カテゴリ:日常の雑感、覚書( 1405 )

台風が通り過ぎたら、また夏がやってきた。
暑いし蒸している。一度涼しくなってから、また暑さがぶり返すと、体に負担が大きい気がする。

7日は、午後から予定通り真岡の企業に副産物の打合せ。台風で設備に支障があったとやらで打合せが出来ません、ではサンプルだけいただきます。那須まで移動して宿泊。今日が最終日のセブンイレブンの70円おでんを肴にビールで夕食。早く寝た。

8日は、営業所で打合せ。こんなご時世で、ただ安い基礎飼料を求められている。しからば、これでどうだ。新規原料で設計したサイレージ飼料だが、当社の試験牛には聞いていない。野心作と言えなくもない。打合せの後、東北道が混まないうちに、千葉まで戻る。

9日の今日は、昼まで大寝坊。午後から会社に出て、流れた会議と昨日の会議をまとめてメールで流す。おお、明日は月曜日だ。体を休める時間もない、って昼まで寝ていた私だった。
今日のうちに富士宮に入っておかねばならなかった。
上司の都合も加味して、その日に日程が変更された会議であった。
夜に富士宮に着けば良い、となれば、どうしても就業時間までは事務所で仕事をしてしまう。
さあ、6時を過ぎた。台風は近づいているが出かけるとしよう。

ネットで調べれば、新幹線が風雨が強まったため、新横浜駅などで待機している。これは不通になりそうだ、車で出かけることにした。

走りながらラジオを聴いていると、東名高速は清水の向こうが通行止めになった。
これは念の為に中央道から回るしかないか。と考えていたら、今度は中央道の勝沼-八王子間も大雨で通行止めになってしまった。
これは困った、やはり東名高速しかないのかと思い直して、とりあえず首都高に繋がる京葉道路に進入したところで、営業所長から電話。彼の上司が新幹線の中で缶詰になったらしい。
明日の会議は止めましょうか、と言う。

もう少し状況を見ましょう、として電話を切ったら、しばらくして私の上司からも電話が来た。彼も新幹線の中で缶詰である。お前は戻れ。俺も何とか帰る、というので、では部長お気をつけて。この時点で会議の中止を決めた。営業所長に電話をし、京葉道路を降りて自宅に戻ってきた。

ますます強まる風雨。会議で決めるつもりだった事柄が、頭をよぎる。またメンバーの日程を合わせるのは容易ではない。とりあえずメールでのやリ取りで進めておかねばなるまい。そんなことを考えながら、ガタガタと叩かれる窓の音の中で、就寝となった。
昨夜は、家族で食事。
自宅と、私の会社から、それぞれ歩いて30分のところにある「和食レストランとんでん」に、夜7:30で待ち合わせた。気温は下がっているが湿度があって、早足で歩くと大汗をかいた。
お勧めメニューの「ほっき貝の刺身」「さんまの刺身」が美味かった。
その後は家族3人でカラオケ屋に入ってみた。
息子の歌う曲は、最近のものなのか、テンポばかり早くで、何やら判らぬ早口歌。これがいいんだそうである。

今日は、昼から昔NPOでお世話になった先生を、会長と共に訪問。肝心の生ごみ処理の話から、お相撲さん、鋼材の値上がり、介護業の厳しい実態など、いろいろ喋ってきた。

さあ、またとない空いた時間だ。床屋に行って髪を切る。3度目は15%安になり、気を良くした。ついでに皮膚科に行って、気になっていたイボを取る。
もみ上げの下に出来たウィルス性のイボで、髭剃りに邪魔でしょうがなかったのだ。
先生は問診もそこそこに、二つ返事で助手さんに指示して消えた。横にならされて、液体窒素を含ませた綿棒でイボを焼く。
これで組織が死に、10日もすればイボはかさぶたになって落ちる、との事だ。
請求書を見てたまげた。6900円とは、随分高いものだ。ほんの数分の処置だったが、書面には「手術」と書いてある。
床屋とイボ取りで、かみさんから貰った一万円札が消えていった。
さて、おじさんの風采は、一万円分上がったであろうか。
私の住む団地の夏祭りに、NPOとして出店した。
出し物は、NPOの理事仲間の市内の畑作農家が用意してくれた「朝取りきゅうり」に、味噌か味噌マヨネーズを添えたもの、1本50円。
ミニトマトにモツァレラタイプのチーズをカップに入れ、オリーブオイルとバジルと塩を振ったもの、1カップ100円。
取れたて・茹でたての落花生、1カップ100円。
そして、やはりこれがなくては、完熟牛糞堆肥、小袋50円だ。

