カテゴリ:自転車( 70 )

5日 仕事始め、社長の訓示、バタバタのうちに業務が始まって、気がつけば昼。気がつけば終業だった。1月のスケジュールをあらかた埋めた。予算編成が早まったので、これは忙しくなった。

今日は寒い。ワイシャツにカーディガンを着て上着を着て、マフラーを巻いて上着のボタンをしっかり止めて、手袋をして、それでも向かい風の帰路の自転車は凍える寒さだ。
まあ、昨日までの札幌とは違って、雪がないから自転車で走る事が出来る。有難し。

6日 やはりあっという間の昼だ。3時から研究所でTV会議だから、昼飯を食わずに没頭して、1時半に事務所を自転車でスタート。途中の寿司屋で新年のご挨拶をして腹ごしらえして、千葉モノレールと動物公園を見ながら「ろっぽう水の道」を走って研究所まで。
f0057955_21554279.jpg
ここが、とりあえずの動物公園駐車場に開く、道の終わり。しかし、ここを抜けて走れば、今度は親水テラスをグルリと回る道の続きが現れるのだ。

北海道と結んだ会議は日没前に終わって、私は事務所には戻らず直帰させてもらう。
今日は昨日と同じ服装ながら、少々気温が高いのだろうか、昨夜ほどの冷え込みはない。
共に小一時間の自転車での行き帰り、体が思いだして、楽しかった事だ。
自宅の近所の市場に寄って、酒屋と魚屋に新年のご挨拶。ビールとカワハギを買って帰宅して、キムチ鍋をこしらえてカミサンの帰宅を待った。

今日は休みであった息子と、カミサンと、楽しく鍋を囲んで夕食。
そう言えば、この家で三人が揃って夕飯を食うのは初めてで、これは新年会である。乾杯!
10日 朝はカミサンが、人参のポタージュと人参のパンケーキを作ってくれた。我が家には人参が余っているのですか。
NPOの生ごみ処理に出掛けて、戻り、昼にはカミサンと車でお買い物に出る。花月庵れん月で蕎麦と蕎麦がきを食べてから、ホームセンターであれこれ購入。そうだ、研究農場に移植したミカンの木が大きくなっているのを見てこようと、寄り道してきた。

f0057955_18591640.jpg玄関前の寄せ植え鉢に手を入れる。

斑入りカズラは、アミノ酸液肥の効果もあって相変わらず生育旺盛なのだが、相方のジャスミンが枯れてしまってみすぼらしい。

ジャスミンを外し、季節の葉牡丹を一つ買って来て植え替えて、ついでにミニ門松やら正月飾りを置いてみた。
半月早いが、正月気分である。

11日 会社まで落花生のPOPを印刷に行く。戻ってラミネート加工して、NPO仲間に手渡しに、再び自転車で出た。風はやや冷たいが、陽の当たる分には暖かな冬の日である。
f0057955_20464140.jpg
昨日、蕎麦本でチェックしておいた幕張の蕎麦の店で昼にする。おっ、駐輪禁止だったのか。
蕎麦はなかなか旨い、つゆは私にはもう少し主張があるのが良い。しかし、気さくな大将や店構えなど、実に良い雰囲気だ。今度は夜に酒を飲みに来てみたいものだと思う。

どうも稲毛と花見川の辺りは、地理的なつながりがまだよく判らない。散々迷いながら、なんとか宮野木の仲間の畑でPOPを渡して、その後は楽しく市内巡行。一気にいなげの浜まで降りて、海に沈む間際の夕陽を拝んで帰路についた。

海辺では、酒が入っているでもない、恐らくキ〇ガ〇のおじさんがいて、一人不満を声高に述べ徘徊していた。論旨が整っているのか、聞いてみたい気もしたけれど、止めておいた。被害者意識を持つ側に自分を置いたら負けだと思った。
昨日の3日、午後になって雨はあがった。予報の通り、気温も上がってきたようだ。
札幌の実家の母に荷物を送り、引き落としに備えて銀行口座のメンテ、そうだ忘年会で使うビンゴゲームのカードを100円ショップで買い、移動のついでに駅でスイカにサンクスチャージ、銀行のATMからNPOの費用弁済と記帳を済ませ、生ごみ処理機のメンテ。予定通りにこなせ、上出来である。

