1/8 農家さんを二軒

昨夜のうちに会社の車で帰宅しておき、今日は早朝からスタート、同僚の家まで迎えに行ってそのまま隣市のお客様の牧場に向かう。
年末に、糞尿処理システムの投入ホッパーのオーガーが回らなくなり、連絡を受けていた。
一般に、機械装置は金曜日の午後か年末に壊れる法則がある。
インバーターをバイパスしてとりあえず回るようにして年を越したが、そのままではいけない。
対応策を協議するために、糞尿投入時間に合わせ訪問したわけだ。

他社さんの機械との併設の現場なのだが、この機械は乾燥式なので粉塵がすごい。牛糞の粉が舞う中で、機械の動作を見る。インバーターがへたったようで交換が必要だが、そもそも変形したオーガースクリューによる過負荷があり修正が必要だ。費用を見積もることにした。

帰路に、堆肥処理の臭気問題が発生したお客様にも寄らせてもらう。
いろいろ話を聞いたが、そもそも開放型施設なので打つ手が無い。周囲にご迷惑をかけぬためには、施設をとにかく密閉するしか手はないでしょう。
あまりお役に立てない訪問であった。

二軒のお客様から、共に聞いたのは、飼料高騰による酪農経営環境のあまりの厳しさ。
酪農家さんがこの有様では、我々エサ屋の景気の良いはずが無いことである。

昼過ぎに事務所に戻り、とりあえず懸案を片付けたが、どうも埃っぽく堆肥臭い作業服に気が退けて、7時には帰宅した。あの会社の堆肥処理機は埃っぽくて、どうも好きになれない。
by yokuya2006 | 2008-01-08 22:14 | 仕事と出張 | Comments(0)