朝取りきゅうりは、美味くて当たり前。この土日の二日とも、5時過ぎに完売してしまった。
一日目が2時からの開店で100本。二日目の今日は9時からの開店で200本。売り切れは悪いことではないが、あまりにも早いと、祭りの出店としては問題がある。
せっかく買いにきてくれたお客様、特に子供のリピーターに申し訳がない。来年からは、ちょうど良い時間に終売になるよう、仕入れ数量を検討しなければならない。

去年の倍くらい売れた計算になるのだが、その訳は演出である。
木の桶に、氷を置き、きゅうりを浮かべた。いかにも涼しげだった。よくアピールできたと思う。
f0057955_22493938.jpg

私としては、店では「きゅうり」をメインにしながらも、商売柄、実は野菜にかこつけて乳製品をアピールしたかった。
トマトと相性のよいチーズ、去年はトマトを切ってフレッシュチーズをかけて出したら「食べにくい」と不評だったので、今年はミニトマトにモツァレラタイプのチーズを薄片にして沿えてカップに入れ、オリーブオイルとバジルと塩を振ってみた。演出もきゅうりと合わせて涼しげに。
そこそこ売れた。一部の方には、大いにウケた。来年は、もう少し考えてみたい。

夏祭りの出店で「きゅうりの丸かじり、味噌添え」もユニークだと思うが、トマトとチーズのカップ入りも珍しかろう。これからも、こだわりの食材とメニューで関与したいものだ。
二日ほど前の深夜、帰宅してシャワーを浴びて、ふと天井を見ると小さな黒い蛾が二匹とまっていて、互いに尻を向けている。交尾をしているのか?
すぐ叩き落して、向こうを見れば、あれれまだいるではないか。
ピンときた。かあさん、家のどこかで虫が湧いているぞ!(自然発生説)
f0057955_12165622.jpgさあ、そう思って調べたら、いるわいるわ。どこの部屋の天井にも、壁にも、たくさんいる。

玄米かも知れない、とカミサンが言う。
廊下の中ほどに、昨年から食べ残した玄米入りの米袋が置いてあり、さあ良く見ると、体長10ミリほどの蛆虫がウニョウニョしていた。すぐさまそのままゴミ袋に入れて密封したが、既にかなりの蛆虫が袋からの脱出に成功したらしい。壁を這い登り、天井の際に糸で固められた蛹が多数見つかった。f0057955_12172581.jpg

汚染物を封鎖して事が済んだかに思えたが、昨日の夜にも数匹を駆除、今日の朝もまだいる。
玄米の米袋の横に置いてあった紙袋や繊維ものにも、大量に移住していたのだった。
本日の掃除で、これらをすべて捨てて、掃除して、ようやく駆除が完了した。
何種類か、いたようだが、メイガの類であるらしかった。

彼等にしてみれば、米袋の中は繁殖天国だったろうな。米袋の中をあけて見なかったことが、少し悔やまれた。
日頃から通りかかる工事現場。このあいだ、壁に説明看板が設置されていた。
ニューマチックケーソン工法と言うのだそうで、コンクリート製の中空の構造物を地面にかぶせて、その下に人間や作業機械が入り込んで地面を掘り込んでいくのだそうだ。
水の上から伏せたコップを差し込んでも、コップの中に水が入らない原理であるとか。
f0057955_9391693.jpg
なるほど、それで工事現場のクレーンなどが当初より低くなって行ったのだ、と納得した。確かに、こんな海岸ふちで深い穴を掘ったりすれば、水が湧き出してどうしようもなくなる訳である。

最近、この現場に花壇が出来た。とてもキレイに出来ていて、入り口を守るオジサンに聞いてみると、「所長が好きでしてねぇ」とのお答え。大きな構造物だけに無愛想になりがちな工事建物だが、色とりどりの花々に心が和みます。
f0057955_947301.jpg

二、三日前に梅雨明けしたようだ。昨日などは、まだ蒸していたが一気に夏が来た陽気だった。
今日も朝から暑い。昼までは自宅でNPOの会報の手直し編集と、号外の製作。午後からは、買出しから戻ったカミサンに車を貸してもらって、会社に出て残務整理をした。

会社では、自分のペースで進めるはずが、出先に上司が出張っていて、メールを開いたのが運の尽きで私が事務所で仕事をしているのがバレ、図らずも電話とメールで指図されながら仕事をする羽目になる。仕事好きの上司も、社内イントラネットも共に良し悪しである。
まあ、仕事の完成度は増したわけだから良し。

