり。
f0057955_21453033.jpg
明日は、西の里の実家に戻って、冷え込んでいるが自転車通勤を楽しみにしている。
成すべき事が積層している。都度に正しく判断し、丁寧に対処することを繰り返すことである。
9時過ぎに自転車で会社に向かう。自転車通勤もすっかり当たり前になってしまって、20分弱の移動では物足りないが会社に到着してしまう。
着いたら着いたで、やることがある。あれをやって、これをやって、カミサンに持たしてもらった林檎のケーキと牛乳で昼飯にして、若干の作業を残しつつも今日は暗くならぬうちに帰宅しよう。息子の風邪が移ったかして、少々違和感がある。
それでも、このまま帰るのも悔しいので、少し遠回りして自転車を走らせてきた。

明日の午後からの会議の準備は出来たし、翌日からの札幌行きの用意は明日に整理するとして、これで今週の作業もあらかた見通せたな。もう今月も月末になるわけで、しかしやることはやっているのだ、焦っても仕方がない。常に感度を高く保って自らの速度で歩むのが身上である。
会社事務所に出て、出張精算、メール対処、出張の後始末など。5時までかかったが、やはり終わらぬか。明日も出て来なければならないようだ。

5時からはNPOの生ごみ処理機メンテに出掛けて、6時からはNPOの奇数月の定例理事会だ。
何度も注意喚起していても、生ごみ処理機には異物が入る。ここはゴミ捨て場ではありません。
生物分解性ではないものは、投入してはいけません。と掲示するのは何度目か。それともプラスチックのテープを取るのも、面倒だと言う訳なのか。
f0057955_221135100.jpg
自宅に戻り、ベランダの植物たちに水をやる。
シクラメンは、ようやく葉が茂ってきた。今年は暑い夏のせいで少々出遅れたが、これから花芽を上げてくれることを期待している。

ゼラニウムに眼をやれば、おお私が出張していたこの一週間にずいぶんと葉を食べてくれたものだ。秋になってようやく再生したばかりの葉だから、きっと柔らかくて旨かったことだろう。お前なんか指でピンだ。5階の窓から落ちて行け。死刑に処する!
f0057955_22114936.jpg