3/5 新宿歴史博物館

日曜日 カミサンとの都内散策を発案す。
掃除して昼過ぎに家を出る。まずは四ツ谷3丁目まで行って喜多方ラーメンを食し、外堀公園を目指して、一度来てみたかった新宿歴史博物館。

夏目漱石など明治の文豪が集ったことで有名な界隈、その後の大正、昭和の戦前戦後。都市近郊の田舎が、繁華街に変貌を遂げるこの街の歴史が面白かった。

都市は人が群れることで形成される。その時代の、そこに住む民衆の欲望と訴求熱量の蓄積だ。今の日本は成熟社会から老成社会に移行しつつあるが、当時の若き日本の匂いを感じることができた。

外堀公園を飯田橋まで、初めての経験で靖国神社、再び飯田橋で青森県のアンテナショップで買い物をして、中央・総武線で千葉まで戻ってきた。

千葉のエキナカの立ち飲み屋に引っかかり、帰宅して仕込んであった鯖の塩麴を焼き、買ってきた長芋を鮪と合わせて夕食。
by yokuya2006 | 2017-03-05 22:25 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by rollingwest at 2017-03-08 21:31
明治の文豪の足跡を訪ねるならば文京区歩きが一番のお薦めです。
Commented by yokuya2006 at 2017-03-10 22:43
夏目漱石、小泉八雲、坪内逍遥なんぞが紹介されていたようです。そーですか、文京区ね。名前からして、、、