2/5 ミカンの収穫

日曜日なので少し寝坊して、朝飯を食べたら市内の研究所までポルテ号を走らせる。数年前に我が家のベランダの鉢植えから移植した柑橘の木が、今年もたわわに身をつけている。今日が今シーズンでおそらく最後の収穫だ。昼飯に毎日一個ずつ食しているのである。
f0057955_2004244.jpg
ベランダの鉢植えでは、根圏が制限されて気の毒だった。夏場はアゲハの幼虫の餌になり、とても実をつけるほどには成長しなかったが、土に降ろしてやれば毎年メキメキと成長した。

札幌で買ってきて、食べた実の中に、芽を切っている種があったので、不憫に思って植木鉢に落としたのが始まりだ。もう何年たったのだろう。

こうして毎年数十個の実をつける。何もメンテナンスしていない、粗放栽培だが、木で熟した実はジューシーでワイルドで美味しい。庭の木に黄色い実がなるのを珍しく感ずる北海道人である。

昼に息子が来たので葱と豚肉の饂飩、小松菜でキッシュを作って持たせる。ついでに送って行って、食料品の買い物をして戻る。今夜はキッシュで白ワイン、その後は燗酒を飲みながら湯豆腐と鱈子と蒟蒻の煮物。
by yokuya2006 | 2017-02-05 20:09 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by そりゃないよ獣医さん at 2017-02-06 23:59 x
okageさんが亡くなりました。
Commented by yokuya2006 at 2017-02-07 18:24
このところ更新が途絶えていたので、気になっておりました。ここ数年間ブログを介して遊んでいただき、感謝しております。合掌