文殊の知恵

21日に、「高速増殖炉もんじゅ」の廃炉が決定された。夢の原子炉は、とうとう夢に終わった訳である。

これまでの経過からして当然の帰結であって、何故こうも時間を要したのか。ナンたら言う知事が、まだ「容認できない」趣旨の発言をしているとのこと、笑っちゃうのであるが要するに技術論・科学的見地からの考察は二の次で、これまで関わった先生方(科学屋商売のエセ研究者と政治家)・企業・原発ありきで形成された地域経済が、急な幕引きを許さず、調整に手間取った、引導を渡すのに時間がかかったのでしょうね。

周囲の顔色を見ながらダラダラと決められない、馬鹿な国である。とうに決断すべきだった行政の責任は大きいと言わざるを得ない。
お前はすでに死んでいる(byケンシロウ)と、文科大臣あたりが喝破すれば恰好よかったのですけどね、まあきっと言った本人がこの国では生きていけないのでしょう。

もんじゅの特徴である冷却材の金属ナトリウムは全部で2千トン弱あり、その半分が炉の一次側を回っているので当然ながら放射性物質を巻き込んでいる。ただ空中に置くだけで酸素と激しく反応して爆発的に燃える金属ナトリウムだ、これからの取り出し作業に事故がないことを切に祈るものである。

もちろん、素晴らしい夢のMOX燃料だって行き場がない。そもそも原子力は、スイッチを切って「はい止めました」で終わるものではないのだ。
もんじゅ」はこれからも膨大な費用と人員と時間を食いながら、容易には消えてなくならない。いや、おそらく永遠に作業が続いて、その地域は封鎖され続けることになる。

神を恐れず、ヒトが手に負えない、大変なものを解き放ってしまった。いっその事、その反省を踏まえるモニュメントにして観光地化したら如何か。
そこには「過ちは決して繰り返しません」の碑文を添えよう。
文殊の知恵であるぞよ。
by yokuya2006 | 2016-12-24 14:26 | エネルギー | Comments(0)