カテゴリ:仕事と出張( 548 )

午前10時に米原駅で営業マンに拾ってもらい、お客様に新製品の感触を聞きに行った。
f0057955_21114740.jpg
総じて好評は、良かった良かった。開発側の思惑通りの性能を見ていただけたようだった。

昼過ぎに再び米原駅まで送ってもらい、新幹線こだまで名古屋、のぞみに乗り換え、帰宅ラッシュの始まる前に東京駅を通過できたのはラッキーであった。

今回改めて京都の地下鉄を利用して違和感、周囲の人波に乗れず、これは皆の歩く速度が遅いのだ。大阪人はイラチで速足だと聞くが、京都人は優雅なのかしらん。
新幹線で東京駅に到着して歩きだして、これこれ、この速度感だよ!と気が付いたのだ。東京駅ではスムースに歩けた私である。

も一つ、国道一号線を走っていると両脇にやたら回転すしの店が多かった。戻った京都駅でも回転すしの店は昼食時間を大きく外れていても満員だった。京都や滋賀の方々は回転すしがお好きなのかもしれなかった。新発見だが、要再検だ。

そして、街歩きでの違和感。京都はやたらと外人が多い、中国人は多いが白人の割合が非常に多い。あれだけ背のデカい人種が目につくのだから、大勢の観光客が流入しているのだろう。
対してジモティは総じて背がコンパクトな印象、そして顔つきが関東圏とは異なる。男の人など裃やチョンマゲがさぞ似合うであろうと思わせる人が多数。私ら北海道人のような全国混交DNAではなく、地域の血が濃いのだなぁと思わせられたのだ。
ポツリポツリの雨の中を阪急の四条大宮駅まで歩く。
f0057955_16402497.jpg
烏丸で乗り換えて京都駅、JRの二駅で大津、駅裏に出て少し歩けばいつものレンタカー屋がある。
栗東までの行き帰り、昼過ぎには車を返して、午後は空き時間なのでゆっくり戻る。大津駅から琵琶湖の湖畔まで下りて、京阪電車の浜大津駅から京都に戻った。

烏丸の駅で間違えて快速に乗ってしまったらしい、次の駅には停まらず、桂まで運ばれてしまった。不覚である。
どうせ時間はありすぎるので、では乗り換えて嵐山まで行って、嵐電で大宮まで戻ってやろうと企んだ。
f0057955_1762389.jpg
ところが着いた阪急の嵐山駅と嵐電の嵐山駅は隣接していない。何と中之島の先の桂川を渡った向こうなのだった。

蒸し暑い中をじゃりじゃりと歩けば、おおこの橋は何処かで見たことがあるぞ、多分。渡月橋とか言うらしい、これを見て、渡っただけでも寄り道した価値があったかもしれない。

15分ほど歩いて、たった一両の電車に乗り、この路線はやたらと短い間隔で駅があるものだ。観光名所も多いらしく、お客もぞろぞろと入れ替わる。
f0057955_1818525.jpg
大汗をかいてホテルに戻り、シャワーを浴びたら、ワイシャツや下着を洗濯して干す。早めのビールのお世話になって、今日は旅先だがノンビリさせてもらおうと考えている。17:30までは、業務の携帯電話は受け付けます。
15日 会社には今日が移動日。
母を眼科と皮膚科に連れて行き、薬をもらい、昼過ぎには市内に出る。頼まれて、三越デパートで横浜までアスパラを送る。
一度ホテルに入り、身軽になって蕎麦屋で知人と飲み会。
20年以上前に、微生物飼料の普及に全国行脚を付き合ってくれた戦友なのだ。懐かしい話をひとしきり。

16日 午後から研究所に移動して打ち合わせ。新築の研究棟は、まだ引っ越しが終わったばかり。静岡の取引先の社長サンをお招きして打ち合わせた後は、新札幌で飲み会。楽しくワイワイと大いに飲んで、私は千歳のホテルまで戻ってきた。