作業の後は、NPOの理事会兼忘年会。三年計画で副会長を会長に昇格させ、それまでに基盤を拡大しようなどと話す。我が家で二次会。よく飲んだ。

今日は4日の日曜日。青空、しかして風強し。昨日の雨に洗われ、この風に吹かれたせいか、冬空の空気は澄んで、雪化粧した富士山と周囲の山々がきれいに見通せる。空には雲一つない。
f0057955_17451473.jpg
f0057955_17492483.jpg
朝は寒かったが、日が照って昼にはかなり暖かくなったので、自転車で市内巡行に出掛けた。自転車に乗るのは久し振りなり。今日は、行った事のない処に行ってみよう。
f0057955_17542598.jpg
千葉寺から青葉公園、矢作トンネルを抜けて都川に沿って走る。この道どこへ続く道。おや、対岸に公園らしき処あり。ぐるりと回ってみた。
f0057955_17544332.jpg
丹後堰公園と云うのだな。湿地に木の散策路が作ってあった。
f0057955_17545892.jpg
帰りは都町あたりから一気に中心部に出て、国道14号線の路肩を飛ばしてきた。
前ギヤのコリコリ音が少し大きくなってきたようだ。気になるのである。
12日 昨日の雨は一日で上がって今日は青空。
f0057955_16401132.jpg
朝から家の掃除、昼に家族でスタートして、蕎麦を食べてパークゴルフに行く。
陽気に誘われたのか、今日は人出が多い。道路も混んでいる。蕎麦屋は車が止められない。店を出れば何故か家族とはぐれる、高速に乗れば道を間違えたりで、どうも今日は思うにまかせない日だ。それでもパークゴルフのスコアはそこそこ、暗くなるまで遊んできた。カミサンも、パークゴルフは久し振りの息子も、まあ楽しかったようである。

13日 このところ飲み過ぎで、自転車に乗って代謝を促進せねばと勇んで自宅を出る。
会社に寄ってメールチェックをして、明日の日帰り出張の準備もすれば昼になる。
一日遅れのNPOの生ごみ処理機メンテで、一次処理物を40kgほど取りだして、種菌と床材の補充をして、ようやく蕎麦屋に向かって走り始める。
f0057955_16461596.jpg
蘇我から少し上に登って、白幡にある王壽家(おおすや)さん。なかなか旨い細打ちの蕎麦を出す。つゆは私には、も少し濃くて辛くて甘いが良いが、それでも水準以上の蕎麦である。今日は蕎麦と房総細打ち饂飩の「あいのり」を食べてきた。饂飩も半透明でコシがあって美味かった。蕎麦とは別のつゆが付いて来る。

さあて、ここまで来たのだから、今日は知らないところを走ってみよう。大森台から仁戸名、星久喜と走って都町までグルリと回る。高品を過ぎたあたりから今度は16号線の下を潜って、一度来てみたかった原町あたりを探索する。ここらはまったく都会を感じさせない谷津田と道路と民家が広がっている。そして都賀に抜ければ、途端に都会に逆戻りだ。

今日も坂の上り下りが多かった。どうもペダルの前ギヤからコリコリと音がするようになってきた。チェーンには給油しているから、これはギヤのベアリングが痛んでいるのかもしれない。自転車を何度か風で倒してから、具合が悪いようなのだ。後ろのタイヤも減ってきた。私の体重に耐えているせいで、ひび割れも目立ってきたようだ。もう一年間、乗り回したわけである。そろそろタイヤ交換を兼ねて、オーバーホールしてもらおうかしらと考えながら、4時間ほどの市内巡行を終えて帰宅した。
心地よい疲れが幸せな休日である。
明日の朝は早い。今日のうちにレンタカーを受け取りに行くとするか。
忙中閑あり、いやそれほど忙しくもないのだが、今日は休暇を取った。
少し寝坊して、NPOの請求書を作成して、投函がてらに自転車で家を出る。
銀行で費用弁済振り込みをして記帳して、昼には蕎麦を食べ、夕暮れまで市内をウロウロする。
今日のところは辛うじて曇り。明日からは雨が続くらしい。

