カテゴリ:日常の雑感、覚書( 1346 )

26日の金曜日 午前中はお客様対応。その後は販促物の配布準備をしながら、昼には都内で展示会。その後はヒコーキに乗って夜には札幌はススキノの定宿。
f0057955_7462615.jpg
27日 実家の畑仕事に来たというのに雨である。それもなかなか本格的な雨である。捕植する苗を買いに行ったり、妻の実家の隣家を訪ね排雪の取りまとめをお願いしたり、母の台所仕事用の椅子など買い求めて戻る。

夕方には雨が上がり、ようやく畑仕事ができた。
時間がないので必要最小限の作業に留める。なあに、北国の庭はこれから本番なのだ。

28日 庭でフキを収穫する。今や増えて増えて畑を侵食されて困らされているものの、やはり旬の食材ではある。少しもらって帰ろうかしら。
雑務の整理で昼、夕刻からのチームミーティングに備え、終われば定時に帰宅。まあ、そこそこ働いているのである。
f0057955_2112822.jpg
咲き誇ったツツジが終わって、今度は溢れるばかりのサツキが見事な季節になった。

昨夜に買ってあった鮪の柵を漬けにしていたので、今夜は珍しく飯を炊き、酢飯にして漬け丼。酢飯の上に海苔を置き、漬けを並べて刻んだネギをトッピング。サヤ豌豆と椎茸の味噌汁にはアオサ海苔、アスパラガスに豚肉を巻いて味醂と醤油で蒸し焼き。

昨日からは気温も下がり、過ごし易い一日だった。
しかし、もはやルイガノ号で帰宅すれば、シャワーが欠かせぬ。
帰宅して、ようやくズボンを夏物に入れ替えたが、さあて全般的な衣替えはいつできるのだろうか。バタバタと一日が過ぎてゆく。
22日 月曜日、雑務を処理するうちに定時に至る。
いなくなった若い者の代わりに広告宣伝の諸作業を進めつつ、経緯と関連情報を整理して綴る。後で誰が見ても判るように、メモを残しつつ綴る。

若い人はこれができない、自分だけ判ってただ綴るので、他人が見たら苦労する。仕事を客観的に見る目は、流石にこの年になれば自動的に習得されている。

帰宅すれば洗濯機と冷蔵庫が届くので、設置準備をし、作業を見守り、そしてカミサンと外食に出る。帰宅して片付けに精を出す。
新しい電化製品は進んでるね、やっぱり。
f0057955_2058865.jpg
23日 火曜日、突然に朝9時に浜松町まで呼び出され、せっかく都内に出るのであれば懸案事項も片付けておこうと午後イチで浅草。
暑い日に都内を歩き回って、すっかりイキが下がって帰社。2時間ほどメールと格闘して帰宅。

今夜は冷蔵庫のパーシャル機能とかを試してやろうと刺身。青梗菜と油揚げの炒めなどの予定である。
家の掃除をして、掃除機もバラシて水洗い。
上の息子が床屋のついでに寄るというので、三人一緒にラーメンを食べに行った。
f0057955_16545388.jpg
隣席とは板で仕切られており、自慢のとんこつラーメンに集中できる、その名も「味集中カウンター」だって。
ここまでせぬとも、とは思うが、味はよいのである。ネギとキクラゲの追加が、私の定番である。
f0057955_16592394.jpg
息子からは夫婦箸のプレゼント、忝い。母の日と父の日をまとめたとか。そー言えばもうすぐ結婚記念日であるなぁ。
f0057955_1712756.jpg
息子を最寄り駅で降ろして、中心部まで。母に送る腕時計を買い求めた。
電池が切れて交換しなければ、とか言っていたので、便利な電波ソーラーを選ぶ。婦人用はメタルバンドの華やかで可愛いデザインが多い、婆様にはちとそぐわないし、母は皮膚がデリケートなので皮バンドでなければならぬ。というわけで、あまり選べず安物になってしまったが、まあイイか。

帰宅して、鶏もも肉と新玉ねぎの炒め煮を作り、床屋から戻った息子にも分けて持たせる。
今日も好天、暑かったな。近所のイズミヤさんが撤退してイオンになる、朝から足場工事でガチャガチャと騒がしい。千葉市長選挙の宣伝カーも姦しい。共産党の候補者は、千葉市長選なのに安倍暴走政治を許さないとかがなっている。まあ確かに暴走だが、千葉市の事を何故言わぬ。勝ち目が無いのでとりあえず自民党批判なんでしょうね。きっと。
21日 前回果たせなかった海老天蕎麦を食べんと両国に出かけたいのだが、洗濯が終わらぬ。あと5分表示を信じて待つのだが、脱水の際の荷のバランスが悪いらしく、途中で断念しては「すすぎ」からやり直して「あと11分」を繰り返す。見ていてキレました。

乾燥機能はなぜか使えなくなって久しいし、もうダメだなこの洗濯機。数えてみれば10年以上活躍してくれた、当時は登場したてだった横ドラム式だ。カミサンに言わせれば、上から投入する洗濯槽が立って回る洗濯機では、ワイシャツの襟の汚れ落ちなどに大きな違いがある由。ドラム内で洗濯物が上から下に落ちる衝撃が汚れを落とすのであろうとか。

また脱水を続けたがる洗濯機を説き伏せて止めて中身を取り出し、ベランダに干して、遅まきながらの出発だ。電車を乗り継いで、今度は錦糸町側から蕎麦屋にアプローチする。おっ、今日は開店していましたね。

