11/7 国家情報戦略

f0057955_23263697.jpg講談社+α文庫 佐藤優氏とコウヨンチョル氏の対談を、一冊の本にまとめている。
確かに、大人の国として、我が国でも諜報活動は必要でないとは思わない。

鈴木宗男バッシングの中で汚名を着せられた佐藤氏と、文民大統領による軍部粛清の的となったコウ氏が、これらを多少は振り返りつつも淡々と、両者が属する国への思いから国家の情報戦略を述べている。

鳥羽からの帰路、近鉄特急と名古屋からの新幹線の中で読み終えた。
上司を送った鳥羽では、時間を見つけて地元の床屋さんで髪を刈る。いつもとは反対に髪を分けてくれたが、まあこれも良かろう。
by yokuya2006 | 2007-11-07 23:48 | 趣味の読書 | Comments(1)
Commented by ペスコン at 2007-11-09 19:56 x
鈴木 明 著『南京大虐殺のまぼろし』を今度、お読み下さい。