17日 再び研究所で別の打ち合わせ。終われば、3月末に見送った元部下の様子を見に牛舎まで。元気そうで何よりだ。
昼過ぎのJALで羽田、4時過ぎには帰宅して、ベランダのゴーヤがツルを伸ばしているのを見てネットを買いに行き、夕飯前に取り付けておいた。

久々のカミサンとの晩飯は、またまた薬味たっぷりで旬の鰹、枝豆の豆腐、その他残り物を食した。
13日の金曜日。
午後からの打ち合わせの、たった二時間で、レンタカーには20cmもの雪が積もるから油断が出来ぬ。
その後の打ち合わせも終えて、国道12号線をオッカナビックリで中心部まで戻るのに1時間半かかった。
f0057955_2118018.jpg
14日 土曜日で、実家の母を訪ねた。大通りに面したビルの温度計はマイナス6℃、この日はとうとう気温がプラスにはならなかったようだ。

たまには違ったものを母に食べさせようと、食材を買っていく。
今夜のメニューは、ババ鰈の煮付け、セリと蕪の味噌汁、四角豆のお浸し、オクラ納豆など作りて食す。

15日 日曜日。テレビで京都女子マラソンを見た。まさかの雪の降りしきる中の、熱戦だった。夕刻には、明日に備えて市内のホテルまで移動しておく。

16日 月曜日。沼ノ端までJR、その後は営業所の若手にピックアップしてもらって、浦河の販売店に年始のご挨拶。いろいろ話が出来て有意義だった。
面と向かって話せば、イロイロ聞かせてくれる。営業はやはり現場に出ねばならぬことを、改めて痛感したのだ。

話が盛り上がって、辞する時間が遅れた。
若手氏とは趣味が合って楽しく語らいながらの移動だったのだけれど、夕刻の研究所への再訪は諦めざるを得なかった。再び札幌駅前のビジネスホテルに戻ってきた。

17日 火曜日、朝6時台の快速エアポートで新千歳空港。8時台のJetstarは、少々空席が目立った。それでも90%といったところか。なるほど閑散期の、片道4千円台の航空券の時期であるのだなぁ。今日もコーカソイドが多かった。

着いた成田は晴天、北海道に比べれば暖かいのだが、千葉としてはしっかり寒い。午後からは事務所に出て仕事をして、帰宅すればようやく日常が戻ってきた。

今夜は、イワシの塩焼き、鮪のトロロ、法蓮草のお浸しなどを作り、暫くぶりのカミサンと互いの出来事を語り合った。
朝からレンタカーで移動する。
路面は凍っており、主要道路は排雪されているものの、ここまであった雪の山が道路のキワにそびえ立っている。これだけ高い山も近年なかったかも知れないな。
f0057955_22263959.jpg
暫くぶりの冬道で緊張したが、運転するうちに体が思い出してきた。ブレーキのタイミング、車間距離、アクセルの踏み具合。なーに、周りが動かしている車だ、私が動かせぬわけはないのだ。

比国から帰国できないと思われた取引先の社長氏が間に合って、午後からは有意義な打ち合わせだった。我が社のノウハウが間接的に比国の農業支援に役立てば幸いである。

三つの打合わせをこなして、野幌から恐る恐るのレンタカーでの戻り。何とか無事にビジネスホテルに辿り着いてビールでお疲れさま。

月曜日には浦河まで仕事を入れてしまったが、天候が不安である。まあ、何とかなるのであろう。
いくつかの仕事をまとめて、札幌に来ている。
天候が良くないようで心配していたのだが、到着した札幌駅周辺は小降りの雪。明日は久しぶりに雪道運転となるから、気をつけましょう。
f0057955_203804.jpg
今日のJetstar便は、やたらと外国人が目立った。中国人はいつものことだが、白人のカップルや家族連れが多い。片道5千円台の航空券で、ここまで足を延ばす旅行者が多いのだろう。ちなみに17日の成田への帰路便は何と4千円台なのである。

