5/24 ひだまりの駅

午前中はお客様まわり、サイレージ飼料の購入をいただいたお客様、熱心に小生の営業トークを聞いてくれたお客様、お忙しい中だったが次回のアポをいただけたお客様、有難し。
ところが、好事魔多し。戻っての打合せで、部下の失敗(つまり小生の管理責任)と、その結果としてお客様へご迷惑をおかけしたことを知らされ、ショック!
気落ちして事務所に戻り、うつうつとクレーム報告書をまとめた。

f0057955_22383730.jpg遅くまで仕事して帰宅。おや、CDが届いている。山口県の過疎地医療に人生をかけるお医者様から、お送りいただいたのだった。
気にかけていただき有難うございます、河郷先生。

家族で拝聴いたしましたが、別テイクの往診ハラショーを含め、みんな良い曲ですね。
リピート山中さんの歌声が、耳に残ります。
「なんとかなる、どうにかなる、なるようになる」は含蓄深い曲ですね。人事を尽くして天命を待つ、の、人に優しい肩凝らないバージョンですね。でも、「なんとかなる」で、少しは、もがいてみたい小生です。

シンガー&ソングライターのリピート山中さんは、桂雀三郎とまんぷくブラザーズの一員でもあり、このグループの作詞作曲を手がけている。「焼肉食べ放題」が有名だ。
勿論ソロ活動もしていて、このCDは、このお医者様が市町村合併で引き継いだ訪問看護ステーションを題材にした唄であるそうだ。真の人間愛に溢れた唄であります。

f0057955_22495457.gif前回のCD、このお医者様の日常を歌ったCDが作られ、患者さんや関係者に配られていると聞いた小生は、たまたま広島から山口への出張移動中にこの診療所を捜し当て、お願いしてそのCDを分けていただいたものだ。

その後、大阪での雀さん独演会でお会いできて、お礼を言い、その後は年賀状をやり取りするお付き合いをさせていただいている。

世の中には、偉い方がいるものである。そして、忙しい日常の傍らで、このようなCDを企画され、しかも小生のようなものにも届けてくださる。

誠に、世の中は有難いものであります。
今日の一日、喜んで、気落ちして、しかし就寝前には感謝の気持ちを持つことができました。
by yokuya2006 | 2007-05-24 22:57 | 趣味の音楽 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2011-03-20 16:34
リピート山中さんは登山が大好きなシンガーソングライターでもあり、今から3年前に北アルプスの双六小屋で無料コンサートを聴かせてもらいました。4泊5日の黒部源流の長旅を終えてヘトヘトになって辿りついた双六小屋での歌声は本当に癒されました。リピート山中さんは、日本の伝説的な登山家・加藤文太郎(新田次郎著書の「孤高の人」の主人公)と同郷で彼を非常に敬愛しており感動的なテーマ曲もつくって皆さんに披露しておりました。
こちらの記事は、http://rolingwest.exblog.jp/9697028/にそのコンサート写真も合わせて掲載してございますので是非とも訪問してみてください。
Commented by yokuya2006 at 2011-03-20 17:55
おー、リピートさんでrollingwestさんとの繋がりがあるとは、驚きでした。
私もリピさんのファンで、出たCDは全部買っています。
ついでに、山口のお医者様の自費出版CDまで保有していたりします。
リピさんの唄、等身大の人間が感じられて、好きですね。