7/1 私も顧問なんですけど

先日のNHK朝のニュースだったか、大手企業の重役だった方が退いても「顧問」と言う肩書を持ち、個室と運転手付きの車が使え、現職の重役が持ち込む相談に応える様子がTV画面に写っていた。

顧問だ相談役だが、会社の意思決定の権限や経営責任は無いにもかかわらず、ともすれば経営陣に院政を敷くかの如く振舞って弊害をもたらす場合があると、日本的な企業風土を指摘するのが趣旨だったようだ。株主総会で問題視されている、海外からは認められにくいとかの言い方もされていたようである。

ちなみにTVに写った顧問氏は、そのような方ではないらしく、これまで培った経験を社業に役立てるべく努力されておられるようだ。少なくともチャレンジなどとは仰らないのだろう。

実は私も「顧問」の端くれである。
私が所属する会社では「顧問」は二通りある。片や、役員を退いた者が位置づけられる「顧問」であって、しかし常勤ではなく云わば長年ご苦労様報酬であるらしい。つまり経営に口出しする顧問はいない。(と思われる)

もう一つは、私のような常勤の顧問で、部長職経験者が60歳定年後に再雇用される位置である。幹部職ではないので決定権はなく責任もないので気楽なものだ。日々しゃしゃり出ない様に気を付けて仕事をしている。経験はあるので、そこそこ便利に使ってください、てなもんである。

再雇用ではシニア社員制度がある。部長職未満の定年到達者は通常はシニア社員になり、一年更新で五年間の再雇用期間がある。私の立場は云わば「上級シニア」とでも称するべきか。同じ五年間のシニアなのだが、要するに一般のシニア社員より給料がやや高いのである。その分しっかり働かなくっちゃネ。

定年後にシニア社員になると、給料が激減するので初年度の重税感がハンパない。部長職経験者には上級シニアに位置付けて少々給付額を増やし、激変緩和措置を講じてもらっている感があり、これは有難いことである。文句を言えばバチが当たるというものだ。

ただ、これは実はシニア社員の給料が低すぎるからこその救済策であるかも知れず、とすれば顧問などを作らずにシニアの給料を底上げすればどうよ、と言いたくなるのも事実。まあ原資の問題なのだろう。

このTVを見て考えた。
とりあえず、次回作成の私の名刺には「顧問」の肩書を印刷しないことにしておこう。
by yokuya2006 | 2017-07-01 10:16 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)