土曜日にのんびりしてしまったので、日曜日は事務所で残務整理と今後の予定を決める。
土日は、研究所や工場の幹部職仲間にとっても遅れを取り返す貴重な時間。溜まったメールに返信していると、向こうからもメールの受領確認が来る。
苦笑いしながら、メールのやり取りをし、最後には電話を入れて、打合せをする羽目になる。

31日は日帰りで八戸。東京駅から八戸駅までは「新幹線はやて」で3時間たっぷりかかる。
ここはPCを開いてノイズキャンセリングのヘッドフォンで格好のリスニングタイムと相成った。

長丁場なので、久々のブランデンブルグ協奏曲。チェンバロが色とりどりに活躍する五番が白眉だが、三番も弦楽合奏の疾走感が心地よい。いやいや地味ながら六番も味わいが深い。我がPCに収録してあるのは、リヒター指揮のミュンヘンバッハオーケストラ版。いかにも律儀に規則正しく比較的早いスピードで音を紡いでゆく。

大学時代の私が最初に聞き、当時札幌厚生年金会館の公演まで足を運んで耳に残っているのは、ミュンヒンガーとシュトゥットゥガルト室内管弦楽団による演奏だった。
ミュンヒンガーも、何度かブランデンブルグ協奏曲の録音を残しているのだが、このリヒター版よりは総じてスピードが遅く、そして何より楽器に唄わせるのだ。あの演奏も、もう一度聴いてみたい。今度ネット検索でもしてみようと思う。

大学当時、ビートルズから入ってブリティシュロックに傾倒していた私にバロックの味を教えてくれたのは、大学時代の下宿仲間のTであった。
同じ下宿の友人Aは荒井由美を始めとする所謂ニューミュージックをよく聞いていたし、別の友人Tは拓郎とエルトンジョンだった。
隣の部屋の住人Nは山崎ハコや中島みゆき、NSPやチューリップなど当時のフォークミュージック、麻雀仲間のH先輩はマンドリン部が取り上げた合奏曲を熱く語り、ラフマニノフの素晴らしさを教えてくれた。
研究室の同輩Nは、モケモケのジャズ屋でアルトサックスを吹いた。
下宿の後輩Nは、マイルスを神と崇め、山下と富樫のデュオを私に聞かせた。
当時の仲間との交流が今の私を形成しているのだと、今更ながら思い返す三時間であった。
f0057955_18501630.jpg先日買っておいたノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンを持って、茅野まで日帰りの打合せに出かけた。

いつも出張のお供にノートPCを持って行く。PCの中にはたくさんの音楽ライブラリが収納してあるのだが、これまで使っていた耳掛け式ヘッドフォンは、長く装着していると耳が痛くなるし、音漏れするので隣の席が埋まっていると音量を上げられなかった。

このようなモニター型だと、音漏れは少ないし、耳が痛くならないのが良い。

そして、これほどの効果があるとは思わなかった「ノイズ・キャンセリング」の威力。電車のゴーゴーいう低音が、ウソのように消えてしまって、音楽がクリアに聞こえる。
これは良い買い物をした。価格は5千円ほどだったか。

夏休みに突入で、特急「あずさ」は満員である。そして、中央線は実によく揺れてくれる。電車の中は、まともに立って歩くことができない。これは何とかならないのだろうか。

f0057955_190087.jpg茅野駅の昇りホームには、黒曜石の塊がおいてあった。

懐かしい。北海道で言えば十勝石だな。
ガラス質で、剥離面が鋭いので、昔は矢じりやナイフに使われたのだ。

打ち合わせを終えて新宿に戻る頃、電話で先日の問題が再燃したことを知らされる。しかし、これから今日の協議を伝える打合せを入れている。気になりつつも、待ち合わせ場所に向かう。
ビールを飲みながら青年実業家氏と打合せ、この方はいつ見ても格好が良くて頭が良い。世の中には、こういう人もいるものだ。

電車で会社に戻れば9時半。明日一緒に出ることになった同僚が、まだ仕事をしていた。
私も、明日の釧路行きは中止して、問題解決に走らねばならない。11時過ぎまで片付け仕事をして、自宅に戻れば12時だった。
午前中はお客様まわり、サイレージ飼料の購入をいただいたお客様、熱心に小生の営業トークを聞いてくれたお客様、お忙しい中だったが次回のアポをいただけたお客様、有難し。
ところが、好事魔多し。戻っての打合せで、部下の失敗(つまり小生の管理責任)と、その結果としてお客様へご迷惑をおかけしたことを知らされ、ショック!
気落ちして事務所に戻り、うつうつとクレーム報告書をまとめた。

f0057955_22383730.jpg遅くまで仕事して帰宅。おや、CDが届いている。山口県の過疎地医療に人生をかけるお医者様から、お送りいただいたのだった。
気にかけていただき有難うございます、河郷先生。

家族で拝聴いたしましたが、別テイクの往診ハラショーを含め、みんな良い曲ですね。
リピート山中さんの歌声が、耳に残ります。
「なんとかなる、どうにかなる、なるようになる」は含蓄深い曲ですね。人事を尽くして天命を待つ、の、人に優しい肩凝らないバージョンですね。でも、「なんとかなる」で、少しは、もがいてみたい小生です。

