8/19 NPOの夏祭り出店

私の住む団地の夏祭りに、NPOとして出店した。
出し物は、NPOの理事仲間の市内の畑作農家が用意してくれた「朝取りきゅうり」に、味噌か味噌マヨネーズを添えたもの、1本50円。
ミニトマトにモツァレラタイプのチーズをカップに入れ、オリーブオイルとバジルと塩を振ったもの、1カップ100円。
取れたて・茹でたての落花生、1カップ100円。
そして、やはりこれがなくては、完熟牛糞堆肥、小袋50円だ。

朝取りきゅうりは、美味くて当たり前。この土日の二日とも、5時過ぎに完売してしまった。
一日目が2時からの開店で100本。二日目の今日は9時からの開店で200本。売り切れは悪いことではないが、あまりにも早いと、祭りの出店としては問題がある。
せっかく買いにきてくれたお客様、特に子供のリピーターに申し訳がない。来年からは、ちょうど良い時間に終売になるよう、仕入れ数量を検討しなければならない。

去年の倍くらい売れた計算になるのだが、その訳は演出である。
木の桶に、氷を置き、きゅうりを浮かべた。いかにも涼しげだった。よくアピールできたと思う。
f0057955_22493938.jpg

私としては、店では「きゅうり」をメインにしながらも、商売柄、実は野菜にかこつけて乳製品をアピールしたかった。
トマトと相性のよいチーズ、去年はトマトを切ってフレッシュチーズをかけて出したら「食べにくい」と不評だったので、今年はミニトマトにモツァレラタイプのチーズを薄片にして沿えてカップに入れ、オリーブオイルとバジルと塩を振ってみた。演出もきゅうりと合わせて涼しげに。
そこそこ売れた。一部の方には、大いにウケた。来年は、もう少し考えてみたい。

夏祭りの出店で「きゅうりの丸かじり、味噌添え」もユニークだと思うが、トマトとチーズのカップ入りも珍しかろう。これからも、こだわりの食材とメニューで関与したいものだ。
by yokuya2006 | 2007-08-19 22:59 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)