以下、備忘録。
8日 カミサンと幕張までハリポタ外伝の映画を見に行く。
9日 少し早いが昼飯に鏡餅を食べてしまう。乾いていて、いくら煮ても焼いても柔らかくならない。水に漬けておくべきであったか。
10日 本年の初出勤日、バタバタして一日が終わった。
11日 先月の販売実績を取りまとめ。いろいろイレギュラーな売り上げがあり、単月で予算対比160%とは驚いた。
夜は同僚を我が家に招いて新年会。法蓮草のキッシュ、ローストビーフの特製ソース、鴨鍋を食しつつ、楽しく語らった。
16日は、昼前に成田空港からのJetstar。
千歳空港でレンタカーを借りて午後3時過ぎ、しかし日曜日だからなのか道路が混んでいて、実家にたどり着いたのは5時過ぎだった。
f0057955_21181688.jpg
17日、昼まで畑仕事。お終いになった作物を整理して、大根とホウレン草にトンネルをかけた。レンタカーはポップな色合いで魂消たが、その天井にはオビタダシイ雪虫。ちょうど気温が適したのでしょう、大発生だ。
f0057955_21183493.jpg
午後からは、母を整形外科に連れて行き定期健診、その前にメガネを調整して、銀行の通帳を更新して、甥の第二子誕生の祝いを現金書留、いろいろ充実した一日だった。

札幌市内は紅葉が進んでとても美しい季節にある。雪虫にも遭遇して、ああ冬が来るのだなぁと感じたことでした。

朝7時過ぎに最寄駅から電車に乗り、東京駅で乗り換えて上越新幹線。
高崎で在来線に乗り換えて新前橋に9時半、営業所長に拾ってもらって微生物飼料の販売技術支援。

三軒の生産者を回り、夕方5時台の新幹線に乗れば、7時過ぎには帰宅して夕飯の作成に取り掛かることを得た。
豚肉のキムチ炒め、昨日の残りの豚ひき肉味噌に青梗菜を追加して、生秋鮭の塩焼き。

先週後半から外出が多かったので、明日はどんなことになるのやら。まあ、シニアなのでそれほど忙しい事にはならぬのであるが、、、

今日は気温も下がり、上着が必須だった。
もはや月半ば、丁寧に仕事を進めて参りたいもの也。

3日のうちに水戸に入っておいた。
大雨が来ぬ間にルートインに到着して、夜の雨をやり過ごす。
4日は朝に取引先と合流して、那須のTMRセンターまで行く。視察の後は技術顧問氏を交えて意見交換、さすがに詳しくて大いに参考になった。
f0057955_23411823.jpg
栃木名物のレモン牛乳を飲みつつ、高速道路で移動の一日だった。
帰路は水戸の明利さんで酒を買って戻る。

21日は、5時台のバスに乗り成田空港、Jetstarで着いた新千歳空港は小雨。札幌市内に入れば、曇天なれど辛うじて雨は落ちていなかった。
f0057955_09302538.jpg
母と共に昼飯を食べて、さあ雨の降らぬうちに畑仕事だ。きゅうりとトマトとゴーヤのメンテ、雑草取りをするうちに霧雨が小雨になり、体を濡らしたので畑仕事を諦めた。
3時過ぎからは、実家の居間でノンビリさせてもらう。そうそう、ダン・ブラウンのインフェルノ下巻を読んでしまおう。バタバタだったここ一週間で、突然の休息を楽しんだ。

夜は、イナダの塩麹焼き、収穫したてのゴーヤでチャンプルー、イカオクラなど作りて食す。

22日 弱いながらも雨、研究所に行って明日の冠レース賞品を箱詰めし、本社に届けて本日の業務は終了。夜には大学の先輩が声をかけてくれて、札幌駅前で一杯。
昔一緒に仕事をした方としばらくぶりにお会いできて、いやー変わりませんね。15年ぶりになるのですねぇ。わざわざ帯広から来てもらったとは忝い事です。

楽しく語らってホテルに戻り就寝。出張に出た合間に、思いがけずにリフレッシュできたことを喜んだ。