シンガー&ソングライターのリピート山中さんは、桂雀三郎とまんぷくブラザーズの一員でもあり、このグループの作詞作曲を手がけている。「焼肉食べ放題」が有名だ。
勿論ソロ活動もしていて、このCDは、このお医者様が市町村合併で引き継いだ訪問看護ステーションを題材にした唄であるそうだ。真の人間愛に溢れた唄であります。

f0057955_22495457.gif前回のCD、このお医者様の日常を歌ったCDが作られ、患者さんや関係者に配られていると聞いた小生は、たまたま広島から山口への出張移動中にこの診療所を捜し当て、お願いしてそのCDを分けていただいたものだ。

その後、大阪での雀さん独演会でお会いできて、お礼を言い、その後は年賀状をやり取りするお付き合いをさせていただいている。

世の中には、偉い方がいるものである。そして、忙しい日常の傍らで、このようなCDを企画され、しかも小生のようなものにも届けてくださる。

誠に、世の中は有難いものであります。
今日の一日、喜んで、気落ちして、しかし就寝前には感謝の気持ちを持つことができました。
素晴らしい音がするタイムドメインのスピーカー、ここのサイトはよく覗きに行く。
で、Google Earthを教えてもらった。
ここまで見えるかと感動する。ほぼ世界中どこでも見えてしまう。Google Earth
山口県の私のお客様の牧場を探し当てた。牛舎・堆肥舎施設のレイアウト提案から、何度も堆肥の切り返し作業のお手伝いした、印象に残るお客様だ。リアルタイムではないのだが、気持ちが飛んでゆく。牛舎の左には、私が販売した密閉型堆肥発酵機の銀色のタンクもよく見える。
f0057955_12452558.jpg

アルバム発売への道  その5
CD予約しましたよー。一ヵ月後が楽しみだぁ。
ただ今、怒涛の勢いで驀進中、注目のコメディ・シンガーソングライター。
某六輔さんによれば、この方は「新しいジャンル」を開拓した!のだとか言ってました。
皆さん、是非聞いてみてね。
ビクターエンタテインメントのページで、予約購入ができます。
多分、買って損は無いはずです。
東武の特急電車の中では、後ろの会社員の関西弁の会話が騒々しい。PCを取り出して、ヘッドフォンでYESを聞いていた。名曲Awakenを聞きながら小雨にけぶる田園地帯を車窓に見て走るのは、なかなかシュールです。
浅草から地下鉄で上野駅、JRに乗り換える。
地下からエスカレーターで上がってきたところに、ハードロックカフェがある。
そういえば、YESの名盤「fragile」が飾ってあったな、数歩寄り道して写真を撮った。
f0057955_18542328.jpg

上野駅は新装して、もう3年くらい経ったのだったろうか。
昔と比べると、とても綺麗になったものだ。
f0057955_1856580.jpg

f0057955_17305466.jpg名作THE DARKSIDE OF THE MOONのトリビュート、THE MOON REVISITEDをヤフーオークションで入手した。

95年の作品だから、今から10年以上前か。
若手ミュージシャンが聞いて育った名曲を、比較的忠実に、しかし思い入れたっぷりに、遊びながら真剣に、演奏している様子。

なにしろ、こちらは頭の中にオリジナルが染み付いているから、比較するもないのだが、それなりに楽しみました。やはりイエスよりピンク・フロイドのほうが、トリビュートは辛いよね。
精神性の深さが違います。f0057955_17325398.jpg

同時に買ったカンサスのPOINT OF KNOW RETURN、懐かしく聞いた。

残念ながら、それだけでした。
懐かしいだけで、ピンクフロイドのような感慨はない。

まぁいっか。

f0057955_17403461.jpg
コメントをいただいたので追加。(H23.3.20)
a special tribute to pink floyd
それはそれはいろいろなバンドのミュージシャンが集まっていて、これも聞いていて楽しい。
f0057955_185588.jpgイエスのトリビュートアルバムが、とても良かった。
若々しい、キレのよいイエス・サウンドを聞けた。

ネットで見ていたら、ピンクフロイドのトリビュートもある。
オオタスセリさんのCDと一緒に買った。

つい、ストーカーと呼ばないで、に夢中になった。すまん。
ピンクフロイドのトリビュートは、バライアティ。
とても面白い。

日本では洋楽でも、あちらの国では自国の音楽なのだ。
皆、これを聞いて育った。参加できる喜びに溢れた演奏だ。
でも、やっぱりピンクフロイドの音とは、世界観が違っている。
ちょうど、イエスのトリビュートでジョン・アンダーソンの声が欠けていることに気付いたような、
そんな印象だ。
f0057955_188129.jpgオオタスセリのCDを、ネットで買った。
永さんのラジオを聴いて、知った。
家族で聞いて、皆で、感動した。
タイトルチューンは、徐々にエスカレートしてゆくのが凄い。
3曲目のA型のオトコッ!も軽快で好き。
4曲目の最後の肩透かしが、ニクイ。
1000円で、充実したCDだ。
今後も、楽しみなシンガー?、芸人か? だ。
才気溢れる方である。