8/12 水木しげる先生二連発

f0057955_14555349.jpg先日、本屋の店頭に積まれていた。これは買わずばならぬ。

漫画は読むのが早い。
その日のうちに読み終えたが、水木漫画は何度でも繰り返し読んで楽しめるのがよい。
この方の漫画は、誰の真似でもない。誰の影響も受けていない。
独立独歩、孤立無援、融通無碍、自由自在、縦横無尽の水木ワールドだ。

畏悦録は、13の珠玉の短編集。ただの妖怪漫画ではない。
まさに往年の毒を持った、水木ワールド炸裂だ。

f0057955_1457478.jpg水木版 妖怪大戦争は、かの朋友 荒俣宏氏の原案で映画化されたものを、水木先生が漫画ライズしたもの。
魔人加藤の陰謀を、妖怪と協力して打ち砕く少年。
夢の中での麒麟との出会い。とある牛舎で生まれた妖怪 件(くだん)の予言で、物語は始まる。
共に堪能いたしました。

角川文庫からは、まだまだ水木漫画が文庫化されているらしい。
是非とも買い揃えたいものである。
by yokuya2006 | 2007-08-12 15:02 | 趣味の読書 | Comments(0)