2/7 Imagineに惹かれているのだ

新製品の社内公募の関係で、最近この曲に向き合う羽目になった。
今は佳い時代で、YouTubeでレノンの面影を辿ることができる。
レノンがヨーコと共に白い館に入り、レノンがピアノを弾き、ヨーコが窓を開け、光が満ちていく。
Imagine there's no Heaven. It's easy if you try.
No Hell below us. Above us only sky.
Imagine all the people. Living for today~~~♪

若い頃、これが必然だと思った。どうしてこうならぬのかと憤った。歳をとって、いろいろ事情は呑み込めてきたつもりなのだが、やはり宗教が障害になっていることは否めない。

モスレムの過激な原理主義、対するキリスト教国のやはり過激な選民史観。これを救うべきは、自らが悟る仏教の価値観と、八百万の神々に護られる世界観を有する私達ではないのか。日本はよき伝統を伝えてきたと思わざるを得ないのだ。

何故 聖戦の名の下に自爆せねばならぬ、何故 自らの神の名の下に他人を殺す。彼らには、マインドコントロールの下で気が狂っていることを判らせねばならない。

1971年、私が高校生だった、今からもう46年前の歌なのだ。
by yokuya2006 | 2017-02-07 23:05 | 趣味の音楽 | Comments(2)
Commented by そりゃないよ獣医さん at 2017-02-10 09:53 x
ボブ・ディランの「風に吹かれて」が評価されてノーベル文学賞なら、ジョンのこの歌は、平和賞に値します。私の趣味は、シルクロードを歩くことです。イスラム圏が平和な国家社会であることを誰よりもよく知っています。夜の町が平和で人々が明るく、シンドバットのような人たちばかりなのですが、国家や民族を背負うとこうなるのでしょう。
かつては、スンナ派もシーア派も共同生活するし、婚姻もしていたのですがね。
okageさんとの関係は知りませんが、教会で明るく逍遥歌でみんなで送りました。
Commented by rollingwest at 2017-02-12 12:37
イマジンいいですね~!あとレターメンでヒットしたラブも最高です!