夕飯に、芋煮を作る。
里芋と蒟蒻を煮て、人参と牛肉と椎茸と長葱を入れる。醤油が勝ってコクがないのは、最初から醤油を入れて煮たためらしい。後から入れた砂糖と味醂が、順番が逆だとカミサンに教わった。サシスセソで入れなければいけないのか。醤油が入った後では、甘味は入らぬらしい。難しいのである。
天気予報では一日雨である。朝起きたら霧である。しかし路面が濡れている様子もない。ええい、自転車で出発だ。どうせ降っても小雨であろう。街は白く霧が降りている。
f0057955_7361821.jpg
この歩道、大震災で縁石がことごとく倒れてしまっているのだ。歩道も凸凹で、亀裂が入り砂が溜まり、しかしまだそのままだ。傾いた電柱だけは新しいのを立てたのだけれど、、、
f0057955_7363848.jpg
稲毛区の先で神社を発見。ご挨拶してきた。看板がうるさいが、車が迷い込むのであろう。
f0057955_73722.jpg
小雨が強まり、海岸段丘の松のお山で一休み。一度、我が家まで戻る。
f0057955_7371835.jpg
雨が小やみになったので再びスタート。稲毛の浜の堤防の突端まで行ってみる。相変わらず、いや傾斜がひどくなってはいないか。コンクリートが左右に傾き、真ん中から割れている。これはこれで、地震の爪跡として残しておくのも良いかもしれません。
f0057955_7372893.jpg
本格的に雨が降り始めて、慌てて帰宅。濡れた濡れた。まあ、たまには雨に濡れるポタリングも楽しいものだ。要するに暖かいのである。
4日 前月締めの購買清算業務に猛然と取り組む。委託試験や新製品の広告宣伝などが多数あったから、支払いも多いのだ。ここのところ二ヶ月ばかりの仕事の総括でもある。
先月の業務報告をタイプし終えたら、もう一日が終わってしまった。

5日 NPOの生ごみ処理機メンテナンスを朝のうちに済ませてしまう。続いて降圧剤の処方箋を得て30日分のジェネリック薬を受け取る。もう一度受け取ったら、それを飲み終わるのは来年である。

そのまま自転車で、街の中心部を大きく西に迂回して若葉区まで遠出した。作草部からみつわ台、都賀から千城台に抜けて東金街道。車が多く、道幅は狭く、ここは自転車には危険だ。
f0057955_18333168.jpg
道を一本、南側に外してみたら、何やらサイクリングコースと書いてある。これはラッキーだ。
平和公園と泉自然公園をつなぐルートなのだね。そのまま泉自然公園まで行ってみた。
f0057955_18364136.jpg
とても広い公園で、生物多様性度満点!いたる所に「マムシに注意」と書いてある。基本的に、自転車は公園の中は走れない。外周がグルリとサイクリングロードになっている。
f0057955_20331172.jpg
f0057955_18454345.jpg池の端から看板に指示されて、突然の昇りになる。半端ではない昇りだが、意地でも自転車を降りるものかと、前ギヤを落として踏ん張る。そのうち今度は急な下りになって、看板には「自転車を降りろ」と書いてあったりして心配症である。

そして、何と階段が現れた。サイクリングロードなのに階段だなんて、信じられない。池では、鴨と亀が仲良く日光浴していた。

f0057955_18491265.jpgさて実は、今日は会社の忘年会会場の下見に来たのである。
1時に、車でくるカミサンと待ち合わせて、昼のミニ会席を食べてみた。

色彩豊かで美味しい料理の数々、ご馳走様でした。酒が飲めぬのが残念である。
前輪を外して、自転車をポルテの後部座席に積み込んで、帰路は楽をさせてもらった。

思いがけずサイクリングロードも発見して、適度に汗をかいて適度に疲労して、今日の酒は旨かろうと言うものだ。近所の魚屋で、900円でブリを買って、カミサンの料理に期待である。
私の会社は海辺にある。そして、海辺はどうしても風が強い。
ビュンと風が吹けば、自転車置き場で自転車たちがガシャガシャと倒れまくる。
起こすたびに倒れて、一日に何度も倒れてしまう。一度倒れたら、そのままにしておく方が自転車に傷がつかない。かと言って、倒れたままにしておくのも忍びない。
f0057955_20442643.jpg
ブログ繋がりの自転車のプロの方に聞いてみたが、決定打は無いらしい。
昨日も自転車屋さんでスタンドをいくつか見たが、どうもピンと来ない。
いっそ駐輪場の鉄製金具でも探してみるかと、「風で倒れない 自転車」などでググると、おお やはり売っているのだな。自転車屋さんではなくて、大きなホームセンターに行くべきであったか。
こんな商品が代表的だ。これを買って、自転車置き場の舗装面に長いアンカーボルトを打ち込んで固定してやろうかしら。

