5/26 ようやく税金が下がる

こちとら、お上による所得の捕捉率100%のサラリーマンである。
しかも一昨年前までは高額所得者であったので、今月まで住民税として毎月60,900円が天引きされていた。しかも、確定申告では札幌の家を貸している不動産所を加えると年間10数万円の追徴があった。

シニアになって、当然の事ながら手取りは減って、それでも住民税は昨年の金額が算定基礎なので、重税感がハンパなかった。ようやく来月から毎月34,900円に減額されるらしい。しかも先日の確定申告では今年の追徴は1万数千円。なんとか息をつけそうな気がしてきたゾ。

思えば40年ほどこつこつと税金を納めてきた。総額ではいったい幾らになるのだろうか。勿論の事 所得税は別途で徴収されているし、私もよくもまあ社会に貢いだものであるなぁ。
お願いですから、ちゃんと正しく使ってくださいね。

朝にレンタカーで千葉を出て、東関道・首都高・外環・関越道を乗り継いで、川越まで試作品を受け取りに行った。昼間はやたらと暑い日で、車の窓ガラス越しでも汗をかいた。事務所に戻りて1時間余りの事務仕事、帰路のルイガノ号は楽しいのだが、もはや帰宅すればすぐにシャワーを浴びる必要がある季節が到来したのである。
by yokuya2006 | 2016-05-26 19:16 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)