6/14 地震との遭遇

朝、石巻駅についたとたんに、とても大きく揺れた。
周りの人たちも驚いていた。
揺れはしばらく続いた。

間抜けなことに、電車の発射時刻が迫っていたこともあり、改札を通り車両に座ってしまった。
さあ、動くはずもない。しばらくして「調査中」のアナウンスが流れ、結局、午前中の運行再開は無理であるようだ。

駅レンタカーで車を借りて、仲間と仙台を目指した。
下道でも一時間半で着きます、のはずが、結局二時間以上かかって仙台に到着すれば、ラジオでも聞いていたのだが、在来線も新幹線も全て止まっていた。高速道路は早々と閉鎖されてしまった。

仙台駅は、新幹線に乗れぬ乗客で溢れかえっている。
そうだろう、私の予約していた「はやて」だけでさえ、ほぼ満席だったはずなのだ。
13時半には、上りの新幹線は動き出す気配だが、これだけのお客では座れる当てもない。
やめたやめた、今日は仙台に泊まって、持ってきた仕事をしよう。明日帰れば良いことだ。
時間は有効に使おう、いつ決まるでもない列車を待っているほど、私の時間は安くはないぞ、とビジネスホテルに泊まったからは、ビールを飲むだけでは許されまい。

ホテルでは地震の後遺症でエレベーターが止まっている、非常階段を使ってください、と言われる。ホテルで宛がわれた部屋は9階。これは大変だった。
by yokuya2006 | 2008-06-14 21:08 | 仕事と出張 | Comments(0)