1/3 シャドウ

東京創元社ミステリ・フロンティア 道尾秀介著 シャドウを読み終えた。
展開にスピードがあって、これはすんなりと物語に没入できる。お利口さんの小学五年生の坊やが最後の謎解きまで、と思いきや、やはり大人が一枚上でした。
面白いのだが、犯罪の内容が陰湿であることと、作者が読者を誤誘導しておいて、実はこうでした、そう読んだアンタが悪いと裏切られては、どうも読後感は今一つ宜しくない。
「このミステリーがすごい!第3位」の帯広告につられて購入したものだが、価格相応の秀作と言ったところか。透明感のある文章は好感の持てるところで、才能を感じさせる作家である。
by yokuya2006 | 2007-01-03 11:47 | 趣味の読書 | Comments(0)