12/22 再びの高山から戻る

19日は朝からプロジェクト会議。喉風邪を引いたかして、喉が痛む。
こちらも忙しいが同僚が忙し過ぎる。明後日の堆肥発酵機の本検査立会いは私が行くことにして、そうなればできるだけ仕事は片付けておかねばならぬ、と頑張る。何とか明日にならぬうちに会社を出たが、帰宅したら次の日になっていた。

20日は、午前中の打合せを済ませて、電話を数本で、会社を出る。午後から都内で業界の会議だ。農水省の担当官から、いろいろ技術関係の情報を聞き、また意見交換と質疑応答。
東京駅から新幹線で名古屋乗換え、岐阜羽島まで移動して宿泊した。

21日は、借りておいたレンタカーで高山に向かう。検査に立会うが、やはり遅くなって、この時間ではレンタカーが帰せなくなり高山市内に泊まる。
まだ喉が痛むので酒を二日間断っているが、「地酒の宝庫」に泊まってこれを飲まぬのは酒飲みとは言えぬと、地酒のカップを数個買い込んできて、ホテルの部屋の電磁湯沸しに放り込み燗酒を飲む。まあ、一杯でやめておく。

f0057955_1801749.jpg22日、今日は帰るだけだからと寝坊して、ビジネスホテルで遅い朝食をゆっくり。高山市内から東海北陸道に向かう道すがら、高台にある真光さんの建物が相変わらず目を引く。
金色の巨大な舟を思わせる屋根の上に、真紅の玉が鎮座している。本山なのだろうか?

高速道路は路面は溶けていても周囲は冬景色だ。飛ばす理由もないのでゆっくりと走り、岐阜羽島でレンタカーを返して昼過ぎの新幹線に乗れば、3時過ぎには帰宅することができた。
多分、これが今年最後の出張になるのだろう。
f0057955_1853347.jpg

by yokuya2006 | 2007-12-22 18:15 | 仕事と出張 | Comments(0)