30日は午後から会議で、午前中にせっせと資料作り。会議の後は、遅まきながらの新年会。
31日、今日も朝から会議の続きを昼まで。
朝まで大風と雨が叩きつける嵐であったが、通勤時間には少し収まった。
結局、雨がパラついたり止んだりの、はっきりしない天気のまま日が暮れた。
家の網戸が、吹きつける雨で洗われてとても綺麗になったのは、めでたい。

手元の洋服屋の割引券が期限切れしそうなので、会社の帰りに車で寄り道して来た。
いつもは買わない色のネクタイを、一度に6本も「大人買い?」した。
緑色、銀色、黄色の系統。

家に戻って、ネクタイの整理。
長年勤め人をやっていると、ネクタイが溜まる。ヨレたのや、汚れたのを捨てて、洗えそうなのは手洗いしてみた。洗って型崩れしたものは、捨てるのだ。
ネクタイは、顎の下に当たる結び目のところが、オヤジ脂で汚れる。
これは見ていても辛いものだが、案外と頓着しないオヤジが多い。気をつけませう。
26日の月曜日。昼前にお客様、一緒に蕎麦を食いながら打合せ。
またもや食品会社の我が儘で、商談が消えてしまった。話を進めておきながら、一方的にキャンセルするのはどうしたわけだ。粕を作っているわけでないことは理解できるが、有価物で当方が購入する以上は、粕であろうと飼料原料、商品として最低限の品質管理をしていただけねば困るのだ。いつもながらの「エサ」を下に見る食品会社の横暴に、空いた口がふさがらない。
夕方からセミナー原稿の社内検討、貴重な意見をいただいた。
夜、三回忌を済ませて、かみさんが札幌から帰着。お疲れでした。

27日の火曜日。午前中に商社のお客様。ようやく届いたサンプルを分析にまわす。
午後からは会議。会場設営と懇親会の幹事を手伝う。新聞報道に驚かされた。

28日の水曜日、朝から会議の続き。3元テレビ会議だが、何とか意思疎通も図れて有意義。
我が社でも始まったノー残業デーとやらで、6時には会社を出る。

29日の木曜日。午前中はセミナー原稿を加筆修正して、午後から依頼元と講演内容の擂り合わせ。当社の宣伝もある程度はお認めいただき、有難し。少し早めに直帰したが、何と今日は木曜日なのだな。明日の午後からの打合せでこの一週間は終わってしまい、来週からは早や二月である。気忙しいことだ。
f0057955_20492827.jpg地元の農協さんから、堆肥作りのセミナー講演を頼まれた。
で、当社の農学博士の研究員が説明するパワーポイント資料を、朝からず~と作っていた。

朝は一人で食べたが、昼前に起きてきた息子に、昼飯も、晩飯も作ってもらい、風呂まで用意してもらって、黙々と作った。

都市部の畑作農家さん向けに、とにかく分かりやすくと言うので、写真を多用して、アニメーションも沢山貼り付けて、かなり受け狙いであるな。
これでも、まだ難しいところはあるだろうな。
まあ仕方がない、団粒構造のイメージだけでも覚えて帰ってもらおう。
現在愛用しているノートPCは、それまで使用していたNECのWIN95ノートの画面が真っ暗になったことで、2003年の夏に購入したはずであるから、かれこれ5年半活躍しているわけだ。
富士通のB5ファイルサイズの小型ノートで、CPUはMobile Celeron 600MHz、メモリはしばらく前に512MBに増設、HDDはもともと40GBだったが事故ったときに60GBに換装してある。
自宅の机の上で、また出張のたびに持ち歩いて使ってきたから、今のノート型の価格から見ると倍くらいしたけれど十分に使った手応えがある。

今のところ機能的には不足を感じることは少ないのだが、10.6インチ液晶画面が少々見にくくなってきた。バックライトが若干暗くなったこともあるかもしれないが、要するに私の目が遠くなったのである。細かい画面を見るのが辛くなってきた。
f0057955_2228794.jpg
そんな時に、I・Oデータのネット店でプレミアム・アウトレット、何と19型ワイド液晶ディスプレイが15,800円というので、かみさんにお願いして買わせていただいた。今日の朝に届き、早速に机の上を模様替えして、座席からほぼ目の前の場所に設置した。これは快適である。

ノート型で持ち運び、自宅の机の定位置に置けば、AC電源と、LANケーブルと、USBでテンキーとプリンタとスピーカーと無線マウスと、そしてこれからはディスプレイケーブルをつないで快適な操作環境に切り替えることができる。自宅で使う時はノートPCの画面は殺しておいて、バックライトの寿命も延ばせるかもしれない。これで明日のパワーポイント・スライドの作成もグンと捗るというもの(予定)だ。

小雨の降る寒い中を、車を走らせて息子と蕎麦を食いに行き、息子を市内に落としてそのまま研究所で仲間と打合せ。小雨が一瞬みぞれに変わったが、長続きはしなかった。
仲間の奥様からお料理をお土産に持たしていただき、これで今日の夕飯は作らずともよくなったのは、ラッキーであった。
朝の9時過ぎ、まだ路面が濡れているが暖かい日だ。車で館山道を南下して、千倉まで。
打合せの後、戻って5時。館山道が完全に繋がったのは去年だったろうか、近くに住んでいながら開通してから初めて走ってみたのだが、いやー 近くなったものだ。

