10/23 蕎麦屋で一杯

昨日会社に来たお客。
打合せが終わってちょうど昼時だったので、近所の蕎麦屋に誘った。
着席してからお客が言うには、実は蕎麦屋の息子さんであった。知らなかったのだ。
さあ、緊張したが、こうなってはどうしようもない。真っ向勝負で、この店の蕎麦掻きを食べてもらったら、こんなふうわりとした蕎麦掻きは初めて食べたとご満悦。こちらは一安心した。
親父様が横浜で蕎麦屋をやっておられたが、息子さん二人は継がず、もう閉店したとか。
それでも、流石に蕎麦の事は良くご存知であった。名物「鳥汁蕎麦」を共に食して、駅までお送りした。

実は、財布に金が入っておらず、女将さんを拝んで借りてきた。
そこで、その借金を返しがてらに、今日は家族で蕎麦で夕食と洒落込んだ。
f0057955_2129732.jpg
酒を頼むと出てくる突出しは、塩茹で落花生に、秋刀魚の竜田揚げに、マリネに、南瓜の煮物に、皮付豚バラに、玉子焼き。これに鳥の塩焼きと、野菜の餡のかかった揚げ蕎麦、小鉢の生醤油うどんを食べながら焼酎のロック、最後は私は「とろろ蕎麦」で締めた。
f0057955_21292615.jpg
強まる雨脚の中、スーツとズボンの裾を濡らしての行き帰りだったが堪能させていただいた。
行った甲斐があったと言うものである。
by yokuya2006 | 2008-10-23 21:40 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)