4/29 ツツジの生垣

f0057955_042943.jpg千葉に引っ越してきた15年前、この季節に町中の変哲もないと見えた生垣が、大きな花でいっぱいになるのを見て驚いたものだ。

住んでいる団地でも、会社の庭も、通りかかった道沿いも、忽然として花だらけになる。

こんなに花をつけて大丈夫なのかと心配になるほど、花をつける。混植してあって、赤いの、白いの、ピンクいのが、咲き乱れるものもある。
当時は、ああ内地に来たのだな、と妙に腑に落ちたものだ。
f0057955_0164282.jpg

この春の衝撃は、秋に樹木にオレンジ色の実がなる蜜柑の木を見たときのそれと共に、今でも強い印象を引きずっている。
北海道では、春の花はいちどきに咲く。生垣には、このようにボタボタと花は付かない。
そして、秋に実を付ける樹木は林檎や梨ぐらい、蜜柑や柿の華やかなオレンジ色が緑の樹木に貼り付いている絵も、また珍しかったものだ。
by yokuya2006 | 2007-04-30 00:02 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)