以前は、千倉までは館山道を姉崎袖ヶ浦で降りて、久留里を抜けて走っていた。
このルートだと、千葉市内から2時間以上かかった記憶があるのだが、今日は1時間と少しで、もう館山の海岸近くまで来てしまった。
高速道路は、何と便利なものだろう。
かみさんが三回忌で札幌に向かったので、上の息子と待ち合わせて、外で飯を食う。

1/22 午前中は、エコフィードの打合せ。いつもの事だが、食品会社の残渣飼料化への理解度が甚だ低くて頭が痛い。先方は悪気はないのだろうが、廃棄物だが飼料原料ですと言っているでしょう! 少しはこちらの話も聞きなさいってなものだ。

1/21 エコフィード打合せで榛名まで。
さすが、この企業はしっかりと廃棄物を分別して飼料化にも熱心である。ここまでやっていただければ、当方も安心してお付き合いができるというものだ。
JR高崎駅の新幹線側出口は、改築の真っ最中。当地出身のヤマダ電機、本社を前橋から高崎に移した旗艦店たる堂々の店舗が併設されていた。
f0057955_22344635.jpg
パウエルの予言は、ここ数日はとりあえず目立ったテロもなく一安心。
コリン・ルーサー・パウエル米国元国務長官が、12月のテレビ番組で発言したのが憶測を呼んで、「パウエルの予言」としてあちこちで囁かれている。
オバマ就任後の米国自身と国際環境の厳しさを簡略に述べたものだが、この21~22日に危機がやってくるだろうと日付を明確にした事が注目されていると言う。

いろいろな噂がある。
氏は軍人であることから、
オバマ就任直後を狙ったテロ情報を入手しているのではないか。
中東戦争に介入するのではないか。
ロシアへの制裁措置か。

経済問題とのニュアンスがあったことから、
金融恐慌に何らかの仰天対策を発表するのではないか。
ビッグスリーや不良金融機関を見捨てるのではないか。

その他、インフルエンザの感染爆発(パンデミック)に関することだ。
ロズウェルの宇宙人がようやく公開されるのだ、などの予測もあるのだそうだ。

私としては、どうもテロや戦争のような「きな臭い」感じがしてならない。
こんな日は、自宅や事務所でじっとしていたいものだが、生憎これから出張である。
f0057955_11284118.jpg図子慧 著、ハヤカワ文庫。
末期癌患者への違法な遺伝子治療で成果を上げていたと噂される民間医療法人は、一年前に原因不明の火災を起こして閉鎖されていた。失踪した研究所長、生死が不明の入院患者、今だ謎の多いこの研究所の調査を上司から命じられた製薬会社の社員は、やがて驚愕の真相に突き当たることになる。

551ページの大作だが、もう一人の主人公のエピソードが絡み合う構成と、登場人物達のキャラ設定がメリハリ良く、次のページが楽しみに読ませてもらった。これは傑作である。

異色の易学ミステリ「駅神」でこの作者を知り、ネットで取り寄せた本作。
なんと1998年の作品だそうで、10年過ぎているわけである。
作者は女性で、子育てなどでこの10年間はほとんど新作がなかったように、あとがきやら解説に書かれてある。今後も期待しております。
15日は、早朝に車で千葉を出て、新富士で同僚をピックアップして富士まで。
委託先と打合せして、その後は社内打合せもして、都内で新年会の同僚を再び新富士まで送ったら、私は富士山の向こう側、甲府まで行って泊まっておいた。
今日16日は、午前中で安曇野まで移動しておき、午後からエコフィード打合せ。
帰路、3時半には諏訪湖を眺めて、お土産も買って、ここからはノンストップで千葉まで戻った。
f0057955_22131545.jpg
今日はかなり冷え込んでいた信州だが、諏訪湖の湖面は一部しか凍結していなかった。
飛ばして2時間足らずで府中まで来たが、やはりこの時間は首都高は混んでいる。湾岸線に抜けて千葉に入ったのは7時半、4時間かかってしまった。
研究所でJAの方々と打合せ、来月の堆肥セミナーをお手伝いすることになった。
折角の当方へのご指名であるからには、頑張らねば。

その後は成田まで走って、新規飼料原料のサンプルを届ける。
近いので高速代を払うのも癪だと一般道を走ったが、行きも帰りも道路が結構混んでいて、会社に戻ったら5時前だ。明日からの出張の準備をしていたら、すっかり遅くなってしまった。

四街道あたり、昼に食べた大吉盛り蕎麦、流石の私の胃袋にもやっと納まった。800円也。
こうやって盛り付けるのも技術が必要であろう。
f0057955_20523845.jpg

f0057955_19403173.jpg北千住から特急「りょうもう」に乗り換えれば、1時間弱。
館林まで行って来た。

乗ってしまえば早いのだけれど、特急が一時間に一本しかないのは、ちと辛いものがある。
着いた東武線の館林駅は、ホームも含めて大掛かりな工事中であった。
エコフィードの売買基本契約の打合せ。
発生元さんでは、副産物の成分分析など実施したことはないそうである。まあ、彼等にしてみれば粕を製造しているわけではないから、仕方がない。粕は粕であるに過ぎない、と言うわけだ。

しかし、我々は原料毎に成分期待値を設定して飼料設計するのだから、契約に際しては粕にもある程度の成分の範囲を決めさせてもらうことになる。
いつもの事ながら、この辺りがなかなか理解してもらえない。
f0057955_19355249.jpg
お昼をいただいた、花山うどんさん。
風の冷たい寒い日だったが、美味しい釜揚げうどんで暖めてもらった。