4/7 NPO通常総会と鬼平とゾロ

さあ、総会の用意に、午前中に急いで書類を作り終える。
おお、見直すことになった事業計画に対応した収支予算書を作っていなかった。
あれ、もう印刷に行かねば、総会に間に合わない。
むむ、土曜の午後なので市内はクルマが混んでいる。
ああ、何とか10分前に到着することができました。

f0057955_194589.jpg何とか総会を終えて、帰路、息子の部屋の模様替えに新しいカーテンとカーテンレール、出来合いのピザなどを買って帰宅した。
とりあえず大きな懸案も片が付いたので、今夜は残った家族3人で、ピザとビールで昨日録画してあった鬼平を見よう。
千葉限定のウイスキー「ザ・千葉ブレンド」もある。鬼平には合わない酒と食べ物の組み合わせだが、まあいいか。

ニッカのザ・千葉ブレンド(と、ついでに写った愛用の光学マウス)。
豊かな風味の御当地ウイスキー。
なかなか旨い。
題字は堂本知事であるそうだ。

追記) 鬼平は、なかなか良い出来だった。猫八さん亡き後の「相模の彦十」は長門裕之が演じていたが、この「汚ねー爺さん」ぶりがなかなかだ。そして一本眉こと「清洲の甚五郎」を演じたのは、宇津井健。この、貫禄があって、メリハリが利いて、律儀な、正義の盗賊のお頭?も、良かった。立ち回りも巧くて、見ていて安心できる。流石の役者さんたちが揃うと、TVドラマもすごいものだ。いや、多分鬼平だから、皆拘ってこの出来なのだろうな。

さて、鬼平に酒が合わなかったからという訳ではないのだが、その後はウイスキーを舐めながらDVDをプロジェクターに映してゾロを見た。これがまた、美男美女と渋いおじさまが大活躍の、面白い映画だった。しかし、これも酒に合ってはいないな。ワインも、グラッパも、テキーラも、ラムも無かったので仕様が無い。
和洋のチャンバラ映画を「はしご」したことになる。映画の梯子は、その後が疲れます。
by yokuya2006 | 2007-04-07 19:08 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)