お陰で事務所を出ると暗くなってしまい、頼まれていた完熟堆肥を袋詰めにして送る作業が出来なかった。またいつか時間を作ろう。なかなか難しいのだが。

夕方の外気は、少しばかり涼しく感じる。こんな日は鉄筋コンクリートの団地の家に戻ると、家の中のほうが暑い。昼間の熱気を建物が吸熱しているのだろう。夏が来たなと感じることだ。
昨日は、ゆっくり寝て、ブログ日記の整理をして、掃除を少し手伝って、机の周辺の片付けをして、ウダウダしていたら、それで一日が過ぎてしまった。

今日は、朝からNPOの仕事を進めながら、さあ家族3人で選挙に行こう。
候補者も、政党も、ともに私の中で決まっているものはない。消去法で考えれば、自民党になってしまうのだが、自民党を支持しているわけではない。
年金問題をとやかく論じる候補者や政党がある。しかし、こんな話題などマスコミに騒がせておけばよい。政治の形を、外交の姿勢を、この国の将来を、国民と真摯に議論する、そんな政党が現れないのだろうか。

周囲のサラリーマンおじさん達と選挙の話をすれば、必ずこの話になる。実社会で活躍している勤勉で善良な社会人のほとんどは、そう思っているだろう。
どうやら人間には手に負えないことが判ってきた原子力発電は、そろそろ止めるべし。持続可能な社会を標榜し、農業を国の根幹に据える政党が出てきたなら、必ず応援するのだがな。

そんなことを考えながら、選挙の後は月末恒例の床屋に行って頭を刈ってもらう。
その後は、NPOの買い物で近所の電気店に行く。ラベルシールを買ってきて、野菜に貼るシールを印刷しだしたら、この暑さも手伝ってかシールがプリンタ内部でジャムって、剥がれて、貼り付いて、プリンタが壊れてしまった。

NPOの作業は、今日しかできない。まさかプリンタが壊れることは予想しておらず、これでは今日の予定が消化できず迷惑をかけてしまう。
仕方なく会長に「NPOとしてプリンタを購入したい」と電話し、ご了解をいただいて再び電気店に行き、特売していたプリンタを買い込んできた。
ついでに壊れたプリンタの話しをしたら、買ったこの店から修理に出してもらえるというので、一度家に戻って今度は壊れたプリンタを運んだ。今日は通算3回の往復をする羽目になった。

f0057955_2301459.jpg作業に当てるべく予定していた3時間あまりを、電気店との行き来とプリンタのインストールで費やしてしまい、今ようやく野菜シールの印刷を終えて、理事名刺の印刷にかかり始めた。
今日中に会報原稿を作ってしまいたかったが、さあ何処まで出来るか。

新しいプリンタは、印刷も早く6色インクで思ってもみない綺麗な仕上がり、怪我の功名である。
暑い一日だったが、10時を過ぎて雷が鳴り雨が降りはじめた。東京に豪雨注意報をもたらした雨雲が、千葉にも伸びてきたのだろうか。梅雨明けが待ち遠しいことである。
朝はゆっくり寝ていたが、9時過ぎに朝飯。夕方からのNPO理事会の資料などを印刷して、10時過ぎに行って来ます。
会社では、私の上司も含めて、仕事が好きな方々が、ここぞとばかりに、土曜日なのに仕事をしていた。お疲れ様です。

5時過ぎまで会社にいたが、相変わらず新しい仕事の整理もつかず、自分でも嫌になるほど処理スピードが遅い。
新しい仕事のあらましが腑に落ちるまで、これはしょうがない。
自分なりに再構成しなければ、自分で管理できるように構築しなおさねば、これは無理なのだ。
前任者のどうこうは言うまい。私ならば、もっとスマートにこなせるはずである。

夕方は、NPOの理事会の約束だ。
こちらは、比較的近い将来の絵を描けばよいので、気がラクだし大いに楽しみである。
今日は、朝から天気が良い。気温も上がっている。梅雨明けが近づいてきたようだ。
午前の会議と、午後の会議の二連発。ほとほと疲れて、8時過ぎには会社を逃げてきた。

昨日19日は、夜8時でようやく会議の資料がまとまり、部下をねぎらって飲みに出た。
二つ目の店はいつものスタンドバー、帰りは12時を過ぎていた。

18日は、朝から来客、その後は浜松町まで出向いて会議、戻って会議の資料作りに夜11時過ぎまで頑張っていた。

17日は、午後から課内打合せ、その後はやはり夜11時過ぎまで頑張っていた。

ハードな一週間だった。

明日は夜のNPO理事会まで、会社で残務整理の予定。
明後日は出張の準備をして、昼の飛行機で札幌だ。
札幌では、母上と次男を呼んで飯を食う予定也。札幌駅周辺で美味しい店を検索しておこう。