9/6 台風直撃の夜

今日のうちに富士宮に入っておかねばならなかった。
上司の都合も加味して、その日に日程が変更された会議であった。
夜に富士宮に着けば良い、となれば、どうしても就業時間までは事務所で仕事をしてしまう。
さあ、6時を過ぎた。台風は近づいているが出かけるとしよう。

ネットで調べれば、新幹線が風雨が強まったため、新横浜駅などで待機している。これは不通になりそうだ、車で出かけることにした。

走りながらラジオを聴いていると、東名高速は清水の向こうが通行止めになった。
これは念の為に中央道から回るしかないか。と考えていたら、今度は中央道の勝沼-八王子間も大雨で通行止めになってしまった。
これは困った、やはり東名高速しかないのかと思い直して、とりあえず首都高に繋がる京葉道路に進入したところで、営業所長から電話。彼の上司が新幹線の中で缶詰になったらしい。
明日の会議は止めましょうか、と言う。

もう少し状況を見ましょう、として電話を切ったら、しばらくして私の上司からも電話が来た。彼も新幹線の中で缶詰である。お前は戻れ。俺も何とか帰る、というので、では部長お気をつけて。この時点で会議の中止を決めた。営業所長に電話をし、京葉道路を降りて自宅に戻ってきた。

ますます強まる風雨。会議で決めるつもりだった事柄が、頭をよぎる。またメンバーの日程を合わせるのは容易ではない。とりあえずメールでのやリ取りで進めておかねばなるまい。そんなことを考えながら、ガタガタと叩かれる窓の音の中で、就寝となった。
by yokuya2006 | 2007-09-07 22:47 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)