今日は気温が低い。自転車も漕ぎ出しは寒い。
体が温まって帰宅しても、家の中にいればシンシンと冷えてくる。そうだ、去年の今頃とそれからは、ウインドブレーカーだ、手袋だ、毛糸の帽子だ、で通勤していたのだ。
秋が深まり、冬に向かっている事を実感することだ。
じっくりと音楽を聞く環境を失って久しい。
PC に繋いで両脇の、目の前にあるタイムドメインスピーカーには満足しているが、階下の住人や、ましてや家族の迷惑にならぬ音量で聞かざるを得ない団地住まいである。

本は読んでいる。
しかし読書は没入せねばならぬ。まだ陽も高いうちから、家に居て本を読もうとは思わない。

テレビは見ない。ではDVDで映画でも見ようか、画像と音の奔流に感覚を任せるのも時には悪くは無いのだが、読書よりも音楽よりも、目と耳を奪う動画は危険な情報入力装置であると知っている。
我が魂を健全に保つには、あまり動画系は見ぬ事だ。

で、やはり外気の中に自転車で漕ぎ出すのが宜しい。
体が目覚める。五感で情報を取り込みながら、自らの感覚がリセットされる思いだ。
いいなあ自転車。周囲の騒音も風切る音も、空気の匂いも、めまぐるしく変わる景色も、体に伝わる振動も、全部が私のものだ。

千葉銀行でNPOの振込と記帳、蘇我のアリオで自転車屋を冷やかし、国道をまたぐ歩道橋で携帯で仕事、白旗の蕎麦屋は休みで、道に迷うのも楽しみながら「れん月」で新蕎麦。
f0057955_21475851.jpg
市内を縦断して千葉公園と靖国神社、千葉大前のコンビニで飲み物とつまみと宇宙兄弟の新刊をゲットして、近所の公園のベンチで読みふけりながら一休み、続いて海に向かって海岸段丘を降り、
f0057955_2148328.jpg
ようやく工事が始まった歩道橋を楽しみに、コンビニでジョジョのクジを引けどもディオ様は当たらず、海辺で沈む夕陽を見ながら携帯で打ち合わせ、今夜の夕食の材料とビールと酒を買って帰宅した。

焼いた秋刀魚の炊き込み飯の米を研ぎ、茶エノキと牡蠣の味噌汁をこしらえる。出汁で炊いたヒラタケは、帰ってきたカミサンに片栗粉を加えてもらい、温めた寄せ豆腐のあんかけにする。私は片栗粉の使い方が下手くそなのだ。
酒が旨い。休日の締めくくりとしては満足な、秋の有給休暇の一日であった。
台風が中部から本州を直撃しつつある、北海道は晴れではないが自転車日和だ。
勇んで研究所までの通勤に漕ぎだしたら、横断歩道で発進時に何と転んでしまった。

ギアを重いままにしていて、右足でペダルを踏んでスタートしたら、左足のペダルが裏を向いているのが靴底の感触で判ったから、いつもの通りつま先でペダルを蹴って回して踏みこもうとした。横にも自転車がいたし、前から人や自転車が渡ってくるので、ハンドルにも気を取られた。左足がペダルに絡まった感じで、いとも容易くパタンと転んでしまった。

こんな事で転ぶかなぁ。反射神経が鈍すぎる。自転車を漕いできて20分以上が過ぎていたから、体が目覚めていなかったわけではない。何とも情けなかった。

f0057955_8392579.jpgまあ、朝からの会議には間に合って、その後は包装資材の打ち合わせもして、自転車で本社に戻る。財務とに相談事があり、その後も諸々のやりとりをしてから帰宅した。

雨には会わなかったが、夜には北海道にも台風の影響が出始めるようだ。

カメレオン号は、ペダルを回すと僅かに異音がする。駆動系のどこかを傷めたかもしれない。
札幌で自転車に乗れるのももう少し。
今年はオーバーホールしてもらおう。転んだせいで一日中気落ちしていた。