10/24 堆肥発酵機の調整

今月に納品となった堆肥発酵機の調整に出かけた。
他の仕事が忙しく、ほとんど同僚に任せきりになってしまった現場だった。
f0057955_21331616.jpg
汚泥と給食残渣などを堆肥化する施設なのだが、この装置を熟成槽として追加したお陰で、臭気の発生はかなり押さえ込めているし、堆肥の出来上がりが段違いだ。
プラント設計自体も現有施設を生かした良い出来で、無駄のない改良工事の優良事例だ。

養生槽の堆肥には、白い放線菌が満遍なく発生していて、これならば土壌ストレスもなく肥料効果と土壌改良効果を併せ持つ有機質肥料として、お勧めできるだろう。

場所柄で、どこにいっても電柱看板に「赤福」がくっついているのが、悲しい。盛者必衰のことはりをあらはす、諸行無常であるね。おごれる食品会社は久しからず、だ。
しかし地元では企業メセナを積極的に推進していたと聞くし、地域経済における影響はさぞ深刻だろうな。

近鉄から名鉄に特急を乗り継いで、中部空港の横のホテルで夜を迎えている。電車の中まで携帯電話で仕事が追いかけてきたが、今日は久々にゆっくり出来そうだ。
by yokuya2006 | 2007-10-24 21:54 | 仕事と出張 | Comments(0)