カテゴリ:仕事と出張( 548 )

いつも通るたびに、面白いと思う。
f0057955_20374584.jpg

堤防道路が前方の鉄橋にぶち当たっていて、ここが信号付きのT字路になっている。
右に曲がれば揖斐川を渡って桑名の町、左に折れれば長良川を渡って長島温泉。
鉄橋の道路は、国道一号線だ。
二本の川をまたぐ鉄橋の真ん中にT字路があるなんて、ここだけじゃあないだろうか。
f0057955_2038681.jpg

ちなみに、鉄橋の向こうに見えるのは、長良川河口堰。
キノコみたいに見えるのは、水門の巻上げ施設。
ガミラスの要塞みたいね。
f0057955_20382221.jpg

広島から山口にかけて、高速道路から見る山々は岩山である。
緑の植生が覆っているが、山肌は隠しようがない。岩である。
f0057955_22184736.jpg

山の無い千葉から走ってくると、今までの山とは景色が変わったなと思うのだ。
農薬の残留を原則全て禁止して、「残留を認める農薬」のみを一覧表にして示す方式が、ポジティブリスト制度。
対してネガティブリスト制は、「残留してはならないもの」を一覧表にして示すという方式だ。
残留基準を設定して、それを超えた食品の流通を禁止するという、これまでのネガティブリスト制では、残留基準が設定されていない農薬に対しては無力になってしまう、との反省があったわけだ。この5月末からは、残留基準の設定されていない農薬が残留する食品は流通禁止!

我々エサ屋も、この制度に対応するための準備が忙しくなってきた。
趣旨にはもちろん賛成だが、輸入大国日本でこれを徹底するのは、とても大変なことだ。
ものすごく企業の資源(人、もの、金)を喰っているのが実情だ。
土曜日だが、昼から会社に出た。
溜まった書類を選別し、綴り、捨てた。
書かねばならぬ出張報告も、とりあえず書き終えて社内メールで関係者に伝達した。
工事費用の収支にも目処が立てられた。
だいぶん心理的に楽になりました。

明日、残った仕事を片付けたら、月曜日から安心して出張に出られるってもんだ。
忙しくて混乱していたが、スケジュール表に予定を書き込みながら仕事の段取りを頭の中で組み立てて整理してみる。うん、やれるような気がしてきたぞ。頑張ろう。
3月の下旬が、なかなかハードになりそうだな。
ほぼ一週間、事務所に不在であった。
出勤してすぐ取引先にメール添付で書類送付を皮切りに、机に溜まった仕事の消化にとりかかった。
旅費清算を進めながらも、来週の会議日程が決まり始めてドタバタし、あっという間に昼。
新たな出張依頼は舞い込む、午後から突然の部内打ち合わせ、終わって工事の清算業務、いろんな人たちと電話で話して連絡調整、あっという間に終業時間。
さぁここからが本番だと、力ずくで残務を片付けたが、何とかなったのが8時半。
もうやめたと、今日は帰宅。
出張帰りの次の日は、いつもこうなるね。
昨日は広島から新大阪に移動し、淀屋橋からテクテク歩く。
偶然に通りかかった表川の中洲の大阪市役所、公会堂がなかなか雰囲気がある。
Z農担当者と面談。
その後、Aビール関係者と、梅田でたらふくビールを飲んだ。
鈍った頭で、なんとか三宮のホテルに入ったが、さすがにブログは書けない。
風呂に入ってベッドにもぐり込んで、バタンキューだ。

今日の朝は、ゆっくりと朝食をとって、ゆったりとK飼料を訪問し、昼過ぎには新神戸駅から「ひかり」に乗った。
「のぞみ」が増えたせいなのか、名古屋までの各駅と小田原、新横浜に止まる「ひかり」は、乗客も多くはなく、PCで音楽を聴きながら仕事も出来たし本も読めた。
ゆったりしすぎて、3時からの会議に間に合わず、やむなく車中からメールを打って部下に出席してもらう。
東京について京葉線、定時の終わった会社に戻れば残務整理も出来たのだが、エイッ今日はこのまま自宅直帰と、楽をさせてもらった。
広島で目覚めた朝は、雪。
西条に移動して、仕事を始めても雪。
そのまま昼まで、どんどん雪。
お昼を過ぎてその後も、ますます雪。
こんなに降るのは、珍しいんだって。
何も、今日降らなくってもねぇ。
まあ仕事は屋根のあるところだから、問題ないのだけれど。
スタッドレスタイヤで良かった。
ても、北海道人としては少しうれしい。
出張で、朝から長距離ドライヴ。
大阪を通過した。
また会えたね、太陽の塔。
f0057955_22333559.jpg

お前さんを見ると、ああ大阪だ、ここまで来たぞ、と思うよね。
車だと、お前さんを見てから一時間走れば淡路島の洲本、或いは姫路あたり、反対側だとすぐに京都、二時間で名古屋だものね。
今日は四時間かけて広島まで走ったよ。

岡本太郎先生も、まさかそこまで考えなかっただろうけれど、お前さんを道標にして走っているドライバーはきっと多いと思うよ。
いかにも、その立ち姿が良いのです。