7/20 戻った千葉は梅雨のただ中

19日 多分初めてだろう、帯広から南下して大樹あたりから峠越えルート「天馬街道」と言うらしい。山肌に霧がまとわりつく峠を、標高500mまで登ったら、今度は下りになった。途中で道端の牧草地にワゴン車が落ちていた、雨で滑ったのかしら。

何と帯広を出て2時間ほどで浦河に着いてしまった。
販売店さんとの話が弾み、さあ札幌方面に移動しようとすれば雨で車の流れは遅い。気が急くがどーしよーもなく、ようやく日高道に乗った時点で同僚との札幌合流を諦めた。

3時半のANAで羽田、今度は千葉で6時からの飲み会が私を待っている。5時過ぎに着陸して、20分のバスに乗れたのは上出来だったが、この時間の高速道路は混んでいる。結局、飲み会には一時間遅れで合流。常務だった方の送別会で有志が集まった。

銀行系のご出身で、我が社に移籍してからは不良債権の取り立てやら、関連会社の立て直しに努力された。クールに、且つ経営者の気概を持って事に当たる姿に見惚れた。そんな昔話に花が咲いて、朝から時間を気にして気の急いた一日も、最後は楽しく酔っぱらった。

20日 朝は市内の別事務所にカタログの打ち合わせに行く。戻って、午後からルイガノ号で出社して、出張精算やら残務整理を進めた。もう今月の見えてきて、アッと言う間に夏休みになりそうだ。
f0057955_21353095.jpg
帰宅すれば、ベランダの唐辛子が赤くなり始めた。これを利かして、また茄子の味噌炒めを作ってやろうと考えている。
by yokuya2006 | 2016-07-20 21:37 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)