8/12 糖質制限その3 食事と運動

この間、朝飯は少量のパンと、ジャムを乗せたヨーグルト、紅茶と牛乳、目玉焼きに23本の小型のソーセージ、これにトマトやキュウリやレタスなどその時にある野菜達。

少量といえどもパンとジャムは立派な糖質食品だが、まあイイさこのくらい。タンパク質としては、卵一個で7g、ソーセージで8g、牛乳とヨーグルトで8g、合わせてタンパク質がおよそ23gの朝食という事になる。

会社での昼飯は、柑橘か林檎を一個と大型のソーセージ(ジョンソンビルの6本入りを2本)が定番だった。タンパク質は16g

夕食は、原則としてご飯は食べずに、野菜と魚と肉や卵、これに豆腐や納豆などの豆食を組み合わせる。豆にも野菜類にも糖質の多いものはあるが、そこまでは気にしない。

魚や肉は一人100g食べてもタンパク質は20gしかないから、できるだけ多めに取りたい。例えば中型の鯵を二匹食べても30gだからな。他のものから来るタンパク質も合わせて、これでようやく一日70gのタンパク質を摂取したことになる。

自転車通勤した後には、まだ太腿が張っているうちにホエイペプチドを数グラム飲んでいた。これは8割ほどがタンパク質で、しかもBCAA(分岐鎖アミノ酸)が多い優れ物だ。言うまでもなく、私が売っている競走馬用サプリメントの原料である。

以上の食生活と、毎日往復40分の自転車通勤、昼休みもできるだけポタリングして、休日には市内巡行で汗を流す。

私はこれで、半年で体重を96kgから最低時87.5kgまで落とすことに成功したのである。(続く)


by yokuya2006 | 2016-08-12 17:29 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)