カテゴリ:日常の雑感、覚書( 1400 )

13日 打ち合わせ場所は北大の裏側にある。時間があるので、駅前ホテルから北大構内をテクテク歩く事にした。
f0057955_2113388.jpg
樹木は既に冬を迎える準備で盛大に葉を落としている。学生らのほかには、近所のお散歩らしきご夫婦、或いは犬を連れた方々、そしてやはり早朝からいるのだな、声高に話しカメラを構える亜細亜系の観光客の家族。
f0057955_21184030.jpg
小一時間で打ち合わせを終えて、再び北大構内を戻る。クラーク博士にご挨拶をして、昼過ぎには新千歳空港に移動した。
f0057955_21201143.jpg
雨が降り出した千歳を離陸して、成田空港への着陸時には大きく機体が揺れた。帰宅した午後7時過ぎ、千葉にも雨が降り始めた。

14日 雨模様でエスケープ号での通勤は諦めた。
久しぶりの日常が戻ってきた。出張報告やら、出張精算やら、資料の打ち合わせで、それなりに忙しく定時を迎えて帰宅。
もはや11月も折り返そうとしているのだな。
6日 何やら久々の通勤、エスケープ号で切る風が心地よい。
出張精算をして、参加した現地検討会のまとめなど。
有意義な経験は社内で共有化を急ぎたい、技術系シニア社員のなすべきことである。

帰宅して、生鮭(冷凍だけど)を焼いて大根おろし。これを食べたかった。あとはカブの葉の味噌汁と、冷蔵庫の残り物をいろいろ。

7日 単身赴任の千葉で客死した同僚、朝イチで会社でお別れ会。気を取り直して、10月の売上高実績をまとめる。

昨日に増して昼間は暖かだ。
昼休みには念願だった1100円床屋に行き、サッパリとして午後は技術資料のまとめの続き。

帰宅して、ピーマン系が余っていたから、牛肉とタケノコを買ってきて青椒肉絲。大根と豆腐揚げとエリンギの煮物など。
この陽気も今日まで、明日からは崩れるらしい。
3日 金曜日で文化の日で祝日なのだが、カミサンは仕事。
良い天気なので、私はエスケープ号で出かけて、昼にはラーメンを食して帰宅する。夜は鶏肉と根菜などの煮物、粉を付けない治部煮みたいになった。
f0057955_20133496.jpg
4日 朝は軽めにヨーグルトなど、昼に向けてポトフを作ってみた。なかなか美味しくできて、白ワインと共にカミサンと優雅にランチをいただく。

札幌の家を貸す契約書に捺印して送り、机周りを片付ける。
買い物に行って、夜は豚シャブ。夕方から気温が下がったとはいえ、とても暖かな秋の一日だった。
f0057955_20181053.jpg
5日 昨日のニュースで、津田沼でソーセージとビールのイベントあり。これは行かずばなるまい。
家の掃除をして、昼前に津田沼に到着。駅前の公園では、名物「習志野ソーセージ」とドイツビール各種の屋台。聞けば、10月に開催予定だったが台風で順延したとか。昨日今日と晴れて良かったですね。

天候に恵まれたこの三日間、久しぶりに家に居て、いろいろしてリセットできた気がする。TVでは、トランプの娘さんが来たとやら、大統領夫妻も来たとやら、シンゾーとゴルフをしたとやら、そして神奈川の殺人鬼のその後やら。
30日 午後から久しぶりの飼料開発の社長さんが来社。
またもや状況が変わっていて、面食らったが社内の仕入れ部署には繋いでおいた。

打診していた商社に嫌われたとか言っていたが、相変わらず、悪気はないのであろうが、自分中心で宇宙が回っている方で、相手にしてみれば都度々々に話が変わっては付き合いきれないのが本音だろう。期を見て助言してあげようかな。

自転車での帰路は、風が強く、物凄く寒い。
私は風の子」と頑張って帰ってきたが、煮物を拵えてカミサンと燗酒で体を温めた。

31日 製品チラシの編集原案をまとめて、夕方は時間があったので早めに退社してクリニックで処方箋を貰い、一か月分の降圧剤をゲット。ああ、今日で10月も終わってしまったのだ。
f0057955_18263448.jpg
1日 飼料用イネの事例発表会で熊谷は籠原に来て泊っている。
千葉からだと二時間以上かかるので、今日の午後からなのだが直行。明日の現地検討会の後は直帰の予定である。

画期的な飼料イネ「つきすずか」と、これを収穫する装置と添加する乳酸菌。補助金頼みと言われればそれまでだが、田んぼから高品質な自給飼料を生産できる技術体系は整ったと言える。
27日から札幌に行っていた。母が一般病棟からリハビリ棟にベッドを移すことになり、リハビリ棟は私服で過ごすので、持っていくものがいろいろある。

いちいち動くときにイテテテと言っていた母も、ずいぶんと痛みは和らいだようで、一時は落ち込んでいたが気分も上向いて来た。やはり人間ポジティヴにならねば。

土曜日に洗濯物と普段着を届けて、今日は追加で頼まれたものを二つ三つ持って行った。まだ趣味の漢字ナンクロに向かう気は起きないとやら、前回の入院で好評だった香月日輪の、今度は妖怪アパートシリーズを持っていったら面白く読み込んでいるようだ。

新千歳空港からのJetstarfは、成田上空で台風の雲の中を降下するが、なかなか地面が見えなかった。30分ほど遅れて着陸、成田では大雨だったがバスを降りた検見川浜はパラ雨で助かった。

