6/19 実家の庭2016

18日 土曜日、札幌駅前のレンタカーで実家に向かう。昨日の都内を思えば寒い。ワイシャツ一枚では吹き付ける風が冷たく、体温を奪われる。上着が欲しい気温である。

実家の畑の野菜達は、一か月前から考えれば驚くほど伸びていなかった。しかし播種したものたちの発芽は上出来であって、母に聞けばその後の札幌は曇りや雨が続いて20℃を超える日がなかったのだとか。

たまたま畑仕事ができた一か月前が好天だった。その後は低温が続いて、定植された苗達も、そして私も当てが外れたようである。
しかし昨年の写真を見れば、案外と同じ程度の伸び様であって、例年通りなのかもしれないな。
せっせとスギナをむしって葬る。雨が続いたせいで土は柔らかで、憎きスギナは根までスルリと抜き易い。
f0057955_19413845.jpg
19日 今日は好天、気温も上がって待ちに待った野菜達のやる気が伝わってくる。
スギナとの格闘を終え、えんどう豆に手をやって、母を手伝い花畑まで整備する。
せっかく育苗したモロヘイヤは、その後の寒気にやられたようだが、その他の野菜達は順調と言えよう。これからの季節相応の高温を期待したいところだ。
by yokuya2006 | 2016-06-19 19:47 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)