11/17 高山までの移動

朝6時半に千葉をでて、東京で新幹線に乗り換えて、10時半には名古屋に到着。
さあ、これからが遠かった、高山。
名古屋で乗り換えた「特急ひだ号」は満席。観光客が多いようだ。外国人旅行者も目立つ。
さあ出発だと思ったら、あれれれ、後ろ向きに走り出した。すかさずの車内アナウンスでは、岐阜まで後ろ向きだが、その後は進行方向が変わります、と。ふーん、なるほどね。
更にアナウンスは続く。岐阜からは後二両が接続されます。ほおー、なかなか芸が細かいね。

横の座席に乗り合わせたオバ様と、少し話をした。オバ様は、この辺りは「庭」なのだそうな。
眩しくて引き出していた車窓のカーテンを、薦められるままに開けた。
なるほど見ずには勿体無い景色が流れていた。
岩肌の峡谷を見渡せば、透明感のある緑色をした谷川が、鉄橋の下から現れてくる。
列車の両側に迫り来る山々は、今が紅葉の見どころといった景色だ。

12時過ぎて、ようやく高山に降り立てば、かなり涼しい、いや寒い。数日前には既に初雪が舞ったそうである。目的地にある木々も、遠くの山々も、確かに晩秋の風情であった。
f0057955_18292952.jpg

by yokuya2006 | 2006-11-17 18:35 | 仕事と出張 | Comments(2)
Commented by 豆作 at 2006-11-19 03:06 x
こんにちは。お忙しい中、コメントありがとうございます。
ナイスデザインのページですね!
私のページにリンクさせてもらいました。差し支えなければ、このままどうぞよろしくお願いします。
Commented by yokuya2006 at 2006-11-20 00:03
豆作先生、お晩です。
今後とも宜しくお願いいたします。