冷蔵庫の野菜の処理を目的にカミサンと夕飯。
土日が休めないと、この頃はツライ。明日からはノンビリ仕事をさせてもらおう。外では台風による雨が強まってきたようだ。
23日 台風一過の青空、しかし風強し。
f0057955_21124456.jpg
わが社の自転車置き場の屋根が破損していた。風で煽られたものか、何かが飛んできて当たったものか。まあ、ゴウゴウと凄まじい風だったのだ。
しかし、朝から雨は上がったので、自転車通勤はできたのだ。夕方からは青空になったけれど、風は強いままだった。

24日はポルテ号通勤。
f0057955_21154265.jpg
近所の船着き場の公園、何やらシュールにカボチャ共が転がしてあった。

他社製品との比較資料を作りこみ、定時になればさっさと帰宅。朝は珍しく二日酔いであった。夜遅くに料理をしながら酒を飲むのは、やめておこう。気温が上がったのは昨日だけ、今日はまた寒さを覚えたことだ。
21日 夕方に帰宅し、届いていた鮭などで鍋。疲れていたので早めの就寝が吉である。

22日 朝飯を作って食べて、掃除して、昼飯には土産のホタテ貝柱の炊き込みご飯。枯れが目立ってきたベランダゴーヤを仕舞う。
f0057955_2201613.jpg
もう一回、ゴーヤチャンプルーが食べられそうだ。

雨が激しい中だが投票に出かけた。時折横殴りの雨になる、これでは投票率も低かろうと思う。買い物して戻り、溜まった冷蔵庫の内容物の片付けに専念する。五つほどあるパプリカ、オーブンで焼いてマリネでいただくことにした。
f0057955_2225744.jpg
予熱してから200℃で30分ほど焼いて、冷ましてから皮をむく。その後はオリーブ油とバルサミコ酢で和えておく。
f0057955_2241765.jpg
次いで、セロリの茎を漬物にして、葉は刻んでひき肉と混ぜ、ミートパイを作る。
f0057955_2252976.jpg
この後、興が乗って牡蠣と蛸とマッシュルームでアヒージョまで作り、カミサンとワインで乾杯。やはり休日は料理三昧となる、楽しいのだからイイ事なのだろう。
f0057955_22361135.jpg
TVでは自民党の圧勝を伝えている。
小池にハマって野党のつぶしあい、これを避けるための動きが「排除」の一言でぶち壊しだ。私は改憲保守だが横暴な自民党は支持しない。与党に自重を迫るべき政局に、お陰で国民の信任とやらを与えてしまった格好だ。

ハゲで名を売った人が落選、有権者も品位を見る目はあるということか。しかし、政権を取り、あれだけミットモナイ首相を演じた民主党の歴代の方々や、今回民主党を壊した人が、早々と当選の報。呆れるばかりだ。
昨日と今日と、入院した母にイロイロ届けたり、入院手続きを進めたり、少しは仕事も追いかけてくるし、実家の畑はそろそろ終わらせねばならぬ。

ようやく、枝豆を収穫し、長ネギを抜き、ニンジンを掘り、これらは本来は母の冬の保存食材になるはずであったが、本人が入院したのでは仕方がない。月寒の叔母様にお届けしてきた。
f0057955_19263923.jpg
近所のスーパーで見つけたサッポロ・ウイスキー。粗いが値段相応、まあイインじゃないでしょうか。

明日は千葉に戻ろう。Jetstarが安いのは助かるのである。
17日 起床すれば雨、エスケープ号での通勤は諦めざるを得ない。とか言いながらカミサンと朝飯を食べていた朝7時、札幌の実家の母からヘルプコール。
昨日から再び腰が痛くなり、立てなくなったとの事だ。前回は我慢して気を失ってしまった(迷走神経反射と言うらしい)ので、今回は早めの申告。正しい判断というべきであろう。

会社に行くのを諦めて、ちょうど安かったJetstarで札幌に飛んで行った。途中で買い物をして降り始めた大粒の雨の中、実家に着いたのは5時。カリフラワーと牡蠣のフライを拵えて母と食す。

18日 起床すれば実家の庭は真っ白、昨夜は雷鳴が轟いて荒れ模様だったが、まさか降雪とは。
腰の痛い母を車に乗せて整形外科、日常生活に支障があるのであれば入院さぜるを得ませんねと医者の言葉。病院専属の健康相談員さんから話を通してもらって、一月前に退院してきたばかりの老人病院に再び入院することとなった。

慌ただしく実家に戻り、必要最小限の身支度をして病院へ。
前回のリハビリ病棟には空きがなく、一般病棟に入れてもらい空きを待つこととなった。私ももう一日二日は札幌に居なければならぬようだ。

これで有給休暇は使い切ってしまい、欠勤扱いとなる。すぐに首になるわけでもないが、そろそろ私も覚悟を決める時が近づいているようだ。
この寒さはどうしたことだ。
通勤には堪らず上着を羽織ったが、その上にレインコートでも良かったかもしれない。エスケープ号で通勤できないので、気が滅入るのである。

小雨は時折風を伴って一日中降り続けた。
終日の雨天曇天では、ますます気が滅入るのである。

あまりにも寒いので、牡蠣を買ってきて鍋をこしらえた。勿論、燗酒でいただいたのだ。カミサンと鍋をつついて、雑炊にして、風呂上りにビールで再びのどを潤せば(こらこら、まだ飲むか)ようやくヒトゴゴチ。

明日は晴れ間をぬって自転車通勤できますように。