3/19 中国産飼料原料の危機

中国から輸入されている飼料原料は多い。
中国産の大豆油粕ミール、中国産のビートパルプペレット、中国産の林檎粕ペレット、中国産のホミニーフィード、中国産のコーングルテンフィード、中国産の乾燥ビール粕、などなど。
最近、中国の港によっては輸出規制が厳しくなリ過ぎて、船積みがまったく見通せない事態が生じている。
例の事件の後で、今度あのような事故を起こしたら処罰の対象だと、現地の港湾検査係官は厳しく言われているそうだ。お陰で、飼料原料の荷姿が変わっただけで輸出停止になり、日本の輸入商社は頭を抱えている。

あちらこちらで、そんな悲鳴が聞こえだしている。
大変な時代になったものだ。
by yokuya2006 | 2008-03-19 23:58 | エサと飼料化 | Comments(0)