2/19 どーにも困った

13日は、母の整形外科に同伴、レントゲンではどこにも難は認められず、ところがその夜に眩暈がしたらしい。翌日起きれば今度は脳神経外科に連れて行けという。
尻餅をついた際に、壁に頭を打ち付けていて、タンコブができた。母の周囲に、頭を打ってから一か月後に硬膜下出血が判明した方がいたらしく、これを心配している。
私としては、足が痛いという母なのに二日間も検査で広い病院内を歩き回ることによる体への負担が心配なのだが、ここは本人の言うとおりにしてやろう。

14日は大事を取ってタクシー移動と、病院内は車椅子を押した。
で、やはり何ともなかった。頭を打ったぐらいでいちいち硬膜下出血していては、人類は既に死に絶えている。まあ、不安の連鎖に襲われている母には、納得すべきことだったのだろう。

15日 滞在が一日延びて、水曜日の午後に成田から出社。新製品ロゴの作業にバタバタして、周囲に迷惑をかけてしまった。

16日 バタバタと仕事をしつつ、午後からは来客対応。もうこのメーカーさんとも25年の付き合いだ。言いたいことは山ほどあれど、私も大人になったものだ。
f0057955_20592374.jpg
17日 聞きたかったセミナーは昨日終わっていたけれど、業務のネタ探しに国際展示場の健康博覧会。終われば機能性原料の取引先と打ち合わせ。ちょうどよい機会だ、神田のヨナヨナでビールを飲みながらあれこれ話して有意義であった。

18日 あっという間の土曜日、昼前に母から電話、ますます足が痛んで立てなくなった由。言わんこっちゃない、検査のハシゴでかえって足腰を痛めてしまったようだ。これは困ったことになったが、土日は現地のケアマネさんも病院も休みであるので、どーしようもない。
f0057955_2193016.jpg
既にJetstarは満席、移動は明日以降だ。カミサンと蕎麦を手繰りて市内探索。
夕方には下の息子を呼んで、稲毛海岸のビール屋で飲み、我が家に戻ってまた飲む。

19日 昨夜は仕事が忙しく合流できなかった上の息子が来て、皆で昼飯を食う。母に電話して、月曜日の午後からの帰省とした。ケアマネさんと話して、必要ならば母の入院に向けてあれこれせねばならぬ。どーにも困ったことになってきた。
by yokuya2006 | 2017-02-19 21:19 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by UMAKUSA at 2017-02-20 13:05 x
 お母様、心配ですね。大切になさってください。
Commented by yokuya2006 at 2017-02-20 22:44
馬草先輩、シニアといえども休んでばかりもいられず、気が急くばかりです。