なるほど海老天は立派で美味しかったが、肝心の蕎麦が落第。ここは一度来ればよい店である。本所と東駒形を歩いてスカイツリー近くまで行き、また両国まで戻ってきた。実によい天気で気温も高い、汗をかいて歩くのは久しぶり也。
f0057955_16394919.jpg
総武線で戻って幕張駅で下車、歩いてヤマダ電機まで。
パナソニックのオジサンに勧められるままに、洗濯機と冷蔵庫も購入、実は冷蔵庫も製氷機が壊れて久しく不便していた。
思いがけない高額出費となってしまった。
20日 金曜日、9時から歯医者なので少し遅れて出社。
ようやく奥歯のインプラントに建てた歯を本着、隣の歯とは若干低くするのがセオリーであるらしい。やはり顎で噛んでいる感ある。

会社では、皆が出払って島に一人だったので、電話番をしながら残務処理。ああよく働いた一日であったな。
暖かな自転車日和を楽しんで帰宅、冷蔵庫に残った材料で卵とエリンギと水菜の炒め、豚肉と玉蒟蒻の煮物、絹生揚げの焼き物など作りて食す。
天気予報で、今日は昼には雷雨と脅かされていた。
行けるときには自転車で出る主義である、少々肌寒い風を切りルイガノ号で通勤したのだ。

昼休みまではそこそこ気温も上がって自転車日和だったが、2時を過ぎた頃だったろうか一天俄かにかき曇り、ドドンと雷鳴に気付けばバタバタと大粒の雨が叩いてきた。

これは自転車での帰宅は無理と諦めていたら、5時を過ぎた頃には青空で快適に戻ってこれたのは幸いであった。
暫くぶりの出社なので、たくさん仕事をした。
f0057955_2054426.jpg
夕飯は新玉ねぎと豚肉を刻んで麻婆豆腐、水菜とトマトときゅうりでツナサラダ、大根と蒟蒻とエリンギと鰯ツミレの煮物。
頼まれて札幌市民生協にお買い物。朝9時過ぎの開店直後だというのに、駐車場は8割ほど埋まり、店内は家族連れで大賑わい、レジには長い行列だ。驚いた。
朝のうちにジーサン・バーサンを買い物に連れて行こうとする人達が多いのだろう。とは母の解釈である。
f0057955_1649654.jpg
首尾よくホームセンターでゴーヤの苗をゲット、しかし接ぎ苗しかなくって値段が高い、そしてこの時期なのにヒョロヒョロと徒長気味で大丈夫か、この苗。まあ仕方がないので定植。
f0057955_16535679.jpg
妹の旦那が母の日の花を持ってきてくれて、ひとしきり話す。数歳年上の彼は、持病の腰が辛くなり、そろそろ自営している会社を閉じるつもりのようだった。

スイートコーンと枝豆の種を蒔いて、今回の畑仕事は終了とした。
庭をグルリと見回ってアスパラを今年初収穫だ。立派なLLサイズ、しかもこれからドンドン出てくるようだ。母が腰が痛くて収穫できないのではないかしらんと、少し心配である。
f0057955_1744653.jpg
今夜は、豚肉とキノコと焼き豆腐の炊きもの、イカの刺身とオクラの和え物、庭で採ってきたニラで卵とじなどを計画している。
さあて札幌である。
昼前に、母に初鰹を食べさせるべく買い物を済ませて実家に到着、昼飯を待たずに畑仕事とした。

GWに播いた豌豆や葉物は発芽しており、例年通りスギナ退治に頑張った。昼からは近所のホームセンターに苗を買いに行き、ズッキーニ、胡瓜、トマト、ピーマン、茄子などを定植する。しかし、風が強まって、これはとんでもなく寒い。こんなに寒いのに植えて御免ネと苗に詫びつつ、しかし地温はふんわり暖かなのである。
f0057955_19473968.jpg
ホントは、まだ早いのだ、苗の定植。しかし、こちとら次がいつ来れるかが判らぬので止むを得ない。植えた苗には風避け対策を施しておいた。

明日は、グリーンカーテン用のゴーヤの苗を買って来よう。これもまだ早いンだけど、仕方がないよね。そうそう、隠元豆と枝豆と大根と人参の種蒔きもした。今年の菜園は果たしてどうなるか、手間はかかるが楽しみなのである。

夜は、薬味がたっぷりの鰹をメインに、海藻とアスパラと海老で酢の物、茄子と鶏肉の豆板醬味噌炒めなど作りて食す。
午前中は事務所で仕事して、しかし携帯電話を忘れたので早めに失礼して、帰宅して昼飯。12時の電車で都内に向かった。
f0057955_9194760.jpg
東京駅を丸の内側に出て、日比谷公園から桜田門を曲がり農水省。取引会社の社長さんと合流して、飼料輸入の届け出について指導を受けた。特に問題もなくよかったよかった、これであとは作って売るだけである。

燕尾服のご老人と和装の奥様の二人連れが多数、春の叙勲の日なのだな。皆さんそれぞれ我が国を作って来られた方々なのでしょう。お疲れさまでした&おめでとうございます。

有楽町から浜松町で久々のモノレールで羽田空港。修学旅行生と共に千歳空港。上着を持って歩いて汗ばむ都内から、機を降りればコートも必要な北海道だった。

快速エアポートで新札幌、地下鉄に乗り換えて南郷7丁目。蕎麦屋で一杯やって薄野の定宿に泊まっている。今野敏の竜崎シリーズの5.5、そしていよいよ碓氷弘一シリーズにも取り掛かって、まことに幸せな移動時間であった。